歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 突入のタイミングが、全てを決する!〜本能寺への道(GJ) 

<<   作成日時 : 2011/11/13 12:21   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は比較的に出足が早く、11時前には4人が集合しました。そこで、kawaさんが来る前に、軽くマルチをということで、「本能寺への道」(GJ) を対戦します。

前回、柴田を受け持ち、上杉に蹂躙されたsawadaさんは、「柴田以外!」と、チット引きにも力が入ります。念のため、一度掴んだチットを離して、引き直したところ、「見事」に柴田!!「さすが、不運の魔術師!」と、みんなで大笑いです。

画像

担当する陣営は、以下の通りです。
明智(エンジョウ)
柴田(sawada)
徳川(Tommy)
羽柴(mitsu)

第1ターンは、比較的ゆるやかな滑り出しをします。各陣営とも兵力を増強し、影で操る大大名をてこ入れします。最強の「敵」上杉は、いつもどおりの南下を初めます。プレイヤー側では、唯一、徳川(Tommy)が遠江に支配を広げます。

画像

第2ターン、鬼が来る前にと、柴田(sawada)が乾坤一擲の攻撃に出ます。目標は、上杉!いつにない積極策が効を奏し、かなりの損害を受けながらも謙信を敗死させます。早い段階なので、回復も可能で、逆に後背に敵がいなくなった柴田(sawada)は、地理的なアドバンテージを握ることに。

画像

迎えた第3ターン、それぞれ、兵力が飽和状態になり始めた各陣営は、信長の首を狙って、突入準備に入ります。一番先に動いたのは・・・史実通りに、明智(エンジョウ)でした。時期的にはちょっと早かったのですが、第1ラウンドに「時は今!」と言いながら、京に乱入!見事に、「上様」を討ち取ります。そのまま、兵力を増強し、居座り勝ちをめざします。

画像

これに対し、他のプレイヤーが一斉に攻撃に出ます。柴田(sawada)が増強した本願寺を嗾け、上京させ、明智(エンジョウ) の兵力を削ります。羽柴(mitsu)は北摂津の中立勢力を撃退し、突入準備を整えます。 徳川(Tommy)・柴田(sawada)も上限一杯の兵力を蓄え、次ターンに備えます。

画像

いよいよ、終了判定が始まる第4ターン。ここにきて、にわかに足の引っ張り合いが始まります。羽柴(mitsu)の暗躍で、北条勢が三河に進行し、徳川(Tommy)の領地を削ります。と、今度は、柴田(sawada)が毛利を嗾けて、播磨へ。突入目前だった羽柴(mitsu)は、熟考の末、逆「大返し」で播磨にとって返し、毛利勢を殲滅します。

これにより、裏切り者の明智(エンジョウ) のいる京に突入できるのは、柴田(sawada)だけになります。織田軍団で最大の打撃力を持つ柴田勢ですが、敵側の明智も十分な守備兵力を持っています。両者の激突は、やや柴田有利なものの、膠着になります。

画像

ここで、ゲームが終われば、明智(エンジョウ)の逃げ切りでしたが・・・drは微笑まず、ゲーム続行に。

第5ターン、補充で兵力を回復した明智(エンジョウ)に対し、柴田(sawada)が北陸で集めた援軍を持って、京へと乱入します。ほぼ、互角の勝負でしたが、sawadaさんの悪運が災いして、光秀の討ち取りならず。

ここで、順番は羽柴(mitsu)!突入するのは、今しかない!忠義ものの柴田(sawada)が残っているので、反逆状態になりながらも、秀吉軍が京へと突進。見事、明智を討ち取り、「上様」の仇を討つとともに、京の支配権を手に入れます。

画像

最後に残った徳川(Tommy)が、全勢力で京へと突入してきます。目指すは、秀吉の首。が、羽柴軍も粘りの戦闘で、半壊しながらもこれを防ぎ、京の支配を守り続けます。

画像

と、ここで、運命の終了判定・・・結果は、「4」でゲーム終了。漁夫の利を得た羽柴(mitsu)が、5VPで勝利しました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
突入のタイミングが、全てを決する!〜本能寺への道(GJ)  歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる