歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS あっという間の戦線崩壊・・・〜バルジ大作戦(CMJ)

<<   作成日時 : 2011/07/19 21:40   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

全く勝てないDOMINIONを堪能した後で(笑い)、「本格的なSLGがしたい!」とsawadaさんを誘って、「バルジ大作戦」(CMJ)をプレイしました。簡単なゲームが続くと、ハードなアイテムをプレイしたくなるんですよね〜。陣営は、mitsuがドイツ軍で、sawadaさんが連合軍です。

セットアップですが、sawadaさんが取ったのは、南部のクレルボー強化策でした。クレルボー前面の配置をずらして突破を防ぎ、かつ、第4師団の1個連隊をクレルボーに置くことで、バストーニュを守り抜こうという作戦です。

この初期配置だと、生半可な兵力投入では南部を抜くことができず、相手の思うつぼです。そこで、敵が集中ならば、こちらも集中と、全装甲師団を中央に集める鹿内ギャンビットを実行します。両端が堅いならば、中央を食い破って、どちらかを呑み込む作戦です。

第1ターン、北部は機械化騎兵の活躍で一時、ドイツ軍の足を止めるものの、ドイツ軍の集中攻撃が成功し、中央部に大穴があきます。

画像


画像

これに対して、連合軍はサンビットに1個連隊を残し、曲がりなりにも戦線を引きます。中途半端だったのは、第9機甲師団をサンビット後方にスタックして置いたことです。

画像

第2ターン、薄くなった中央部を、装甲の嵐が襲います。第5装甲軍の歩戦連合の強襲で、サンビットがあっさり陥落。

画像

第2次移動で第6SS装甲軍の2個師団も飛び出し、中央部で突破を果たします。連合軍にとって悪いことに、第2次移動で第9機甲師団が包囲される羽目に。

画像

一方、ハイトは戦略的な目的でSW付近の浅い森に降下し、連合軍空挺師団の到着を妨害します。

画像

前線兵力が足りない連合軍は、後方のコマンド部隊を、機甲で排除しながら、トロワポン〜エルゼンボルンにかけて、戦線を引きます。が、1ユニットで防御せざるを得ない箇所もあり、戦線は不安定です。

画像

第3ターン、薄い戦線に対し、ドイツ軍の6個装甲師団が襲いかかります。結果、中央部分が崩壊し、ここから突破と両翼展開が発生!先の第9機甲師団に加えて、さらに2個スタックが包囲され、戦線は崩壊します。

画像

また、南部では、守り手を失ったバストーニュが、1個装甲師団の突進であっさり陥落し、連合軍はかなり厳しい状態になりました。

画像

このままだと、次ターンのスパとヴィルヴィレの陥落は確実で、おそらくミューズ河まで突破できることに・・・。南部防御ばかりか、北部も崩壊したことで、投了となりました。連合軍は駒捌きと兵力展開を誤ると、一気に劣勢になります。これが、このゲームの特徴ではあるんですが・・・。

ということで、いっこうに再版の兆しの見えない「バルジ大作戦」(CMJ)ですが、残して欲しい古典ということで、いつでも対戦希望を受けたいと思います。きたれ、バルジの強者よ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あっという間の戦線崩壊・・・〜バルジ大作戦(CMJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる