飛び交うSAM、恐怖のサガー!そして、IDFの逆撃!~Yom Kippur(CMJ)前半

今月は激務続きで、あっという間に6月も半ばになりましたが、待望のソロプレイを行うことができました。しばらくご無沙汰だった中東戦争アイテムから「Yom Kippur」(CMJ)です。

「Yom Kippur」は、The Gamersの看板Standard Combat Seriesの一作です。SCSは比較的シンプルなルールで、第一次大戦から現代戦まで対応可能な汎用性を誇ります。通常の移動-戦闘システムに、ZOC間移動やオーバーラン、機械化移動、補給などを加えたもので、あとは戦場ごとの特別ルールで色付けしています。戦闘結果表と相まって、攻撃側が有利なことが特徴で、兵力差がある時は縦深突破と浸透に、兵力差が詰まってくると激しいたたき合いになります。

画像

「Yom Kippur」でも前半はエジプト軍の大攻勢が、中盤から後半はイスラエル軍の猛反撃が展開されることになります。移動力さえあれば、どんどん浸透してくる機動ユニット(IDFの機械化部隊なら、最大4ヘクスの平地の浸透が可能!)。史実同様に決定的な要素になりうる砲爆撃。強力なSAMと短期間ながら脅威の空中機動。工兵による戦闘修整と架橋。いつ終わるかわからない停戦と超大国の介入。第4次中東戦争のエッセンスが過不足なく盛り込まれている秀作です。

数回のソロ演習の後、通しのプレイをして見ました。なお、いつもの「お助け自作キット」も制作しています。SAMの範囲を明確にするマーカーと戦車補充トラック。

画像

どこにどれだけ投入したか、砲撃力を明示する砲撃マーカー各種。

画像

まず、初期配置ですが、エジプト軍は史実セットアップとします。イスラエル軍は、ZOCを有効に使って道路網を押さえ、可能な限り、時間を稼ぐように配置をします。

画像


画像

第1ターン、エジプト軍は特別ルールの「奇襲砲撃」を使って、スエズ対岸のイスラエル軍陣地を砲撃します。北部では、今後の補給を阻害するQantara周辺の2陣地を、最高の24火力で砲撃します。#4223のパーレブ陣地は、直撃を喰らって跡形もなく消し飛びます。

画像

#4423陣地は沼地で守られたこともあり、混乱状態(D)に止まりますが、直後に歩兵とコマンドが運河を渡河し、これを撃滅します。

画像

続く、突破フェイズに架設橋を渡った機械化部隊が、交差点を押さえる守備隊を包囲下で蹂躙し(3:1)、Churchillへの道を掃討します。

画像

一方、短期間ながら効果絶大の空中機動旅団は、一気にVP地点のChurchill付近に侵攻し、守備隊を包囲します。が、頼みの空爆がスカとなり、戦闘比が3:1と上がらず、1ステップロス(A1Dr1)に止まります。

南部でも、準備砲撃と渡河攻撃のコンビネーションが奏功し、水上を突破した両用戦車旅団の迂回もあり、#1517陣地が壊滅します。

画像

やはり、架設橋を渡ったエジプト軍機械化部隊が内陸へと侵攻し、Edra周辺にいたIDFの偵察旅団と基幹部隊を挟み撃ちで蹂躙攻撃。ともに包囲下で撃滅して、Chinese Farmとスエズ市前面の橋頭堡間の連絡を付けます。

画像

また、一部の部隊が側面を迂回して、IDFに圧力をかけます。

画像

戦略的な奇襲を受け動員の整わないIDFは、早期の反撃は自殺行為と自重し、時間を稼ぐために、中央部のTasaからラテラル道沿いに阻止線を展開し、敵の出方を待ちます。

画像

唯一の例外は、分厚いSAMの壁を突破したイスラエル空軍で、橋頭堡の後方で渡河を待つ敵の砲兵群を叩き、混乱状態(D)に陥れます。

画像


画像

第2ターン、エジプト軍は北部で攻勢を継続し、主力部隊が浸透移動でChurchillへ突進します。スエズ渡河を終えた砲兵群も追いつき、猛烈な砲撃のもと、孤立した守備隊を次々と撃破。Churchill一帯を完全に制圧します。

画像

一方、中央部から南部では、機械化部隊が長い足並みを生かして、敵の前哨拠点を集中強襲します。IDFはTasa付近では粘ったものの、#1712が5:1の包囲攻撃を受けて、耐えきれずに後退。

画像

と、その間隙から、突破フェイズに機甲スタックが突進し、薄い戦線を次々とオーバーランしていきます。辛くもdrに救われましたが、2個スタックが敵中に取り残され、戦線が崩壊します。

画像

イスラエル軍ターンに待望のシャロン師団が到着しますが、未だに不利な兵力差やATM効果を鑑みて、戦線を後退。Bir Gifgafaを核とした防衛線を再構築します。

画像

かわりに北部では、ATM効果を受けない機械化歩兵を前面に押し立てて、Churchillまで戦線を押し上げます。即反撃とはいかないものの、砲兵隊による集中砲撃で、敵スタックに痛打(2ヒット)を与えます。

画像


画像

第3ターン、Churchillを確保し、兵力が拮抗している北部では、エジプト軍は(浸透に備えて)地形を利用して、連続した戦線を維持。砲撃による牽制のみを行います。

画像

南部では、このターンまでしか使えないATM効果を最大限に活用すべく、Bir Gifgafa戦線に総花的な攻撃を加えます。名付けて「これで最後だ、ATMアタック!」攻撃箇所を増やすために戦力を分散したため、戦闘比こそは上がりませんが、ATM効果は絶大で、IDFの5個機甲大隊を吹き飛ばします。

画像


画像

思った以上に戦力を消耗したシャロン師団は、兵力を温存するため、若干の後退をして、戦線を引き直します。一方、戦線が膠着した北部では正面攻撃を避け、機甲ユニットを敵兵力の薄い中央部に機動させ、揺さぶりをかけます。

画像

第4ターン、攻勢限界点に達したエジプト軍は、成果を保持しながら停戦を待つことを基本に、薄い中央部には機械化部隊を派遣して、戦線を維持します。

画像

唯一、前ターンまでの攻勢で優位を保っている南部では、戦線を構築しながら、一部で攻撃を続行します。要衝のミトラ峠を迂回した歩兵が占領。主戦線のBir Gifgafaでは、逃げ遅れて孤立した歩兵を殲滅します。

画像


画像

迎えたイスラエル軍ターン、大きな転機が訪れます。反撃を開始するIDFですが、どこを反撃正面とするか?

兵数的には未だエジプト軍が優位で、全面的な反攻はできません。北部は地形に籠もる歩兵への正面攻撃とならざるを得ず、下策。南部は機動戦に向くものの、敵も兵力を集中しており、シャロン師団単独の反撃では効果薄。中央部はもっとも可能性がありますが、救援部隊が間に合い、兵力差が拮抗しつつあり。

熟考の末、下した決断は、全機甲部隊による南部戦線への集中反撃でした。TasaからBir Gifgafaに展開する敵主力に対し、シャロン師団が南端から、アダン師団が北端から反撃を開始。

画像

機甲・砲兵・空軍を集中投入した攻撃により両翼を突破し、機械化移動でIDF機甲旅団が敵主力を包囲することに成功します。一部は後方にいた砲兵陣地に突入し、オーバーランで蹂躙。完全な混乱状態となります。

画像


画像

第5ターン、包囲されたエジプト軍機甲部隊の救出をめぐって、すさまじい激戦が南部で展開します。緩包囲下にある機甲部隊が浸透移動を駆使して、後方へじりじりと後退。そこへ唯一の突破予備隊を投入し、薄いIDF戦線を食い破ります。

画像

が、執拗に食らいつくIDFに足を止められ、時間を浪費。間髪入れず、イスラエル空軍と高火力の砲兵隊が、一帯を砲爆撃をかけ、2/3の敵部隊を混乱状態に陥れます。

画像

続いて、優秀な機動力を生かしたIDF機甲部隊が後方へ回り込み、次々と包囲殲滅。高比率の通常攻撃と、絶え間ないオーバーランで、見る見るうちにエジプト軍が消耗していきます。この結果、IDFが#1712一帯を制圧し、エジプト軍機甲部隊の脱出は、絶望的になります。

画像


画像

イメージは、過去最大の損害となった「恐怖の一夜」。IDFが5個機甲大隊を失うものの、戦車回復でうち2個が復帰。対するエジプト軍は健闘したものの、2個機甲旅団+3個機械化歩兵旅団、さらに2個砲兵を失って、主力は半壊しました。

画像

第6ターン、ここでエジプト軍が意地を見せます。脱出が困難となったエジプト軍機甲部隊は、敵を道連れにすべく、なんとIDF後方への「前進」!浸透移動により、ロケット砲兵群に接敵し、阻止爆撃もものともせず、2ステップロスを与えてしまいます(3:1でD2!)。さらに、Tasaに集結した歩兵が前進をして、IDFの守備隊を蹴散らし、退路を確保。

画像

これにより、殊勲の2個機甲旅団が、まさかの戦線復帰!Tasaの奇跡と呼ばれます。

画像

が、救出にこだわったことで、南部の兵力バランスが完全に崩れてしまいました。ただでさえ、薄い砲兵道周辺を補強できず、ここをIDFが強襲。戦闘後前進と機械化移動で、3個旅団が包囲され、戦線が崩壊。

画像

同時に、これまで沈黙していた北部でも、少ない兵力で果敢に反撃を開始します。守りの堅いChurchill正面を避け、側面の砂丘を高機動力部隊が強襲。5:1攻撃が決まった突破口から、機械化部隊が雪崩れ込み、アルケット道を分断!後方にいたロケットと砲兵を血祭りに上げました。

画像


画像

これで、全域にわたってエジプト軍の戦線が崩壊し、もはや、東岸で戦線を立て直すとは、不可能となります。

画像


画像

 
長いと言われたので、続きは後半で・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック