歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の戦いは・・・きれいなまでの負け戦〜信長包囲戦(GJ)

<<   作成日時 : 2011/01/05 19:39   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

本格作戦級とお手軽ファンタジィーと、十分に楽しんだところで、最後にちはら会の定番とも言える「信長包囲戦」(GJ)を対戦しました。sawadaさんが希望で反織田側を、mitsuが信長側を担当しました。

第1ターンから、織田側に試練が来ます。カードを見ると、頼みの「突撃」がなし。やむなく、兵力の少ない浅井を攻めますが、drもつきがなく、痛恨の討ち漏らしとなります。

画像

ここで、敵方に「進めば極楽」でもあれば、サドンデスの可能性があったのですが、どうにか大丈夫と見越して「兵站の確保」で再攻撃。やっと、北近江を占領します。反織田側は、朝倉を能登に遷都させ、早くも武田を参戦させます。

画像

第2ターン、この時点でカード枚数は6:6のイーブンに。カードは、やっぱり「突撃」がなし。さらに、秀吉を「仮病」にされた織田側は、やむなく、別働隊の明智を、長島に突入させ、ギリギリでここを平定します。

画像

敵が畿内の平定に手間取っている隙に、反織田側は上杉を参戦させ、着々と畿内侵攻の準備を整えます。

画像

第3ターン、上杉、武田が稼働状態のため、下手な動きができない織田側は、とりあえず、越前に滝川一益を送り、様子を見ます。降ってわいたように2枚の「突撃」があったので、どちらかが畿内に侵入してきたら、カウンターをするつもりで待ちますが、誘い水には乗らず。

織田側が兵力を高めているうちに、今度は毛利を動かして、参戦状態にします。これで、早くも大大名が揃い踏みします。

画像

転機となったのは、第4ターンでした。カードは8:7と織田側が有利でしたが、反織田側は「足利将軍の謀略」をプレイ。先に「伊賀忍者の叛乱」で、小大名の交渉カードを破棄させると、間髪を入れず、「官位任官」で徳川を中立状態に!徳川を使って、駿河を押さえさせていたため、これは効きました。

画像

以後、カード枚数は、常に反織田側が有利に。なんとか、徳川を自陣営に戻そうとしますが、小大名の交渉カードが来ないか、来た時に限り、「伊賀忍者の叛乱」で破棄という、悪循環に陥り、膠着状態に。

もはや、畿内の機動防御しかできない織田側を知って知らずか、反織田側は着々と兵力を増強し、上京に備えます。その準備として、毛利が播磨を平定し、カード差は決定的な3枚に。

満を持して、反織田側が動いたのは、第8ターンでした。まず、上杉が全兵力を持って、越前を奪取。これに対し、信長本陣が「突撃」で逆襲し、9ヒットの損害と引き替えに、上杉勢を全滅させます。これで謙信を討ち取れれば、よかったのですが、ああ、痛恨の討ち漏らし。

このままでは、勝利はない織田側は、賭に出ます。武田の駿河攻撃で、徳川が織田側に戻ったのをきっかけに、一か八かの突撃命令で、甲斐に侵攻します。奇襲に驚いた武田軍は全滅しますが、ああ、またも武将は全て、生き残ってしまいます。

画像

第9ターン、東で敵と追いかけっこをしている隙に、西から本命が迫ります。まず、毛利が、山城に突入し、佐久間と激戦になります。事前に兵力を増強していたことと、佐久間の悪鬼のような戦いぶりで、どうにか膠着状態に持ち込みます。ならばと、今度は、本願寺が松永領経由で、南近江に!

さらに、猛烈な補充(drとカード)で、再建なった上杉軍が、再び、越前に舞い戻り、畿内は大きな危機に見舞われます。

画像

が「兵站の確保」が来なかった織田側は、十分な機動ができず、駿河を奪還して、最終ターンにかけます。

最終の第10ターン、もはや織田側に残された手は、越前・南近江の奪還しかない!すかさず、「突撃命令」を使って、かなり、消耗している織田本陣が、越前の上杉を強襲しましたが・・・drに振られ、撃破ならず。

画像

もはや、この時点で織田軍の勝利はなくなりました。せめて、1点でも近づこうと、滝川一益を増強しましたが、「仮病」で行動済みにされ、万事休す。結局、織田の支配地は7つで、きれいなまでの負け戦となりました。

う〜ん、やっぱり、織田側は難しいですね。まだ、感覚を研ぎ直す余地はあるかと思いますが、基本的な作戦は立てても、カードやdrの偏りで、どうにもできない状況に追い込まれることもあります。まあ、これもCDSの特徴でしょうが・・・今年は、それでも負けない織田側を目指して、頑張ります。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の戦いは・・・きれいなまでの負け戦〜信長包囲戦(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる