あの橋を獲れ!か「遠すぎた橋」か?~WORLD TANK DIVISION(ジャイブ)「レマーゲン」

「レマーゲン」は、WORLD TANK DIVISIONのヒストリカルモジュールで、米英軍がはじめてライン川に橋頭堡を確保した戦い、として有名です。マーケットガーデン作戦の失敗以来、戦略的要衝のライン川に無傷な橋があるわけがないと思われていましたが、舞台となったレマーゲンに破壊されていない鉄道橋が残っていました。このルーデンドルフ橋には当然、爆薬が仕掛けられていましたが、第9機甲師団の先駆隊が急進し、指揮系統の混乱や爆薬の配線不良などに助けられ、これを奪取!すかさず、師団単位の増援が突入し、橋頭堡を設置します。最終的にこの橋は損傷が元で倒壊しますが、それまでに多くの部隊がライン川東岸に到達し、ドイツ軍最後の天然防衛線を崩壊させることに成功します。

画像

このシナリオでは、ドイツ軍歩兵と対戦車砲が守るルーデンドルフ橋に、米軍が遮二無二、突進し、東岸に橋頭堡を築くことが、勝利条件になっています。アメリカ軍の戦力は、パーシング3個を含む17ユニットのAFVと9個の歩兵。序盤に、圧倒的な戦力差を生かして、ルーデンドルフ橋を奪取し、中盤以降に全VP地点の占領をめざします。対するドイツ軍は、13個の歩兵+3個の88mm対空砲に、増援で7個のPkwが来ます。可能な限り、ルーデンドルフ橋を維持しながら、増援をつぎ込んで敵を足止めし、最低1カ所のVP地点の確保を目論みます。アメリカ軍の物量があれば、ルーデンドルフ橋を奪取できる確率は高いですが、最終的には高台018と街039の争奪戦が勝敗を決めます。

第1ターン、A地点から登場するアメリカ軍は、1個歩兵の守る街048に突入し、これを解放します。同時に、C地点から別働隊のM4(75)が南下し、ルーデンドルフ橋に迫ります。ドイツ軍は、橋020を歩兵のフルスタックで守るとともに、対岸の橋019 に88mm砲を移動させ、一歩も退かない構えです。

画像


画像

第2ターン、アメリカ軍はルーデンドルフ橋西岸を封鎖した上で、M4(75)の2ユニットを橋020に突入させます。擲弾兵3ユニットは、地形効果(AI)を利用して、必死の防戦でM4(75)1ユニットを撃破しますが、自身も2ユニットが壊滅し、生き残った1ユニットは東岸に退避します。

画像


画像

第3~4ターンに、ルーデンドルフ橋東岸を巡る戦いが起こります。橋019にシャーマンの2ユニットずつが突入しますが、第一弾は88mm砲の先制射撃を喰らって、即昇天。

画像

が、第二弾は1輌が移動不能になるものの、この待ち伏せを生き延び、反撃で88mm砲2ユニットを撃破してしまいます。有効な対戦車砲を失ったドイツ軍は、やむを得ず、ルーデンドルフ橋を放棄し、トンネル017と丘033にフルスタックを作って、時間稼ぎに入ります。第4ターンには、重戦車(片やパーシング、片やTIGERとJagd TIGER!)を含む両軍の増援が登場し、戦いはヒートアップします。

画像


画像

第5~6ターン、アメリカ軍はルーデンドルフ橋東岸を強化するとともに、先駆隊をトンネル内に突入させます。2個のM4(76) は、無傷で擲弾兵のフルスタックを排除し、トンネル017の確保に成功します。

画像

さらに、次ターンに4号駆逐戦車2ユニットも撃破して、トンネル打通の一歩手前まで行きます。ドイツ軍は、4号駆逐戦車+Jagd Tigerという最強の対戦車トリオでこれを封鎖するとともに、試作TIGERを最後のVP地点-街039に進行させます。

画像


画像

第7~8ターン、アメリカ軍は物量に物をいわせ、強引な突破を計ります。トンネル出口の道路009に、シャーマンのフルスタックが次々と突進し、防御射撃で二回にわたり全滅するものの、2ユニットの4号駆逐戦車を道連れに。さらに防御の要Jagd Tigerを移動不能(無力化!)にします(この虎は、次ターンに排除)。また、右翼では丘033経由で丘044への打通に成功し、機械化歩兵1ユニットの損害と引き替えに、最後の88mm砲と4号駆逐戦車、擲弾兵2ユニットを撃破します。大消耗戦で、戦力の激減したドイツ軍は、高台018と街039に籠もり、最後の抵抗を試みます。

画像


画像

第9~11ターン、最終防御拠点に対するアメリカ軍の攻撃が始まります。第9ターンに突撃準備を整えた米軍は、まず、街039にM4(76)のフルスタックを突入させます。迎え撃つは、強敵の試作TIGER+4号駆逐戦車コンビ!確率的には、対戦車能力に優れたドイツ軍が有利でしたが、「1」を連発したクラウツを尻目に、ヤンキー魂が爆発し、最後のシャーマンが移動不能になりながらも街を確保して、勝利目前となります。

画像

残すは、高台018のみ!ここに向けて、ヤンキーの機械化歩兵フルスタック(のべ5ユニット)が突撃します。相手は、塹壕に入ったドイツ軍国民擲弾兵3ユニット。ハンバーガーヒルもかくやという、凄惨な白兵戦の結果、最後に生き残ったのは・・・ドイツ軍の擲弾兵1ユニットでした。ここは地形効果により戦車が進入できないため、ドイツ軍による高台支配が確定!あと1ユニットで、全VP地点の制覇に失敗したアメリカ軍の敗北となりました。

画像

ライン川により移動制限が厳しいため、単純に突進するガントレット・シナリオと思われがちですが、スタック内容の吟味や射撃目標の選定など、考える要素が適度にあり、ソロでも充分に楽しめました。ただ、橋を占領するまでは、進行ルートが一本道のため、ドイツ軍の対戦車射撃がフィーバーすると、「遠すぎた橋」になりかねませんが、それはそれで「もう一つの史実」ぽくって佳きかなと・・・。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック