歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS こちらが元祖?至極真面目なカード戦術級〜UP FRONT(HJ)

<<   作成日時 : 2011/05/07 09:17   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

この日はカードの日とばかりに、続いて、いのさん持ち込みの「UP FRONT」(HJ)をプレイします。お互いに数年ぶりの対戦です。そういえば、最後にプレイしたのは、やっぱり、いのさんだったような・・・。

久しぶりに勘所を思い出すために、基本シナリオの「パトロール」を対戦します。陣営は、mitsuが精鋭フィンランド軍。数は少ないものの、モラルが高く、かつ、指揮官がいなくても影響なし(!)という優れモノ。

画像

対するソ連軍は、やたら、数は多いものの、冬戦争の影響か、モラルは低く、カード枚数も少なめ(4枚)。

画像

フィンラド軍は士気が高いことをいいことに、ソロソロと接近して、射撃戦を挑みます。

が、後から考えれば、これは下策でした。優秀なモラルを生かして、白兵戦を挑めば、有利だったんですが、数が有利な撃ち合いを選んでしまい、イワンの十字砲火を受けて、被害が続出。あれだけ、優秀な分隊なのに、後一人でモラル崩壊まで追い込まれます。

画像

と、ここで遅まきながら、白兵戦に移行。浸透のモラルチェックを次々に決めて、慌てるソ連軍を刺殺していきます。が、刻すでに遅し。最後の山札が終わって、被害が5人:3人で、ソ連軍の勝利となりました。

画像

やっと、戻ってきたところで、いのさんお勧めの「バルジシナリオ」に移ります。mitsuのアメリカ軍は、地形修整−4のトーチカに籠もる歩兵分隊と対戦車班。いのさんのドイツ軍は、歩兵分隊に、クーニッヒ・ティーガー!後半には、アメリカ軍のAFVも駆けつける派手なシナリオです。

画像

序盤は、クーニッヒ・ティーガーが大暴れ!優秀な88をぶっ放し、対戦車砲を葬ります。が、どうしても、トーチカ内の機関銃を制圧できず、歩兵が近寄れません。

なんとか、敵の猛攻を凌いでいるうちに、ついに待望の機甲兵力−M4A3とM10が登場!主砲が故障したクーニッヒ・ティーガーに対し、M10が次々と命中弾を与え、ついに王虎を撃破!

こうなると、アメリカ軍の火力が物を言い、2台のAFVとトーチカからの射撃で、次々とドイツ軍が昇天していきます。ドイツ軍も負傷兵の白兵戦(!)で対抗しますが、やはり、時間切れで、アメリカ軍の勝利になりました。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最初のフィンランド戦はご愛嬌、次のバルジがホンマもんです。
このシナリオのSSRはドイツ軍適用ルールが多いので、ちょいと難儀です。
バルジでもバストーニュあたりかしらん。終盤の米軍増援が強力ですから。
序盤〜中盤の米軍プレイヤーのモラル低下が激しく、潰走するかと思いきや・・・、キングタイガーを葬ると俄然、モラルが沸騰!頭から吹き出るかと思いましたですがなぁ(笑)
いのさん
2011/05/10 22:20
だって、前半は対戦車砲は飛ぶは、トーチカ内も苦しくなるわと、クーニッヒにやられっぱなしでしたから・・・。「王」が活躍すればドイツ軍のモラルは上がるし、逆に仕留めるとアメリカ軍のモラルが上昇と、いろいろな意味でAFVは主役ですね〜。
mitsu
2011/05/11 23:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
こちらが元祖?至極真面目なカード戦術級〜UP FRONT(HJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる