歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS オリジナルに敬意を表して・・・〜Tobruk(AH)S1「戦車対戦車」

<<   作成日時 : 2010/12/21 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

この日、唯一のヘクスゲームが、「Tobruk」(AH)です。そういえば、前回も「ドワーフの地下迷宮」だけだったような・・・(笑い)。

あえて、ATSではなく、「Tobruk」(AH)を選んだのには、理由がありまして。一つは、せっかく、所有したアイテムだから、きちんと成仏させたいということ。もう一つは、ステップアップ式のルールのため、覚えやすいということ。ASLに対抗しようというだけあって、ATSはルールが50ページ以上ですからね〜。

というわけで、地道に「Tobrukを成仏させる会」(?)のkawaさんと、シナリオ1「戦車対戦車」を対戦することにしました。陣営はkawaさんがドイツ軍で、mitsuがイギリス軍です。

画像

イギリス軍の作戦の基本は、可能な限り、側面を取られないこと。撃破表を見ればわかるように、イギリス軍のM3グラントの装甲は、大きく敵を凌駕しています。距離にかかわらず、ドイツ軍標準の50mm短身砲では、正面撃破は不可能。側面であっても、11ヘクス以内でなければ、撃破は困難です。

逆に、イギリス軍の37mm砲なら、射撃回数では優る上に(1ターンに最大6発)、致命的命中(2か12)を出せれば、3号H型を無力化または撃破できます。ありがたいことに弾切れルールはないので、中距離での撃ち合いに持ち込めば、あとは、時間が解決してくれるはず。

イギリス軍のセットアップは、左端から右斜め下に向けた「斜傾陣」。これは、正面から突入してくるドイツ軍に対し、可能な限り、側面を防御しようというものです。

序盤、両軍の戦車が、射撃位置を目指して、前進します。ドイツ軍がマップ端全域に広がって進入してきたので、グラントをそのまま前進させ、左翼では射撃戦に移り、右翼では向きを替えて、敵が接近してくるのを待ちます。

画像

イギリス軍が射撃を開始したのは、第3ターンでした。側面を晒して前進してきた中央付近のH型に対し、長距離での集中射撃を見舞います。これが、運良く、連続命中し、あっという間に1輌を撃破。さらに、3輌を移動不能に、1輌を戦闘不能にします。

画像

驚いたドイツ軍は、右翼の部隊以外は足を止め、射撃戦に入ります。が、先手を取られたこととイギリス軍有利な距離だったことで、中央から左翼のAFVは軒並み、キャタピラをやられて、移動不能に。

画像

ここをチャンスと見たイギリス軍は、堅い装甲を頼りに、左翼のグラントを前進させます。慌てたドイツ軍が、右翼から長距離砲撃を見舞いますが、移動目標のため、これを阻止できず。

画像

第7ターン、ついに側面に回り込んだグラントが、猛烈な射撃を開始します。発射速度の速い37mmと威力のある75mmで別々の目標を狙い、徹甲弾を発射!これが、V号戦車の側面に吸い込まれ、あっという間に4輌を撃破します。

画像

ドイツ軍がやっと長距離射撃を命中させ、グラント1輌を撃破するもの、刻すでに遅く、第8ターンに左翼隊はほぼ壊滅します。

画像

その後も、意地のドイツ軍は、戦闘を継続し、V号スペシャルの致命的命中で、1輌を激しましたが、これが限界でした。もはや、VP的に逆転は不可能ということで、ドイツ軍の撤退で終了しました。戦場には、3輌のグラントと引き替えに、16輌のドイツ軍AFVが屍をさらしていました。

画像


画像

勝因としては、イギリス軍が、側面を守りながら、適切な距離での撃ち合いを続けられたことでしょう。正面からの殴り合いならば、いつか、致命的命中が出せるため、時間は英軍の味方です。

逆に、ドイツ軍としては、中距離での射撃戦を選んだことで、不利を招いてしまったと言えます。数で優るドイツ軍ですので、遠距離から中距離で射撃を両翼に集中し、移動不能にしたところで、側面迂回で端から切り崩していく手があります。あるいは、はじめから損害覚悟で、一翼に突撃をかける手もありますが、dr次第のギャンブルでしょうね。

ともあれ、いかに堅いグラントを打ち破るかが、キーになります。できれば、今度は、ドイツ軍を指揮して、「42年の怪物」に挑んでみたいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今度は、上級ルールを入れてやってみましょう。

煙幕弾
APCR弾
車体サイズによる命中修正
乗員の脱出

上3つはドイツ側に有利なルールですが、
これだけ入れば、結構いい勝負になると思いますよ。
kawa
2010/12/28 00:16
>今度は、上級ルールを入れてやってみましょう。

ステップアップ式のため、先のルールは使ったことはありませんが、ドイツ軍は数が多いので、うまく運用すれば、グラントを圧倒できるかもですね。

どのシナリオまで行けば、出てきますかね〜。たどり着いたら、原点のS1に立ち戻ってプレイしたいですね。
mitsu
2010/12/28 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリジナルに敬意を表して・・・〜Tobruk(AH)S1「戦車対戦車」 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる