歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 二兎を追う者は、中立侵犯に泣かされる?!〜日露戦争(JWC)

<<   作成日時 : 2010/08/20 18:57   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

昼食後、ご新規さんのバルトロさんと日露の「中級将校」sawadaさんが、「日露戦争」で対戦しました。バルトロさんは日本軍で、sawadaさんがロシア軍です。中盤までは、sawadaさんが経験の差を生かして、日本軍をきっちりと押さえ込み、楽勝かと思われましたが・・・。

画像

「欲をかいて、前で守りすぎました」と述懐したように、遼陽まで守りきろうとして、部隊も土地も失う羽目に。それでも、ギリギリ、70点に行かず、勝てると計算していたようですが、ふと、盤端を見て、一言。「いかん、中立侵犯のペナルティを忘れていた!」

最終ターンの日本軍を終わったところで、VPはぴったり70点。なんとか、反撃で敵師団を除去して、67点で薄氷の勝利でした。最後の攻撃は1/6で失敗−敗北だったのですが、ギャラリーのみんなは、バルトロさんへの判官贔屓で「4が出ろ!」と祈っていました(笑い)。ああ、sawadaさんなら、きっちり、笑いを取ってくれると、思ったのに!(大笑い)

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 はい、山崎美鶴です。

 楽しいAARでした。対局者本人御両所のコメントも
頂戴したくありますので、御二人とも気が向いたら、
寄筆して戴けると有難いです。

 で、一言、Mitsu師〜〜、当方の私見ですけど、
Sawada氏は、現時点で「中級将校」じゃないですよ。
当方不在の場合、「山崎教室塾頭//教官代行」が
勤まる位の力量に成長しています。

 しかし、中立侵犯のギリギリ一杯がロシア軍側で
発生する、って云うのは随分と物騒な手順を執って
戦っていたんですなぁ・・・。誰の直伝なんだか・・・?(笑)

 まぁ、Sawadaさんの勝利は順当ではありますが、
バルトロさんもデビュー半年にもならない段階で
Sawadaさんを相手に終盤の猛攻が決まる処まで持ち込む
と云うのも凄いです。素晴らしい成長度ですね〜〜。
当方を含めた古参勢もうかうかしていられません。

 Mitsu師〜〜、「半年後」とか「数年先」なんて
言っていられません。『日露戦争』砥石を掛け直す
日程を大幅に繰り上げる必要が出てきたみたいですよ。

山崎 美鶴
2010/08/20 19:45
ども、バルトロです。

覚えてる範囲ですが感想など。
山地方面は当初、塞馬集から奉天方面に抜けることを考えておりました。
が、まさかの前進防御!
3-6を2個除去して向かった先は、抜けるに抜けない摩天嶺。計画通りに塞馬集方面に転戦も考えましたが、1T遊兵化してしまうため諦めました。
毎T3:1攻撃を繰り返すものの結局突破すること叶わず。

ここでsawadaさんのアドバイス。
「騎兵を少し前に出して、後ろに回り込むぞと圧力をかける使い方もあります」
なるほど!と思い、早速教えられた通りに騎兵を運用。が、次Tに囲まれて除去。
そりゃないよ、sawadaさん(笑)

つづく
バルトロ
2010/08/20 23:52
続いて旅順方面。

当初から重砲召喚を待って攻略するつもりでした。
南山、大連攻略後放置。師団2個もそのまま放置!そういえば塞馬集前面でも3-10相手に師団を対峙させたまま。あまりに大きい27戦力。この辺は運用に課題を残しました。

最後に悪魔の12T(笑)

遼陽を陥落させても69点と負けは確定でしたが、前T戦線整理のために攻撃したロシア騎兵が国境を越えて退却、これで70点。もちろん狙ったわけではなく、攻撃しとこうか程度の考えでした(笑)遼陽に籠るはヨーロッパ師団2個。3:1にもっていくため戦線が薄くなったところをsawadaさんが見逃すはずはなく反撃で3点を失い、結果67点で終えました。
バルトロ
2010/08/21 00:17
確かに、日露はいいゲームなんで、ぼちぼち、プレイはしているんですが、B級やマイナー級が忙しくって(笑い)。

エポック・クラッシックは、やり応えのある傑作が多いですね〜。その分、名人を通り越した「セイント」級の方も多くて、プレイ差が大きいのは、やむを得ないでしょうね。自分も「バルジ大作戦」は、ずいぶんとやり込んだものですが、プレイ時には選択肢をお伝えすることもあります。

自分も、このゲームはsawadaさんやエンジョウさんとなら、楽しめるんですが、それ以上はあんまり研究する気にならないんです。時期が来たら填るかも知れませんが、他のアイテムの成仏次第かな〜(笑い)。同じ日露でも「日本海海戦」ものに惹かれています。
mitsu
2010/08/22 11:22
>バルトロさんへ

遠方からはるばると、どうもです。好きなゲームを楽しんでいただけるのが、なによりですので、また、いつでもお持ち込みください。次は、おかしなB級も体験できますので・・・(笑い)。
mitsu
2010/08/22 11:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
二兎を追う者は、中立侵犯に泣かされる?!〜日露戦争(JWC) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる