歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS シンプル故に、一手一手が悩ましい佳作〜セダン・キャンペーン(CMJ)2戦

<<   作成日時 : 2011/05/08 09:02   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 4

オフ会2日目は、常連のTommyさんが来宅して、二つのゲームを対戦をしました。緒戦は、事前に相談してあった「セダン・キャンペーン」(CMJ)です。

画像

時期は、南北戦争の直後の1870年で、かなり一方的な戦争だった普仏戦争の序盤戦を描いたものです。基本ルールはいわゆるNAWシステムで、極めてシンプルです。これに若干の特別ルールを加えて、戦役全体をシミュレートしています。

陣営は、Tommyさんの希望でプロシア軍を、mitsuがフランス軍を担当します。

第1ターン、プロシア軍は、北・中央・東で、3:1−4:1の確実な戦闘比で攻撃をかけます。が、包囲した1箇所を除き、DRとなり、フランス軍にほとんど、損害を与えられません。

画像

予想以上に部隊の自由を得たフランス軍は、ストラスブールに2ユニットを籠城させ、ここを難攻不落にします。

画像

第2ターン、プロシア軍は逃げ残った部隊を包囲しますが、1箇所でEXが出るなど、不調です。敵の除去を優先したため、展開が遅れ、今だ、国境線付近に留まります。

画像

第3ターン、プロシア軍は全域での攻勢を諦め、Forbach付近に兵力を集中し、1:1攻撃をかけます。これは成功したものの、前進した部隊が反撃を受け、戦局は膠着します。

画像

この時間を利用して、フランス軍は進撃路をスタックで抑え、ザール川沿いに堅固な防衛線を引きます。

画像

第4ターン、このままでは埒があかないプロシア軍は、北部で強行に出ます。あらん限りの兵力を集中し、2:1以上を立て、DL1などフランス軍を圧迫します。

画像

折しも、戦闘チットで「全面退却」が来たので、フランス軍は敵ZOCを離脱し、北部で後退します。

第5ターン、戦線が広がったフランス軍を、プロシア軍主力が押しまくります。損害こそ与えられないものの、DRを連発し、ついに荒地から敵を押し出します。

画像

これに対し、フランス軍親衛隊が反撃を行いますが、他の部隊が敗走したため、親衛隊のみが突出する形に・・・。まずい!ナポレオンV世が包囲される!

画像

第6ターン、この機を逃さず、プロシア軍は皇帝と親衛隊を包囲!3:1の戦闘で奇跡は起こらず、退路を失ったフランス親衛隊は壊滅。おお、場所は違えども、史実通り、ナポレオンV世が降伏してしまいます。これで、以後の戦闘では、全て、プロシア軍有利に1シフトすることに・・・。

画像

フランス軍は全軍の撤退を開始し、メッツを中核としたモーゼル川沿いの陣地へ撤収します。

画像

第7ターンの前哨部隊の排除の後、第8ターンから、プロシア軍によるモーゼル川陣地への強襲が始まります。

画像

第一撃は耐えたものの、第9ターンに、ついにメッツの南北で防衛線が破られます。が、すでに刻遅し・・・。

画像

残り1ターンとなり、メッツとナンシーに最大スタックを入れたことにより、もはや、攻略は不可能に。この時点で、フランス軍の勝利が確定しました。

画像

プロシア軍としては、確実な攻撃にこだわり、多くの敵に自由な機動を許したのが、敗因でした。多少のリスクを犯しても、積極的に戦闘を仕掛け、フランス軍を拘束する必要があったようです。

初対戦ながら、2時間弱で済んだので、陣営を入れ替えて、第二戦に移ります。

mitsu率いるプロシア軍は、先の戦訓を取り入れて、積極攻勢を仕掛けます。2:1以上ならばもちろん、1:2以上が立てば、果敢に攻撃を仕掛け、DRと戦闘後前進で、敵を拘束する作戦です。

セットアップは、東方重視策です。まず、ストラスブールを主力で攻略し、その後に北部及び中央部に転用して、敵の撃滅を図ります。

画像

第1ターン、先の作戦に沿って、東部でハイオッズの攻撃をかけ、北部及び中央部は、拘束目的の牽制攻撃に努めます。結果ははぼ理想的な展開に・・・。

画像

東部で包囲攻撃と最高比率攻撃で、2ユニットを除去し、北部及び中央部では約半数の戦闘で拘束に成功します。

続く、フランス軍ターンに、低比率戦闘を強要された2個師団が壊滅し、早くも4個師団が昇天します。

画像

第2ターン、中央部で逃げ遅れた1個師団を包囲殲滅しながら、プロシア軍主力は4:1でストラスブールを強襲します。惜しくも膠着となりますが、牽制で行った中央部の攻勢が成功し、敵を引きつけます。

画像

フランス軍の反撃も失敗し、中央部でも戦線を押し込むことに成功します。

画像

第3ターン、さらに戦力を増強したプロシア軍主力が5:1で、ストラスブールを攻略。北部及び中央部では、増援を注ぎ込んだフランス軍と一進一退の攻防が続きます。

画像

第4ターン、南部と北部で戦果が挙がります。主力は転用中でしたが、ザール川南方を守備するフランス親衛隊を、プロシア軍主力が撃退。親衛隊は反撃も失敗し、ザール川防御陣地を失います。

画像

北部では、増援も投入した猛攻で、2:1にもかかわらず、2ユニットを除去(DL1)!これに対するフランス軍の反撃がことごとく失敗し、荒地の拠点を失います。

画像

第5ターン、ほとんど地形効果を失った敵に対し、転用を終えた主力も加わり、プロシア軍が猛攻をかけます。南部こそ、攻撃に失敗するものの、北部の攻勢は冴え渡り、2ユニットを除去し、一部はモーゼル川の渡河に成功します。

画像


画像

早くもメッツの危機に直面したフランス軍は、南部に騎兵スクリーンを張って、時間を稼ぎながら、に撤退。かき集めた部隊で、どうにか、プロシア軍の橋頭堡を押し返すことに成功します。

画像

第6ターンにメッツ前面の平地のスクリーンを排除し、第7ターンにプロシア軍はメッツの南北で全面攻勢に出ます。北から南まで5箇所の攻撃は全てに成功し、2ユニットを除去した上に、4箇所で橋頭堡を築きます。

画像

第8ターン、決壊したモーゼル川防衛線を突破し、残敵を掃討しながら、各部隊はヴェルダン及びセダンへと向かいます。

画像

もはや、フランス軍にこの流れを止める部隊はなく、かろうじて、ヴェルダンに1個師団が立てこもるだけに。

第9ターン、ヴェルダンに対し、プロシア軍の奔流が襲いかかり、これを攻略。さらに、追撃でセダンまであと一歩に迫ります。この時点で、セダンの失陥は確実になり、フランス軍の降伏で幕がおりました。

画像


画像

普仏戦争というマイナーかつ一方的な戦争ですが、非常に簡単なルールで見事に描いた作品です。ご希望があれば、いつでもちはら会でお相手しますよ〜。

なお、この対戦で、ナポレオニックのジャンルのプレイ率が40%を越えました。ジャンル別記事を更新しましたので、そちらもご覧ください。
http://chiharakai2005.at.webry.info/201001/article_5.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
皇帝陛下、万歳!〜香り立つ、ナポレオニック・アイテム
今年に取り組みたい新ジャンルの筆頭が、このナポレオニックです。戦史上、もっとも名高い人物−ナポレオン・ボナパルトの戦跡をたどるアイテムたちです。当然、キャンペーンから作戦級、会戦級、はては戦術級(!)まで、発表されていて、どこから手を付けてもOK。自分が所有しているものも、SLG界の花形−WWUに継ぐ、アイテム数です。 ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2011/05/08 09:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ところでtomyさん、出家されたのでしょうか。
ものすごくお似合いですが・・・
takoba39714
2011/05/08 14:06
ちはら会の新しい会則で、常連さんは全員、坊主と決まりまして・・・(うそ)。

リアル特典で、自動的に「進めば極楽」が適用できるというのは、いかがでしょう?(笑い)
mitsu
2011/05/08 21:13
そうなんです。これから参加する常連は皆坊主にせよ。との主命が・・・。
ウソです。私も20歳までは坊主でしたよん。
一応、アスリートでしたんでぇ。
得度せいやっ、と言われた?いのさん
2011/05/10 22:08
!アスリートって、初耳です。

何の競技を?? もしや、狙撃?!(笑い)それとも砲撃?
mitsu
2011/05/11 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
シンプル故に、一手一手が悩ましい佳作〜セダン・キャンペーン(CMJ)2戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる