歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ひろい部屋だと、なぜか広々?!〜10月の千葉会に行ってきました

<<   作成日時 : 2011/11/01 23:24   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

気がつけば、11月。まともにソロもできない多忙さを恨みつつ、そういえば、千葉会参戦のアップをしていなかったと、思い出しまして・・・。ありゃ、3週間以上、経っていたんですね〜。遅まきながら、AARです。

画像

すっかり気候もよくなった土曜日に、常盤平の千葉会へ行ってきました。会場が広いと・・・のジンクス通り、ひろい和室でゆったりとプレイができました。まあ、いつものちはら会並みなんですが・・・(笑い)。

エポック・クラッシックスの猛者エンジョウさんが来ていたので、「駆けつけ一杯」ならぬ「駆けつけバルジ」を始めます。この対戦は定期的になっており、CMJの再版ですがもはやユニットがすり切れ始めています。そろそろ、JWCで発売してほしいものです。

画像

今回の対戦は、mitsuがドイツ軍で、エンジョウさんが連合軍を担当です。エンジョウさんの布陣を見ると、得意の「第4師団戦区解放策」です。早期突破を防ぐ1個連隊を残し、残りは北へ。バストーニュへの通過点となるクレルヴォにも、1個連隊を回し、南部を強化しています。

こりゃ、生半可な攻撃では、ロスが出る。そう判断したドイツ軍は、集中には集中の論理で立ち向かいます。7個装甲師団をサンビットから北に投入する、いわゆる鹿内ギャンビットです。一気に中央を抜いて、突破を目論みましたが・・・。

序盤のdrは、壊滅的!!中央の5:1攻撃以外は、全て、攻撃側がステップロスの結果に!損害吸収用の歩兵を活用したにもかかわらず、第1ターンだけで装甲が5ステップを受ける大損害に、立ちくらみがします。「ミューズ河に着く頃は、装甲師団は消えてなくなってるんじゃ・・・」

画像

まあ、AoptやEXで敵を除去できたのは幸いで、第2ターンに、どうにか前進を果たし、攻撃を続けます。逃げ遅れた歩兵を包囲殲滅し、主力はサンビットへ。第2次攻撃の強襲は3:1となり、結果はD2!10振り目で、初めていい目が出ました(笑い)。

画像

いいことは重なるもので、ハイトが確率を無視して、降下成功し、空挺増援の足止めに成功します。

画像

第3ターン、ドイツ軍は、薄くなったサンビット防衛線を、全力で叩きます。最高比率でもD2A1で損害が生じましたが、どうにか陥落させることができました。この余波をかって、第2次攻撃でマルメディに2:1攻撃をかけましたが、またもやA2と損害過多・・・。またも悪夢の始まりか?!

画像


画像

嫌な流れを断ち切ったのは、伏兵のスコッルツィーニ特別班でした。要所要所に配置されたコマンド部隊が、連合軍の増援を惑わし続けます。機甲ばかりか、やむなく投入した空挺兵もデマに翻弄され、実に5個連隊が一時、「路頭に迷う」ことになります。

画像

これだけ打撃力が低下すると、スコッルツィーニによって生まれた空白にかけるしかない!第4ターン、正面を迂回した装甲師団は、全てがスパ側面に展開し、総攻撃をかけます。戦闘は激しく、Aoptで6ステップが損耗(!)するなど、ボロボロになりながらも、ついにスパを包囲することに成功します。

画像

ここで、エンジョウ連合軍が選んだ手は、包囲下からの突破攻撃!「ジリ貧になるくらいなら、一発にかける!」と、危ない先物取引のような(?)2:1反撃でしたが・・・結果は、A1RとA1と最悪に。どうも祟られているのは、ドイツ軍だけではなさそうです(笑い)。

画像

第5ターン、完全に北部戦線を突破したドイツ軍は、イギリス軍が来る前にと、スパとヴェルヴィエに猛攻をかけます。これにより、北部戦線は完全に崩壊。

画像

第6ターン、一部の部隊がミューズ河で足止めを行っているうちに、残存部隊の掃討にかかります。最後のなけなしの防衛線を蹂躙すると、10個連隊相当の歩兵を補給切れに追い込みます。さらに、北方からの突破を行い、敵の機甲増援をスポイルします。

画像

止めは、マルッシュの包囲攻撃。歩兵による3:1攻撃が、まさかのD1Rとなり、ここも陥落しました。この時点で、予想VPは80を越え、北部の増援はほぼ枯渇状態になってしまいました。連合軍のモラルが崩壊し、ドイツ軍の勝利となりました。

画像

「第2ターンの時点では、絶対に勝てると思ったのに・・・」好事魔多し。あれだけ損害があっても、敵を除去できれば、(ギリギリ)なんとかなった一戦でした。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひろい部屋だと、なぜか広々?!〜10月の千葉会に行ってきました 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる