歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 鉄人に立ち向かうには、知恵とツキのみ!〜バルジ大作戦(CMJ)

<<   作成日時 : 2011/12/27 22:23   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

午後になったところで、作戦級の鉄人−Das Reichさんからお誘いを受けていた「バルジ大作戦」(CMJ)をプレイすることに。忘年会までは、ギリギリかと思われましたが、せっかくのチャンスなので、行けるところまでと、スタートします。陣営は、前回と入れ替えで、mitsuがドイツ軍で、Das Reichさんが連合軍です。

画像

ところが、Das Reichさんは、連合軍は十数年ぶりということで、いわゆる「ベスト・セットアップ」を忘れていたそうで。で、とった作戦が、中央の強化策です。普通は第99師団地区に配置する騎兵連隊を第106師団地区に配置します。これに対し、ドイツ軍は頭から罠に突っ込む「鹿内プラン」(第5装甲軍のサンビット方面集中)を選択します。前回の敗退から、ちょっと意地になっていましたね〜。

画像

それでも、drがよければ何とかなったんですが・・・第1ターンの攻撃が悉く、攻撃側に損失ばかり。第1SS装甲師団のEx2に、LehrのA2など、すでに厳しい展開に。しかも、肝心の敵は、オプション・リトリートで悠々と逃げていきます。

画像

第2ターンに、ハイトが1ヘクスずれで降下して、ちょっとは持ち直しますが、南部が全然、進まないのを見て、いきなり、第10機甲師団が反撃に出る始末!こりゃ、サンビットも抜けずに、惨敗か?

画像


画像

が、好事魔多し。第2ターンの連合軍の反撃で、Ex2が出て、南部に穴が開きます。第3ターン、スコルツィーニ部隊の先導で、装甲擲弾兵師団が突進し、バストーニュに隣接!これで、南部の戦線全体が動揺します。

画像

北でも、薄くなったシューネアイフェイル高地を、SS装甲軍が力押しで突進します。

画像

が、なおも屈強な連合軍は、冷静にバランスを見極めると、前線を強化し、突破を許さない布陣をします。

画像

第4ターン、相対的に兵力が回しにくい北部で、正面攻撃とモンシャウの強襲を行い、これに成功。北部の幹線道路を突進した第2SS 装甲師団が、一気にオイペンを抜き小規模の突破に成功します。

画像

そのまま、連合軍の防衛線を排除して、ヴィルヴィレを占領します。が、これで、イギリス軍の制限が解除された連合軍は、機甲兵力を持って、スパから反撃に出て、北部は混戦状態に。

画像

と、残念ながら、ここで時間切れ。もし、続けても、連合軍のサドンデスはないでしょうが、Das Reichさん相手に60VP到達はかなり困難でしょうね。第2ターンの「僥倖」がなければと、冷や汗ものでした。いやー、やっぱり、作戦級の鉄人は、尋常ではないですね〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鉄人に立ち向かうには、知恵とツキのみ!〜バルジ大作戦(CMJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる