歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪鬼のごときボナパルト!幾度でも立ち上がるブルッヒャー!〜赤い夕陽のナポレオン(CMJ)

<<   作成日時 : 2011/12/19 23:41   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

ナポレオニック愛のDRAGOONさんと、予約していたのが、「赤い夕陽のナポレオン」(CMJ)です。数年前のCMJ誌で、「窮地のフランス」の題名で2in1の付録となった作戦級ナポレオニックです。

画像

テーマは、窮地のど真ん中のフランス国内戦役。同テーマでは、かの有名な「Napoleon at bay」(AH) があります。ルール的には、移動(強行軍あり)−戦闘(マストアタック)といったシンプルなもので、弱ZOCに後退がメインのCRTなので、極めて激しい運動戦になります。

今回は、DRAGOONさんがフランス軍を、mitsuがシレジア・ボヘミア連合軍を担当します。イメージは、DRAGOONさん愛用の大陸軍ダイスタワー!

画像

第1ターンは、ナポレオンのブルッヒャー強襲から幕を開けます。のこのこと前線に出張ってきたブルッヒャーに対し、大陸軍が皇帝直率の強襲をかけます。結果は、見事にD1R4!パパ・ブルッヒャーは、たまらず、南東方向に後退し、シレジア方面軍の大半は指揮範囲外に(移動力と戦闘力が半分近くに激減)。

画像

間髪を入れず、返す刀で、今度はボヘミア方面軍の前衛を攻撃!これまた、2損失を与え、ギュライを敗走させます。

画像

が、ナポレオンが南部で猛攻を加える隙をつき、ブルッヒャーが強行軍に継ぐ強行軍で、北部に到達し、迂回を開始します。

画像

第2ターン、シレジア方面軍の浸透を恐れたフランス軍は、主力をとって返すと、北部のブルッヒャーを攻撃します。敵が怯んだところで、追撃をかけ、なんとブルッヒャーを一時除去してしまいます!

画像


画像

強い、強すぎるゾ、ボナパルト!ちなみに、皇帝が直率する攻撃は、全て成功(損失+敗走)という、神がかり的な強さです。

押され放しの連合軍ですが、北部がダメなら南部でと、ライヘンバッハ計画を実行し、まず、トロアを占領。鬼が居ぬ間にと、強行軍も利用して、中央付近まで前進を図ります。

画像


画像

第3ターン、潰走したブルッヒャーが、なんと北部のランスに登場!前ターンに先行したクライストが、ここを占領していたのが大きかったです。指揮範囲にいる兵力は半分以下ですが、すかさず、シャトーを強襲し、ここを陥落させます。

画像

一旦は南部に向かっていたナポレオンは、やむをえず、兵を戻して、シレジア方面軍の前衛を叩き、シャトーを奪還します。

画像

となれば、連合軍は南部を活性化させ、プロヴァンとサンスを抜きます。

画像

ここにいたって、大陸軍は一気に戦線の後退を行い、中央付近に集結をします。

画像

第4ターン、シレジア方面軍が集結に時間がかかると判断したフランス軍は、南部へ大攻勢をかけます。狙いは、総指揮官のシュワルツェンベルク!驚異的な機動力で、プロヴァン付近に到達したナポレオンは、3回に及ぶ攻撃でシュワルツェンベルクを捕捉し、DR4と大きく後退させます。

画像

が、この機会を見逃す連合軍ではありませんでした。ボヘミア方面軍がナポレオンを引きつけている隙に、強行軍を重ねたシレジア方面軍は、素早く兵力を前進させ、モーとコンピェーニュを占領!VP警戒線の目前に迫ります。

画像

さらに、気力で兵をまとめ直したシュワルツェンベルクが、敵主力を迂回して、後方遮断の態勢に入ります。

第5ターン、主導権を握った連合軍は、シレジア方面軍でヴィクトールとジェラールを強襲し、これを撃退し、猛烈な戦闘後前進を行います。戦線は崩壊し、パリへの道が開かれます。

画像

遅ればせながら兵を戻したナポレオンは、南部にギリギリの散兵線を引くと、主力を持って、シレジア方面軍の前衛を叩きましたが・・・drまで見放したのか、結果はA1D1(相互損害)。前衛を蹴散らして、時間を稼ぐつもりが、VP警戒線を挟んで、膠着状態になってしまいます。

画像

その隙に、息を吹き返したボヘミア方面軍が、二度に及ぶ突進と攻撃で、ついに警戒線内への突入に成功し、ヴィトゲンシュタインがパリの隣接ヘクスまで迫ります!ああ、まさにat bay(絶体絶命)!

画像


画像

最終の第6ターン、奇跡を信じて、全兵力をかき集めたナポレオンは、前衛のヴィトゲンシュタインに2:1攻撃を敢行します。勝てないまでも、せめてもの意地を見せたいところでしたが・・・結果は、またもA1D1(相互損害)。

画像

泥沼の混戦に陥っている間に、シレジア方面軍が大挙して警戒線を越え、もはや挽回不可能に。この事態に、ナポレオン麾下の将軍たちが戦意を失い、従軍を拒否したことで、フランス軍の投了で幕を下ろしました。

画像

はじめての対戦でしたが、このゲームは面白い!強力無比ながら絶対数が足りないフランス軍と、数を頼りにナポレオンがいない戦線で押し上げる連合軍の対比が、実に見事です。慣れれば、2時間はかかりませんし、ご希望の方がいたら、いつでもインストしますよ〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
シレジア方面軍とボヘミア方面軍の表記を間違えていたので、訂正しました。

それにしても、損害上等で強行軍を仕掛けるシレジア方面軍は、速い!神速ブルッヒャーです!
mitsu
2011/12/20 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪鬼のごときボナパルト!幾度でも立ち上がるブルッヒャー!〜赤い夕陽のナポレオン(CMJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる