敵にはしたくない明石大佐とマカロフ提督!~日露大戦(CMJ)

みんなが集まるまで軽くと、朝一で来場したエンジョウさんと、手軽な変形CDS「日露大戦」(CMJ)をプレイしました。まだ、対戦数は少ないので、やや有利といわれるロシア軍を担当しましたが・・・ところが。

序盤から日本軍のdrもカードも回りまくりまして。鴨緑江の1個師団が撃破され(DE)、あろうことかモラルチェックに失敗(士気値-1)。

画像

やむなく、増援で戦線を引こうとするも、いきなり、「明石大佐」で足止め。第3ターンに、ならば、旅順艦隊出撃を目論みますが、今度は「秋山真之」で無力化される始末。

画像

この間に南山が陥落し、山地を突破した黒木軍に早くも遼陽が落とされ、士気がつるべ落ちになります。

画像

第4ターン、最後の切り札とばかりに投入したマカロフ提督が「機雷」に沈められるに及んで、プレイヤーの士気も沈下。「いくらなんでも、カード周りが酷すぎるって!」このターンに旅順まで落ちて、ついに士気値が0となり、ロシア軍の敗退が確定しました。

画像

その後、マルチに流れた後、例会終盤に、今度はsawadaさんと、再戦します。陣営はmitsuが日本軍で、sawadaさんがロシア軍です。

前回とは逆に、今回は日本軍が(つまり、自分が再び)酷いカード周りに合います。第1ターンにいきなり、「正露丸」を引き、手札が減ったため、満足に揚陸ができず。

画像

第2ターンは、ロシア軍に「マカロフ提督」が来て、ああ、今度は全く揚陸できず!なうすすべもなく、困ったところに、第3ターンは「旅順艦隊出撃!」のコンボです。手札がないんだから、どうにもできんです。

その後、気を取り直して、黒木軍が突破を図りますが、十分な戦力を得たロシア軍が延翼で(!)日本軍を緩包囲するなど、思うように進めません。

画像

このまま、終わってもおかしくなかった酷い展開でしたが、sawadaさんがそれを凌ぐdrで流れを変えてしまいます(笑い)。やっと除去した1ユニットで指揮判定に失敗したり、「飛んでしまえ!」と行った+5の攻撃で、きっちりEXを出して「飛んでしまったり」と、さすが「不運の魔術師」!(笑い)

画像

敵の不運に助けられ、どうにか山地を突破した日本軍は、巧みな機動で遼陽を包囲するところまで持ち直します。が、士気を落としてまで、カードを手に入れるものの、序盤のリソース不足から十分な兵力が集められず、膠着状態に。

画像

旅順が落ちる畏れがなくなったロシア軍は、満を持して反撃に移り、日本軍の主戦線が崩壊。損害過多でまたもや士気崩壊して、二連敗となりました。

画像

う~ん、ミニゲームだけにカードのめぐりの影響は大きく、まだ、未習熟の自分には、厳しかったです。もっと精進しなければ・・・。


画像

ちなみに、これ以外にも、Tommyさんが2戦をするなど、複数の対戦が組まれていましたよ~。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック