ハンブルクは、OMGの重圧に耐えられるか?~「第三次世界大戦」シナリオ2「ルールへの第1段階」

続いて、第2シナリオは、北部工業地帯への進撃を描いた「ルールへの第1段階」です。中部への兵力を凌ぐ、戦車12個師団、自動車化狙撃兵12個師団、空挺2個師団、水陸両用1個師団が登場します。NATO軍は、ブンデスヴェール6個師団に、若干のアメリカ軍・ベルギー軍・オランダ軍に、強力なBAOR(イギリス軍)が、これに対抗します。なお、第1ターンの特別ルール(WP軍戦闘が1コラムシフト、NATO軍は移動禁止)は、前回と同様です。

[第1ターン]
 最大の攻撃兵力を手にしたWP軍は、その打撃力をフルに生かせるように、ABルートから進入した自動車化狙撃兵師団を北上させ、ハンブルグ郊外で警戒網を張る西ドイツ軍に、8:1以上の猛攻を加えた。1個師団の犠牲と引き替えに、敵の装甲旅団を3ヘクス後退させることに成功した(1/3)。戦闘後前進で早くもハンブルグに入城したソ連軍は、装甲擲弾兵旅団の退路を遮断し、これを撃破した。

画像

 続く戦車フェイズには、南方のブラウンシュヴァイク市に対し、戦車6個師団が12:1の飽和攻撃をかけた。先のフェイズに降下したポーランド軍空挺旅団が退路を遮断したことで、無損害で装甲擲弾兵旅団を撃破し、同市を確保した。

画像

 二都市の占領と敵の損害により、WP軍は早くも5VPを確保した。
<ソ連軍の勝利得点:5VP >

[第2ターンWP軍]
 勢いに乗るWP軍は、続いてハンブルグ市の完全占領に乗り出した。増援と合わせて、6個にも及ぶ自動車化狙撃兵師団を市街地に突入させ、10:1攻撃を実施。結果は、0/1となり、ステップのない守備隊はやむを得ず、郊外に脱出し、北部最大の都市ハンブルグは陥落した。同時に、進撃路を確保した南方でも、精強ポーランド軍がハノーバー前面の西ドイツ軍に攻撃をかけた。前ターンにハノーバーの背後に降下したソ連軍空挺旅団が市内に突入し、電撃的占領を行ったため、後退路を失った装甲擲弾兵旅団はあっけなく壊滅した。

画像

 ここでWP軍は一気に優位に立つべく、3カ所で戦車による縦深攻撃に出た。最北部のリューベックには4個戦車師団が、中央部の森林ではポーランド・ソ連の連合軍が、南部では4個師団が猛攻をかけ、全ての戦闘に勝利!3個のNATO軍ユニットを除去することに成功した。

画像

VPは勝利水準目前の13点となり、WP軍の士気は最高潮に達した。

画像

<ソ連軍の合計勝利得点:13VP >

[第2ターンNATO軍]
 勢いに乗るWP軍を止めるべく、NATO軍は2カ所で低比率攻撃の賭に出た。中央部の森林で包囲されている米独合同部隊に対し、BAOR戦車師団が3:1の救出作戦を実施。同時に、南部で時間稼ぎの防御陣を引く、ポーランド軍空挺旅団に、2個BAOR戦車師団を含む4カ国の軍隊(!)が包囲攻撃をかけた。南部での攻撃は地形効果を吹き飛ばして成功し、空挺旅団を撃破した。が、中央部での2:1攻撃は最悪の1/0となり、西ドイツ軍装甲旅団を失って、オランダ軍のみが取り残されることになった。

画像

[第3ターンWP軍]
 勝利を決定づけるべく、WP軍は南部と北部のアウトバーンから師団を突破させると共に、なおも限定的攻勢を続けた。自動車化フェイズの攻撃は失敗したものの、続く戦車フェイズでは戦力を集中し、包囲下の部隊に猛攻を加えた。結果、NATO軍最強のBAOR戦車師団と、オランダ軍の機甲旅団を壊滅!突破と合わせて、17VPを獲得した。

画像

<ソ連軍の合計勝利得点:17VP >

[第3ターンNATO軍]
 もはや、勝利の望みのないNATO軍だが、せめてBAORの仇を討たんと、中央部のポーランド軍戦車師団に対し、レオパルドとM1を投入した機甲攻撃を仕掛けた。戦力は3:1で撃破は無理でも、川向こうに退却させる意気込みだったが、ここでdrは最低の「1」!2/0となり、戦線に穴を開けるわけにはいかないNATO軍は、さらにBAOR戦車師団とアメリカ軍機甲旅団を失うことになった。

画像

 NATO軍の反撃は自らの損害を増やしただけだったが、WP軍も序盤の補給ポイントを使い切っており、戦場は一時的な膠着状態に陥った。WP軍の補給段列が到着し次第、再び、激しい戦闘の再開となることであろう。

画像

<ソ連軍の合計勝利得点:18VP >

[勝利判定]
都市の占領 …10VP(5ヘクス)
敵部隊の除去…6VP(12ユニット!)
部隊の突破 …3VP(3ユニット)
合計18VP で、WP軍の勝利。

画像

だいぶ、WP軍の攻勢のコツもつかんできたので、次はいよいよ、キャンペーンゲームです。と、こんなマイナーテーマがなぜか重なるもので、yagiさんから、あの「The Next War」(!!)のお誘いを受けています。「第三次世界大戦」が一通り、済んだら、ルールを読んでみますので、しばし、お待ちを・・・。先に「前菜」で、こちらもどう?!(笑い)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yagi1964
2009年07月30日 15:31
おろろ、一瞬「あのyagiさんから」と思ってしまいましたよ。普段の行いが悪いモノで。
さて、バンダイの完成度は今頃になり、ようやく評価されていますね。
発売当時はやらないで悪評が広まっていましたから。
でもでも、私の一押しはSPI「THE NEXT WAR」ですよ。やっぱり。
このゲーム以降は破綻していくのですが、ここまでは良かったんですよ。
まあ、お気楽に。こちらも気長に待っていますから。
mitsu
2009年07月30日 22:28
他に、こんなびっくりゲームを誘う人がいるとは、思えませんって!(笑い)「THE NEXT WAR」は・・・まだ、記事にはしていませんが、自分も手に入れました。でも、陸戦の基本ルールだけで、20ページ以上あるんです。選択を入れると、50ページ近くに・・・。う~ん、これこそ、難攻不落のハードゲーム!カルタゴ戦よろしく、年単位での「攻略戦」になりそうです。

ちなみに、MAを見たら、文字通り、yagiさんの「セントラルフロント」が消滅ですか?!中央マップが必要なときは、一声かけてください。
mitsu
2009年07月30日 22:35
AARをご覧のみなさまへ・・・。

すみません、根本的なルールを一つ、適用していませんでした。
「次に、基本ゲーム用戦闘結果表を取り出し・・・」

えっ!こんなのあったんだと、見てみたら、攻撃側にやや有利になるものでした。今更、やり直せないので、AARは練習シナリオで、キャンペーン用のCRTを使ったモノとして、差し引いてご覧ください。

これだと、NATO軍の反撃も多少はしやすくなりますが、反対にWP軍の初期攻勢がもっと凶悪にならないかな~、とちょっと心配・・・まあ、実際、プレイしていないので、どなたか、正しい練習シナリオをアップしてください(だれがいるかって!笑い)

自分は、このまま、「正しいキャンペーンゲーム」に突き進みます。

この記事へのトラックバック