歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 壮絶!京中心街の血みどろの剣戟戦!〜新選組始末記(WGJ)

<<   作成日時 : 2011/05/13 22:59   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

kawaさんとのレッドラ再戦を終えると、ちょうど他も切りが着いたので、せっかく来てくれたHAさんとの対戦に入ります。ウォーゲーム日本史の創刊号の「新選組始末記」(WGJ)です。前回の対戦が「東海遊侠伝」(CMJ)でしたから、これまた、変わり種の幕末アイテムになりました。

画像

陣営はdrで、HAさんが佐幕側で、mitsuが勤王側です。

第1ターン、いきなり、歴史が改変します。土佐脱藩浪士の龍馬、暗殺!新選組屯所から離れた相国寺に龍馬を派遣して、隠れ家でも作ろうかと思っていたところ、伊東甲子太郎率いる高機動グループが突入!拳銃をぶっ放せば、逃げられると思いきや、drが惨すぎ。「自慢のこいつを撃ったるきに!ほれ!・・・あれ、故障?!」壊れた拳銃を片手に、あっさり、斬り死にしてしまいます。

「はやい、早すぎるぜよ・・・」と放送初回にて、「福山」龍馬死す(笑い)。
画像


が、この隙に、京の東と南側を勤王勢が固めたため、VPはイーブンに。

画像

第2ターン、イニシアチブを取ったのは、勤王側。当然、後攻を選んだので、新選組は防御的な配置にならざるをえず、勤王側の跳梁を許します。鴨川の東と先斗町を抑え、さらに下鴨に隠れ家を設置したことで、VPが上昇!佐幕側はやむを得ず、土方副長の参内で多少は盛り返しますが、有利なはずの序盤に、敵に6VPのリードを許します。

画像

第3ターンも勤王が主導権を握ったので、佐幕側はイーブンにするのがやっとで、総VPは勤王側の7点に。このターンは、西陣で人斬り彦斎と永倉新八の間で、鞘当てが起こりますが、こちらも永倉の無傷撤退と、ほぼ引き分けに終わります。

画像

第4ターン、完敗しかねなかった佐幕側に、ついに主導権が来ます。会津藩邸に潜んだ沖田総司などの別働隊(別名.キラースタック!)が活躍し、先斗町と西側ばかりか、聖護院、大仏など、勤王側の拠点に迫ります。勤王側も、局中法度で伊東を引き抜こうとするものの、説得に合い、兵力差が埋まりません。遊郭3箇所を含む11エリアの占領により、佐幕側は一気にVPを取り返し、総得点は振り出しに戻ります。

画像

第5ターン、なおも佐幕側の攻勢は続きます。キラースタックによる御用改めにより、隠れ家が壊滅し、得点は佐幕側の9点にまで上昇します。中盤に来て、見事な盛り返しです。

画像

第6ターン、3ターン連続でイニシアチブを取った佐幕側は、一気に勝負に出ます。参内でボーナスを得るべく、岡崎・六角堂・下京に、3スタックを配置します。各スタックは、それぞれ、武闘派を配置し、強力でしたが・・・勤王側がとった手段は、兵力集中による乱戦討ち取り!

画像

新選組の軍事警察に逃げ惑っていた勤王側が、数を頼りに猛反撃に出ます。長・土・諸派の志士を2分すると、岡崎と六角堂に投入!池田屋事件並みの血なまぐさい衝突が、京都の中心街で巻き起こります。まさかと思っていた新選組は、対応が遅れ、倍に近い敵に囲まれ、次々に負傷していきます。その結果は・・・新選組の半壊でした。

画像

近藤と土方は負傷して逃げ延びたものの、参謀・組長級の7人が斬り死に!新選組の戦力は、一時的に半分以下にまで落ち込みました。身分が高い順に、伊東甲子太郎、原田左之助、齋藤一、鈴木三樹三郎、尾形俊太郎、武田観柳斎、谷三十郎、吉村貫一郎が死亡したために、いまだ、支配地は多いものの、3VPを失い、累積は佐幕側6点にまで減少します。

画像

第7ターンも勤王側の攻勢は続き、二条城での戦術的敗北はあったものの、支配エリア数で逆転し、VPは佐幕側3点にまで減少。が、この時に、参内ルールを忘れていて、本当なら、もっと楽になったはずでしたが、勝負は最終ターンに。

画像

第8ターン、気力のイニシアチブ・チェックは、勤王!まだ、どちらにも可能性があるので、文字通り、顔を洗って、熟考しまして・・・へとへとになるまで頭を使いました。このあたりが、このゲームが最もハードな中嶋作品と思っているところですが、閑話休題。

辿り着いた結論が、先制による機動防御!先に移動をして、辻々を抑え、新選組に決断をさせることでした。もとより、勤王側の方が機動力では優勢なので、敵の動きを見て、第二次移動で弱いところを確実に抑えれば、VP的には逆転サヨナラできるはずです。久々で鈍っていたゲーム勘が、最後に舞い降りてきたと、喜んでいたのですが・・・。

今度は、新選組が長〜い熟考に入ります。HAさんの顔は真剣そのもので、激しく思考しているのが、わかります。と、その対抗策は・・・なんと、新選組は後手からの機動攻勢!そう、佐幕派も可能な限りの兵力を辻々に集め、機動drにかけることに!

画像

こりゃ、久々に緊張しました。機動力では有利なのは分かっていますが、なにせ、[6]が出ることについては、戦国大名の悲劇以来、人後に落ちませんので(笑い)、drでは手が震えてしまいました。祈るような機動合戦の結果は・・・神の思し召しか、勤王側の勝利!

画像

勤王側は全ての機動に成功したのに対し、新選組は最大戦力の近藤組が、祇園祭に邪魔されてたどり着けず。その結果、最後の決戦となった先斗町の戦いで、倍する兵力を集めることができ、沖田隊に圧勝!討ち取りと支配によるVPで、見事、勤王側の逆転勝利となりました。

画像

ふ〜、危なかった。最後は、全然、「接待プレイ」どころではなく、痺れるようなガチンコ勝負でした。貴重な対戦をしていただいたHAさんに感謝します。また、いつか、「京の巷」で合いましょう!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
読んでる方にも疲労が伝わってきたでござる。
こんなときは先斗町か遊郭に居座りたいでござる。
その3
2011/05/14 04:07
基本の太平記システムと違って、移動の幅が大きいことが、「読み合い」の労力になるんでしょうね(たった、3エリアか、2エリアなのに!)

「行け行け、GOGO」にしたいならば、最上級者をスタックの上にしてそれ以外は見えない「戦場の霧」を入れると、いいかも?だだし、もっと凄まじい斬り合いになる可能性がありますね〜。
mitsu
2011/05/15 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
壮絶!京中心街の血みどろの剣戟戦!〜新選組始末記(WGJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる