テーマ:今月のソロプレイ

目標はオスロ!~スカンジナビア電撃戦(CMJ)43年ゲームS3

今月のソロプレイ第三弾は、「スカンジナビア電撃戦」(CMJ)43年ゲームのシナリオ3です。シシリーの代わりにドイツ占領下のノルウェイに連合軍が侵攻するという設定は、シナリオ2と同じですが、こちらはスウェーデン軍が連合軍側で参戦します。 このため、ドイツ軍には二つのボーナスがあります。第一はセットアップで1d6+3の海上輸送力分の戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綿密な兵力配置と事前計画が物をいう北欧の戦い~スカンジナビア電撃戦(CMJ)43年ゲームS2

今月のソロプレイ第二弾は、「スカンジナビア電撃戦」(CMJ)43年ゲームのシナリオ2「ジュピター作戦」です。シナリオ1と同じ仮想戦ですが、1がドイツ軍によるスウェーデン侵攻だったのに対し、こちらは連合軍がドイツ占領下のノルウェイに侵攻するというものです。そう、史実で行われたシシリー侵攻の代わりに、チャーチル肝いりの第二戦線を、北欧に築く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実質はミニゲームなのに、選択肢多し~スカンジナビア電撃戦(CMJ)

今月のソロプレイは、WWⅡの半仮想戦の「スカンジナビア電撃戦」(CMJ)です。初期のCMJの付録で、スウェーデン侵攻またはノルウェイ逆襲を描いた43年ゲームと、史実のドイツ軍によるノルウェイ侵攻を描いた40年ゲームが入っています。43年ゲームと40年ゲームは、マップは共有しているものの、システムも違えば、ユニットも別個という、完全な別ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国は墜ちたか?!忍耐強いシーソーゲーム!~レッド・ドラゴン・ライジング(CMJ)

続いて、今月のソロプレイ第2弾は、「レッド・ドラゴン・ライジング」(CMJ)で日本語版ヴァリアントです。このヴァリアントは、どちらかというと、ユニットの差し替えとアジアの現状をリアルに再現したものになっています。 中国陣営では、最新鋭空母とステルス戦闘機が登場します。アメリカ陣営では、戦力化されていなかったASEAN諸国が充実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標は最新鋭空母!襲いかかる中国新型機!~レッド・ドラゴン・ライジング(CMJ)

嵐のような業務の連続攻勢で、他の例会にも行けない状態が続いています。が、6月に入ったので、流れが変わることを期待して、今月のソロプレイに行きます。 アイテムは、今年のマイブームである旧未来戦から「レッド・ドラゴン・ライジング」(CMJ)です。基本ゲームはすでにプレイ済みのため、今回はS&T誌に乗った追加ルール及びヴァリアント仕様で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさに戦争芸術!天才ナポレオンの機動戦!~諸国民の戦い(旧GJ)

今月のソロプレイ第三弾は、ロシア遠征から連続で「諸国民の戦い」(旧GJ)です。同人誌時代に発行されたアイテムで、ナポレオンの1813戦役を戦略規模で再現しています。 最大の特徴は、基本システムに傑作CDS「HANNIBAL」を踏襲した点です。「HANNIBAL」の亜流は数多くありますが、マップがエリアであることを除けば、ほぼ完…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「汝は、勇者の中の勇者である!」~Napoleon at the Berezina(AtO)

今月のソロプレイ第2弾は、強化ジャンルのナポレオニックから「Napoleon at the Berezina」(AtO)です。その名の通り、ロシア遠征の最後に当たる、ベレジナ河の撤退戦を描いた作戦級です。ただでさえ、マイナーテーマに関わらず、ソロ専用という、とびきりの珍しさ! 初期配置は、極めて苦しい状況から始まります。フラン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ネイこそ、勇者の中の勇者である!~大堡塁(T誌付録)

業務の超多忙は相変わらずですが、少しずつめどが見えてきたので、久しぶりに今月のソロプレイを行きます。だいぶ前にプレイしていたAARが、やっと日の目を見れそうです。 今月のソロプレイ第1弾は、ナポレオンのロシア遠征から「大堡塁-ボロジノの戦い1812年9月7日」(T誌付録)です。今だ、日本製のナポレオニックがなかった時期に、隔月間T…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新鋭中国海軍を迎え撃つ、日米濠の「連合艦隊」!~レッド・ドラゴン・ライジング(CMJ)

弥生も終盤になって「ゲームの春」と行きたいところですが、別れと旅立ちの年中行事に、緊急対応が重なって、ソロプレイもできない啓蟄でした。中旬に入り、やっと、先が見えて来たので、「今月のソロプレイ」の復活です。 3月のソロプレイは、マイブームとなりつつある旧未来戦から「レッド・ドラゴン・ライジング」(CMJ)です。くれぐれも、近未来戦…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

完全なるワン・サイド・ゲーム~Back to Iraq(CMJ)

今月のソロプレイ第3弾は、「ATTACK SUB」に触発されて、旧未来戦ジャンルから、「Back to Iraq」(CMJ)です。これも優先ジャンルではないんですが、しばらくこのジャンルが停滞していたので、広域前進計画の一環として、プレイしてみました。本当は、ユニットを整理していたら、急にやりたくなったんです・・・(笑い)。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マイナー極まる、北極圏の激戦!~WW3(翔企画)モジュール「スカンジナビア」

続いて、今月のソロプレイ第2弾として、「WW3」(翔企画)のモジュール-「スカンジナビア」をプレイします。シミュレーター誌第22号の付録になったものです。 最もシンプルな旧未来戦システムを持つ「WW3」を用いて、有事の際に舞台になるであろうノルウェイ及びスウェーデンでの戦闘を描いたものです。両国自体には魅力は少ないものの、北大…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

まさに、鉄壁!!輝ける第5装甲師団!~WW3(翔企画)

今月のソロプレイ第1弾は、旧未来戦繋がりで、「WW3」(翔企画)です。冷戦末期にあたる80年代後半に発表された「旧未来戦」アイテムです。状況設定になっていた1995年には、とうに冷戦も終わってしまっているわけで、未来予測の難しさでしょうね~。 ルールは、極めてシンプルです。いわゆるダブルインパルス・システムで、WP軍-NATO…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

共和政史上で最大の奴隷叛乱!~SPARTACUS(CMJ)

今年のソロプレイ第二弾は、古代史アイテムから「SPARTACUS」(CMJ)です。表題の通り、紀元前73年からのローマでの奴隷蜂起を扱った作品です。ローマ国内では最大の奴隷蜂起だったわけですが、ローマ軍主力が拡大する帝国周辺部の鎮圧に動員されていたため、対応が遅れ、1年半に及ぶ内乱となります。 マップはエリア式で、イタリア本土…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鮮烈な打撃とたゆまない回復!これぞ、ザマの名人戦!~ローマントライアンフ(旧GJ)

今月のソロプレイ第1弾は、「ローマントライアンフ」(旧GJ)から最後のシナリオ「ザマの戦い」です。ハンニバルとスキピオの両天才が激突した唯一の会戦であり、第二次ポエニ戦争の最終戦でもあります。 初期配置ですが、ローマ軍は、戦象の攻撃を躱すように市民兵を中央に置き、両脇に同盟軍歩兵を配置します。ヌミディア騎兵が加わり、有利になった機…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄の沙汰も金次第?!~ドワーフの地下迷宮(T誌付録)「ゴールド!」

今年最後のソロプレイは、「ドワーフの地下迷宮」(T誌付録)から、シナリオ「ゴールド!」です。典型的な地下迷宮探検マルチ(!)で、モンスターの住まう「アンダーアース」に進入し、財宝を奪い帰るというもの。 このシナリオ最大の特徴は、チームの編成を自由に行えること(傭兵)です。当然、この費用は、獲得した財宝から引かれるので、重装備に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

君は生き延びることができるか?~ドワーフの地下迷宮(T誌付録)「地下迷宮」

年末も押し迫った、今月のソロプレイ第2弾は、ちはら会らしいF級から「ドワーフの地下迷宮」(T誌付録)です。地形の読み取りに若干、慣れが必要ですが、基本はシンプルで、個人的には気に入っています。 今回のシナリオ4は、その名もずばり「地下迷宮」。地上での勢力争いに敗れたドワーフ・人間連合が、オークやモンスターの巣くう「アンダーアース」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒスパニアを賭けた最終決戦!~ローマントライアンフ(旧GJ)イリパの会戦

今月のソロプレイ第1弾は、「ローマントライアンフ」(旧GJ) から「イリパの会戦」です。ヒスパニアをほぼ掌握しつつあるスキピオ率いるローマ軍に、マゴやジスコーネは、この地に残るカルタゴ軍を糾合し、最終決戦を挑みます。 配置は、全く、対称的です。カルタゴ軍が過去最大の歩兵戦力を動員し、中央に重層配備します。狙いは、中央突破または数を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

殊勲のハシュドルバル!見事な両翼包囲!~ローマントライアンフ(旧GJ)

続いて、シナリオ5「メタロウの会戦」です。イタリアで孤立するハンニバルに、ハシュドルバルが増援を届けようと、必死のアルプス越えをします。これを阻止せんと、ローマ軍が迎撃を行ったのが、メタロウの会戦です。 指揮官はハシュドルバル一人ながら、兵力と騎兵戦力、戦意では、カルタゴ軍が上回ります。果たして、ローマ軍は、これを打ち破ることができる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかの「6」連発!スキピオの涙?!~ローマン・トライアンフ(旧GJ)

ファンタージー3連発の後は、ちょっと趣向を変えて、マイブームの古代戦に。髭を蓄えた屈強なドワーフの戦術級から、勝手に血湧き肉躍る一大会戦に。この自儘さが「今月のソロプレイ」のいいところ?!(笑い) 先月は宿泊引率が多く、当然、ゲームは持ち込めず。その分、好きな本を読み返すことになりまして、塩野七生の「ローマ人の物語」を乱読しました…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ファンタジー史上最強の生物!飛来する魔獣!~ドワーフの地下迷宮(T誌付録)「ドラゴンファイヤ」

すっかり、填ってしまった「ドワーフの地下迷宮」(T誌付録)から、シナリオ「ドラゴンファイヤ」です。今月のプレイ第三弾になります。 いつもの状況設定によると・・・ 「アンダーアースに棲むドワーフは、侵略者の手から富を奪ったばかりか、よりいっそうの額を貯め込んだ。略奪は割に合わないとして放棄され、鉱脈も底を突きかけていたが、アンダー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

血の大晦日!卑劣なオークの奇襲!~ドワーフの地下迷宮(T誌付録)「奇襲」

「アスクトル14世統治の第21年、ドワーフ暦の大晦日に、オークの一隊が、酔っぱらっていた門衛を斃し、ゲートに火薬を仕掛けて、アンダーアースの街に侵入した。ドワーフの王を殺すのだ・・・」 今月のソロプレイ第2弾は、意外にも楽しかった「ドワーフの地下迷宮」(T誌付録)から「奇襲」シナリオです。設定の通り、東ゲートから侵攻してくるオ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地下回廊をめぐる、伝説種族の攻防戦!~ドワーフの地下迷宮(T誌付録)「追撃」

多忙を極める秋の夜長に、ふとソロを初めてしまったアイテムが、「ドワーフの地下迷宮」(T誌付録)です。かなり前からルルブは読んでいたのですが、べたな題名と(口が裂けても)魅力的とはいえないコンポーネントのため、二の足を踏んでいました。が、マイナーを標榜するちはら会で食わず嫌いはいけないと、オリジナルチャートを作ってのソロプレイです。果たし…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

古都を血に染める剣戟!武市半平太の策略!~新選組始末記(WGJ)

業務多忙に付き、プレイどころではありませんでしたが、やっと一息。というわけで、今月のソロプレイ第一弾は、「新選組始末記」(WGJ)です。 このアイテムは、幕末の京都を舞台に、佐幕派と勤王派の血なまぐさいテロを描いた、作戦戦術級です。一見すると、中嶋ブランドの「太平記」システムに似ていますが、全くのオリジナルと思った方が、理解は…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

畳の上で死ねるたあ、思わなかったぜ~明治残侠伝双六(CMJ)

「おっと、待ったぁ!その後の博徒の人生ってヤツを、見ずに終わるつもりかい?」 ということで、今月のソロプレイ第七弾は、「東海遊侠伝」のその後を扱った「明治残侠伝双六」(CMJ)です。マップの裏に印刷されている明治時代をシミュレートしたもので、文字通り、双六で博徒の生き様を「見る」ことができます。 中嶋氏の作品には、どの太…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪清水港の、名物は・・・これぞ、太平記システムの汎用性!~東海遊侠伝(CMJ)

今月のソロプレイ第6弾は、名作の太平記システムのバリエーション-「東海遊侠伝」(CMJ)です。その名の通り、江戸末期の任侠たちの血で血を洗う争いを、真っ正面から描いた快作です。いくら、汎用性が高いとはいえ、博徒の抗争までシミュレートできるとは!やっぱり、太平記システムは、偉大です。 システム的には、原作の手順を踏襲しています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュニジア戦は、ともに攻防を楽しめる秀作~Race for Tunis(CMJ)

今月のソロプレイ第5弾は、「チュニジアの戦い」(CMJ)から「Race for Tunis」です。2in1のチュニジア戦役の一方で、初期から中期の戦闘を再現しています。 ドイツ軍の戦術的優位や砲兵、空軍の活動など、若干、技巧的な部分はありますが、ベースはシンプルな移動-戦闘システムで、ルールの難易度は高くありません。今回は、上級選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「律儀者」が立ち上がる!~真史徳川実紀(CMJ) 「内府対大納言」

「真本信長公記」シリーズの最後を飾るのは、関ヶ原キャンペーンのIFシナリオ「内府対大納言」です。関ヶ原当時、すでに病没していた「律儀者」前田利家が生きていたら、というもので、三成が夢想した想定です。 東軍に若干、兵力的なアドヴァンスを加えるかわりに、西軍に前田利家が登場します。これにより、西軍はやっと家康と対戦しうる状態になります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家康の調略!まさに関ヶ原!~真史徳川実紀(CMJ)

夏の盛りのソロプレイ第三弾です。「どうせ、やるなら最後まで」癖が出まして、「真本信長公記」のバリアント-真史徳川実紀(CMJ)をソロしてみました。基本的に「太平記システム」の場合、どれだけの地域を支配しているかが勝利条件なのですが、このバリアントに限っては地域VPは一切なし。 策源地の摂河泉(西軍)と関東(東軍)を守りながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山﨑の激戦!秀吉の奮闘!~真説太閤記(CMJ) 「光秀の明智」

続いて、ソロプレイ第二弾は、同じく「真説太閤記」の本能寺の変IFシナリオ です。これは、光秀が想定した通りに、本能寺の変後の事態が進んだら、というもので、毛利が講和に応じず、家康も堺から逃げ延びられない(かも)という設定になっています。 当然、織田家の家臣としては、自家の存続を最優先するであろうことから、旧織田側が羽柴・柴田・丹羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極の寝返りのはずが、窮地に?!~真説太閤記(CMJ)

8月のソロプレイ第一弾は、「真本信長公記」(CMJ)のバリアントで「真説太閤記」 です。7月は、ずっと、仮想世界に行っていたので、正統派の歴史物に戻ってみました(笑い)。 元ゲームの「真本信長公記」(CMJ) は、いわゆる「太平記システム」ファミリーで、近代以前の戦いを表現する上で、定評のあるアイテムです。「甲越軍記」や「将門記」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more