歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 偉大なる蒋経国総統の足跡を知ろう!(笑い)〜中華民国十大建設(国史舘)

<<   作成日時 : 2010/04/25 23:51   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

会場入りしてしばらくは、田村さんの大陸土産(?)や山アさんのPX(名古屋えびせん)などの話題で盛り上がっていました。11時前に前半組が到着した時点で、田村さん持ち込みの珍マルチゲームをプレイすることにしました。

その名も、「中華民国十大建設」(国史舘)。台湾中興の祖−蒋経国総統のインフラ整備事業を題材にしたもので、デタント政策で日米との関係が低迷した中華民国を、この事業の成功により、アジア有数の経済大国に押し上げた功績があります。

画像

これは、その業績を追体験(?)できる優れモノだとか?!なんといっても、発売元の国史舘が、こてこての政府系の団体ですので、国民党による国威掲揚(?)ゲームといったところでしょう。

画像

例えると、自民党が作る「列島改造論ゲーム」みたいなものでしょうか?(笑い)日本じゃ、一部を除き、まず、受けないだろうな〜(笑い)。

画像

システムは、至って簡単。順番が来たら、指定の数のダイスを振り、資源・資金・人材(モノ・カネ・ヒト)を獲得・累積します。同時に、モノポリーの要領で、「偉大なる」蒋経国総統がマップ上を動き、そこでのイベントを解決します。

画像

胆になるのが、指定マスでもらえる「技術カード」。ここには開発するための条件(資源・資金・人材)が記載されていて、成功するとVPをもらえます。十大事業の全てを開発するか、13年間(史実の期間)が過ぎると、ゲームが終了し、もっとも累積VPが多いプレイヤーが勝利します。「技術カード」には、他にもボーナスがあったりするので、これをどれだけ多く集められるかが、ポイントです。

画像

さらに、台風やオイルショックなどの社会イベントや、予算の再配分などの年次の国会イベントなどがあり、ゲームは極めてランダムな展開になります。さあ、あなたも、偉大な「中華民国十大建設」を学ぼう!(笑い)

画像

ゲームは、以下の陣営と順番で、スタートです。
青(田村さん)・紫(mitsu)・緑(sawadaさん)・黄(TOMMYさん)・赤(山アさん)

1年目は、みんな、資源の蓄積に走り、大きな動きはなし。蒋経国総統だけが忙しく、各事業の視察に走り回ります(笑い)。

成果が出始めたのが、2年目です。技術カードを獲得した青(田村)が、この開発に成功!北廻鐵道を整備し、7VPをゲットします。この事業の中心請負業者のmitsuも、小判鮫作戦で労せずして、1VPをもらいます。

画像

ここから、一気に開発競争が始まります。3年目に緑(sawada)が大造船廠を開発し、7VPを獲得。ラスボスこと赤(山ア)も台風の被害にもめげず、鐵道の電気化を推し進め、8VP。

画像

4年目に飛び抜けたのが、黄(TOMMY)で大型プロジェクトを成功させ、一気に12VPを蓄積します。反対に、技術カードが来ない紫(mitsu)は小判鮫の2VPのみと、出遅れます。

画像

5年目以降、コツをつかんだ各プレイヤーによって、競争は益々、激化!不運なイベントに苦杯を呑んだ赤(山ア)が、「やれる時にやっておかない」と、巨大プロジェクトを次々と完成し、一躍、トップに立ちます。

画像

これを受注不況から立ち直った青(田村)と紫(mitsu)が追いかけ、三つどもえの戦いに。6年目に入って、それぞれ、20点を超え、マッチレースを展開します。他の2人も、どんな案件でも入札し、なりふり構わぬ開発ラッシュで、これを追いかけます。

画像

そして、迎えた運命の7年目。十大建設の内、未開発の分野は、新国際空港のみ!もはや、リーチがかかった状態です。

ここで、飛び出したのが、赤(山ア)と青(田村)の2人。蒋総統視察がもたらす恩恵を片端から注ぎ込んで、12VPの大プロジェクトを完成。ともに、34点と一歩も引かぬ、展開です。

画像

他の3人も小さいながらも受注を繰り返し、なんとか、追いすがろうとします。その結果、資源と資金はあるのに、どこもかしこも、慢性的な人材不足に・・・。おお、人的資源に苦しむあたりは、大陸を追い出された中華民国らしいじゃないですか!見た目と違って、けっこう、真面目なシミュレーションかも?!(本当か?笑い)

画像

と、妙なところに感心していたら、ついに最終開発の新国際空港が登場!これをトップの青(田村)がなんなく完成させ、ゲームエンド。終わってみたら、まさにアジアン・ゲーマー田村さんの勝利でした。

画像

<終了時のVP >
1位48点…青(田村さん)
2位41点…紫(mitsu)
3位39点…赤(山アさん)
4位38点…黄(TOMMYさん)
5位35点…緑(sawadaさん)

というわけで、初の台湾製マルチゲームでしたが、思いの外、楽しめました。(制作上の政治的な匂いを除けば)ファミリーゲームとして見ても、十分に及第点でしょう。唯一の中国語マニュアルを読解し、インストいただいた田村さんに、感謝です。英文でも怪しい(?)地方例会ですから、こんな機会でもなければ、プレイできないでしょうね〜(笑い)。

次回の例会にも、新作(珍作?)を持ち込んでくれるそうですので、今から楽しみです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
偉大なる蒋経国総統の足跡を知ろう!(笑い)〜中華民国十大建設(国史舘) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる