GWに、戦術級の鬼来る!~ATTACK SUB(AH)3戦

せっかくの連休に時間が取れたので、2日連続で自宅オフ会を開きました。一日目は、戦術級の鬼-いのさんが来宅です。

緒戦は最近、はまっり切っている「ATTACK SUB」(AH)をプレイします。適度に抽象化されながらもポイントを抑えた作りと、実に豊富なシナリオが魅力で、今年に入って、すでに30戦近く(!)も対戦しています。

画像

第一戦はシナリオI「モスクワを撃沈せよ」で、陣営はmitsuがソ連軍を、いのさんがNATO軍を担当します。ソ連軍としては、ヘリと防御カードをうまく使って、逃げ切りを図りたいところですが・・・。

序盤は、両軍ともカードが不作。NATO軍はPINができず、ソ連軍はヘリが飛ばせずと、なんとも締まりのない展開。

画像

2巡目になって、NATO軍の優秀なソナー員がモスクワを捕捉し、連続攻撃をかけます。モスクワは強靱な耐久力でこれを凌ぎますが、浸水は甚大でこのままだと航行不能に。

画像

と、ソ連軍にもやっとヘリカードが来て、反撃開始!ヘリがアクティブソナーを打ちまくり、にっくきAnnapolisを捕捉すると、魚雷で一発撃沈!

画像

と、一息つく間もなく、生き残ったNATO軍潜水艦が、レンジ1で魚雷発射。通常ならまず当たらないのですが、損傷を受けていたことが響き、モスクワに魚雷命中!巨大な空母モスクワが海の藻屑と消えました。う~ん、ソ連軍の空母を受け持って、一度も勝てた試しがないな~。

画像

第二戦は、いのさんの要望でシナリオE「理由なき反抗」。ソ連海軍を裏切った戦略原潜を追撃するというもので、ソ連軍同士の戦いになります。設定は、完全に「レッド・オクトーバーを追え!」です。

画像

いのさん率いる叛乱軍は、接触減少と後退カードを使って時間を稼ごうとしますが、ヘリを使ったソ連艦隊の索敵にかかり、接触レベルが上昇します。

探知レベルを1にまで上げたところで、ソ連艦隊が必殺のバトルステーション!アクティブソナーでレベルを2にして、すかさず、魚雷発射!Oppokovも回避運動をしますが、きっちり命中。後は頑丈な船体にかけるのみでしたが・・・一発で撃沈!ショーン・コネリー(?)の叛乱はあっさりと潰えました。

画像

ここまで、わずかに30分強。「勝てる船(艦)が欲しい!」といういのさんの要望で、最強のSeawolfが登場するシナリオH「戦略打撃部隊」に突入します。当然、NATO軍はいのさんです。

Seawolfはその高いソナー能力を生かして、Zarnistaの探知を試みます。アクティブソナーは、当然のごとく、成功。が、Zarnistaが巧みに接触減少に成功し、攻撃の隙を与えません。

逆に豊富なパッシブソナーを持っていたIvan Rogovが、Seawolfの探知に成功します。後一歩まで来たところで、接近カードで攻撃可能になります。Seawolfは逃げを撃ちますが、悉く、接触減少に失敗。と、ここで、乾坤一擲の魚雷発射!確率は高くなかったですが、これが見事に命中し、撃沈!「うそや~ん!」

画像

今年は、まだまだ、ASW戦が続きそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

いのさん
2011年05月10日 22:11
このゲームで2戦シーウルフ級をプレイすると負けるというジンクスが・・。
それは秘密です。
mitsu
2011年05月11日 23:09
へっへっへ、どういうわけか、Seawolfの被撃沈率も高いんですよね~。あまりの性能の良さに安心して、無理な探知をしたり、よけずに攻撃にばかり気が向いたりしているのかも?

クーニッヒティガーもそうですが、活躍するにしろ、撃破されるにしろ、メンタル面での振れは大きいですね。

この記事へのトラックバック