歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 突破、突破!!古典的作戦級は、包囲の嵐に〜独ソ電撃戦(CMJ)

<<   作成日時 : 2010/04/27 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昼食後に、それぞれが分かれて対戦に入ります。kawa・TOMMYのベテラン組は、珍しいアクチュアル夜間空戦ゲームへ。にし・sawada・ラスボス山アは、ちはら会では初の「日露教室」へ。

田村さんと自分は、古典的作戦級の「独ソ電撃戦」(CMJ)の対戦です。なんでも、OMEGA7さん制作の「北方軍集団1941」の連結ヴァリアントに向けて、「独ソ電撃戦」のプレイ感を高めたいとのことでした。詳しくは、OMEGA7さんのブログをご覧ください。
http://signalgames.blog51.fc2.com/blog-category-2.html

陣営は、ドイツ軍をmitsuが、ソ連軍を田村さんが担当です。まず、セットアップですが、ソ連軍は主力の戦車師団を温存するため、第一線を歩兵の捨て駒にします。ソ連軍の基本作戦であり、手堅い配置になっています。ただ、後方の予備部隊がミンスク周辺におり、前線との距離がありすぎて、遊兵化する畏れがあります。

画像

「世界に息を呑んでもらおう」第1ターン、ドイツ軍は圧倒的な兵力でもって、攻勢を開始します。アントライドですが、敵戦力の平均値を元に、できるだけ自動消滅になるように、戦力を配置。さらに、戦闘後前進による包囲を狙います。今回は、ソ連軍の戦力が平均値以下だけあって、ほぼ、目的を達成します。歩兵のみですが、12ユニットの除去に成功します。まずまずの滑り出しでしょう。

画像

「おや?」第2ターン、地形効果を生かすために、ソ連軍は思ったより前で守ります。これは、ドイツ軍にとっては、兵力差を生かすチャンスです(通常は足が遅くて使えない歩兵を、攻撃に参加させられるため)。

全戦線で飽和攻撃をかけながら、すかさず、ポイントになる地点に、装甲による集中攻撃をかけます。目標は、ポドラスキー!都市効果はあるといえ、わずかに1個戦車師団だったので、十分に目算はあったのですが・・・ここで高火力の7戦力!3:1に持って行くのがやっとで、drも優れず、C(膠着)の結果に。

画像


画像

第3ターン、それでも他の戦闘が効率よく行ったので、ソ連軍は前線を放棄して、後退に入ります。ドイツ軍はこれを追撃し、猛追撃をかけます。グロドノ−ペリョーザ線を突破し、北方で2個戦車師団を包囲下におくことに成功します。

画像

第4ターン、地形効果を利用するために、再び、立ち止まったソ連軍に、今度こそ、電撃戦を見舞います。南北共に、キーとなる拠点を、装甲の集中攻撃で撃破!そこから、機械化部隊が巧みな戦闘後前進を展開し、一気に敵主力を包囲します。その数、8個戦車師団!

画像


画像

第5ターン、あまりに多くの部隊を失ったソ連軍は、統一した戦線形勢が不可能に。後方の予備によって、バラノウッチ方面はどうにか阻止しますが、その他では完全に戦線が崩壊。ドイツ軍による大突破が始まります。

画像

第6ターン、中央平原を駆け抜けた装甲集団の先頭は、早くもミンスクに到達。騎兵部隊の奮戦(3戦力!)により、占領こそ免れますが、ほぼ、主要都市の占領が確実になります。包囲されたソ連軍も、意地のEX上等攻撃をかけますが、drが味方せず、自滅を余儀なくされます。

画像

あとは、完全な掃討戦でした。第7ターンに、ミンスクを含む全都市を占領すると、盤外への突破を目指して、さらなる前進。ミンスク方面こそ、ソ連軍増援の犠牲的展開によって、阻止されたものの、スルーツクを占拠した2個自動車化師団が、ついに盤外突破。ソ連軍のEX自爆攻撃も、成功せず、損害も皆無で、24VPという大量得点で、ドイツ軍が勝利しました。

画像


画像

ベテランらしく、田村さんの作戦は堅実でしたが、ソ連軍が前で守りすぎたことと、ちょっとした戦線の配置ミスによって、展開は一方的になってしまいました。このゲームでは、機械化部隊は戦闘後前進が2へクスできるので、地形効果よりも2ヘクス置きの戦線構築が重要だったりします。また、耐えられなくなったら、最前線は捨て駒で足を止め、歩兵が追いつかない後方で、戦線を再構築するといいかもしれません。

JWCで再販が予定されている本作ですので、また、機会を見て、プレイしたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
突破、突破!!古典的作戦級は、包囲の嵐に〜独ソ電撃戦(CMJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる