まさに薄氷の勝利!(あるいは、すり抜けた完勝)~信長包囲戦(GJ)

この日の唯一の対戦が、こまいふさんとの「信長包囲戦」(GJ)です。こちらもまだ1戦だけとのことでしたので、自分が技巧が必要な信長側を担当します。

序盤は、定番の浅井・朝倉攻めから入り、初手の「突撃命令」で朝倉を滅ぼします。

画像

「兵站の確保」で浅井を攻めたのはよかったのですが、こまいふ長政の猛烈な反撃(全ヒット!)を受け、なんと丹羽長秀が戦死!補充能力の高い丹羽を失ったことは、後の苦戦の遠因となります。

画像

気を取り直して、戦力を補充した第2ターンに、敵討ちとばかりに浅井を滅ぼします。

画像

一方の反織田側は、増援チェックとカードにより、早々と上杉を参戦させます。

画像

第3ターン、上杉上洛を牽制せんと、織田主力は加賀を攻め、この地の本願寺を殲滅します。

画像

ここで、「敵方勢力の調略」を使って、能登を攻略し、一気にカード差を広げます。反織田側は上杉が上洛開始し、北陸で一発触発の状況になります。

画像

第4ターン、ところがここで武田も参戦!このままだと、側背に打撃を受けかねない状況になったため、「敵方勢力の調略」で上杉を足止めすると、主力は畿内へ。長島本願寺を攻め、これを殲滅。後顧の憂いを絶ちます。

画像

再び、「兵站の確保」をかけ、敵の出方を窺いますが、カード数の少ない反織田側は、動きなし。ならば、逆に打って出ようと、主力で南信濃を攻略し、武田攻めに入ります。

第5ターン、先手を取った織田方は、甲斐を強襲!山縣を討ち取り、武田主力を殲滅します。さらに、駿河・北信濃と攻め続け、武田氏を滅ぼします。

画像


画像

第6ターン、ここで一気に勝敗を決せんと、織田方が動きます。駿河にいた明智別働隊を北上させ、越後を攻略。これに慌てた上杉軍は、急ぎ、能登から兵を返し、これを殲滅。明智光秀を討ち取ります。

画像

が、これは「高価な罠」でした。兵力を補充した織田軍主力が間髪を入れず、逆襲に出ます。手には柴田の「突撃命令」。確率的には優に全滅できるはずでしたが・・・。

画像

「え、たったの3発だけ?」ここに来て、戦闘drがまさかの絶不調!上杉を討ち取れないばかりか、反撃で大損耗して、膠着状態に・・・。

「まずい!」こちらの危機に勇気を得た反織田方が、西方で攻勢に出ます。まず、毛利が全軍を持って、播磨を攻略し、畿内進出の準備を整えます。

画像

次に、本願寺が「進めば極楽」で山城に突進し、猛烈な攻撃で佐久間勢を後1ユニットまで、打ち減らします(5発中、4発が命中!どうなってるんじゃい?!)

画像

あれだけ有利だった状況が、一変!織田軍主力は消耗して、越後に釘付けになり、肝心の畿内では、わずか数ユニットが、毛利と本願寺の波状攻撃を受ける羽目に。まさに、信長最大の危機!


第7ターン、完全に守勢に回った織田側は、「緊急徴募」と補充を乱発し、佐久間勢及び主力を強化します。が、ここが勝負所と看た反織田方は、本願寺と毛利の連続攻撃をかけ、驚異の戦闘drで佐久間信盛を討ち取り!ついに山城を制圧します。あと、重要拠点を1カ所、取れれば、サドンデス勝利です。

画像

第8ターン、ここで織田軍が下した決断は、主力の転用でした。補充と「敵方勢力の調略」で戦力差を付けたところで、上杉に対して「突撃命令」!激戦の果てに、ついに戦国最強の武将-上杉謙信を討ち取ります。同時に、南近江に別働隊の柴田を突入させ、全滅覚悟で時間を稼ぎます。主力が戻るのが早いか、敵の畿内制圧が先か?

画像


画像

第9ターン、最後の決戦が畿内を中心に巻き起こります。まず、本願寺が南近江の柴田を攻め、これを撃破!激戦の中、甕割り権六が討ち死にします。続けて、山城にいた毛利勢が美濃を攻略。これで、重要拠点3カ所を制圧され、「絶体絶命の危機」に。

が、実はこのタイミングを待っていました!越後を出発した織田軍主力は「突撃命令」を使って、美濃の毛利軍を強襲!今度は期待値通りのdrで、毛利主力を全滅させます。

画像

と、その背後から、別働隊の滝川一益が、北近江経由で山城に突入し、これを奪還!2カ所の拠点を取り返し、サドンデスを阻止します。そして、最後に、「敵方勢力の調略」で本願寺を足止めし、一気に形勢を逆転します。

画像

最終ターン、勝負を諦めないこないふ足利将軍は、最後の頼りの三好三人衆で、京都を攻めるものの、もはやdrは振れず、畿内は完全に膠着。反対に、織田方に寝返った宇喜多・松永の反転攻勢で、本願寺と阿波を制圧され、ジ・エンド。規定により、9カ所以上の拠点を押さえた織田側の勝利となりました。

画像


画像

いやー、実に危なかった!攻めが強すぎたため、戦闘drに嫌われ、大苦戦になってしまいました。なにごとも平常心と着実な計画が大切と言うことで・・・。

画像

この記事へのコメント

こまいふ
2010年11月27日 11:30
mitsuさん、対戦レポートありがとうございました。
かつて、羨ましく眺めていただけのmitsuさんのブログに、
まさか自分が登場する日が来るとは…。
感謝・感激であります。
またの再戦を願っております。
砂漠の1号
2010年11月28日 00:52
ああ、純真なゲーマーさんがまたひとり、Mitsuさんの毒網にからめとられてしまう・・・
こまいふさーん、そっちはだめだよー!
mitsu
2010年11月28日 22:57
>かつて、羨ましく眺めていただけのmitsuさんのブログに・・・

ちょっと恥ずかしいくらいでして・・・(笑い)。自分もかつては全く同じ思いをしながら、ソロに明け暮れていたので、よくわかります。たいしたAARではありませんが、対戦していただいた方へのささやかな「お礼」になっていればいいなと思っていたりします。これからも、対戦の機会がありましたら、どうぞ、よろしくです。

>ああ、純真なゲーマーさんがまたひとり、・・・

こらこら、せっかくの「新人さんホイホイ」なんだから、ばらさないように!(うそ、笑い)冗談はともあれ、しばらくうおPさんとも対戦をしていないので、また、お会いできるときにでも。砂漠戦なら、いつでもOKですよ~。

この記事へのトラックバック