めくるめく時代の流れよ~ヒストリー・オブ・サムライ(GJ)

お昼過ぎにkawaさんも到着したところで、5人で「ヒストリー・オブ・サムライ」(GJ) をプレイしました。関ヶ原までの日本史を描いた絵巻で、簡単だけど、手軽で楽しいマルチです。

が、余りに展開が早いので、いつも記録には苦労します。覚えているところでは、

・武士団が京に登場したが、源義家が出なかったので、巻の二まで生き延びた。

画像

・平家が勢力を広げるも、木曾義仲がそれをぶった切りながら、上洛。あろうことか、頼朝が出なかったので、「奢れる平家」が生き延びる。

画像

・巻の三は、お約束の尊氏ロードに。九州から海路で畿内に上陸し、京を奪って、そのまま、鎌倉へ。南朝は、吉野に籠もって、スタックをしたおかげで、江戸時代まで生き延びることに。

画像

・最終巻は、京に疫病が大流行。吉野を除く、周辺がほぼ全滅。と、空いた空間に、西軍が登場し、悪運に泣いたsawadaさんが一矢を報いる。

画像

全体としては、kawaさんが引きの良さで、中盤まで大量リードをするものの、集中攻撃を受け、最後は伊達政宗で沈黙。雌伏していたエンジョウさんが、最後に織田-徳川を引いて、大逆転で勝利となりました。

画像

ちなみに、みなさんの陣営は、以下の通りでした。
エンジョウ:佐竹-平氏-悪党-少弐-本願寺-織田-徳川(177点)
kawa:清原-藤原-足利尊氏-関東公方-大友-明智-伊達(168点)
Tommy:河野-源行家-菊池-大内-毛利-上杉-豊臣(164点)
mitsu:武士団-源義仲-南朝-細川-今川-柴田-島津(150点)
sawada:松浦党-北条-新田義貞-山名-三好-龍造寺-西軍(119点)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック