歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 珍双六と国内唯一のミニュチュア・アイテム!〜ぶらりゲーマーの珍コレクション

<<   作成日時 : 2010/05/07 23:53   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「今回も、面白いモノを持って行きますよ〜」すっかり、定番となりつつある(?)ぶらりゲーマー田村さんの珍コレクションです。今回は、プレイはありませんでしたが、これまた、珍しい「シンガポール土産」です。

画像

まず、こちらは「昭南レース」(湘南にあらず!)という変形双六。スタートは、日本軍にシンガポールが占領された42年2月。drを振って、マス目を進み、蛇があると尻尾のマスまで後退し、はしごがあると一段上がれるというもの。当然、いち早く、ゴールに到着し、日本軍支配を抜け出した人が勝利です。

画像

これを制作しているのが、「旧フォード工場」。山下とパーシバルの降伏会談が行われた会場で、現在は記念館となっているそうです。ちなみに、本館前には、この双六の巨大版が設置されていて(!)、来場者自身が駒になってプレイできるそうです(笑い)。

画像

次が「SINGPORE1942」というミニュチュア・ゲーム。「シンガポールのイエサブ」にあたるゲームショップで販売されていて、約90シンガポールドル(6000円強)と結構な値段です。日本は未輸入ですが、アメリカやヨーロッパには輸出されているとのこと。おお、国内唯一のアイテムか?!

画像


画像

ユニットを見ると、ホーカー・ハリケーンに零戦、一式陸上攻撃機、はては各種の野戦砲まで、予想以上に細かく設定されています。なんでも作戦ボードごとにプレイをして、それをつなげると、シンガポール戦役になるとのこと。

画像


画像

現在、田村さんが和訳を制作中ということで、次回にはプレイできるかも?です。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
珍双六と国内唯一のミニュチュア・アイテム!〜ぶらりゲーマーの珍コレクション 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる