歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 薩軍の気迫の突進!博多は見えたか?!〜西南戦争1877(GJ)

<<   作成日時 : 2010/03/18 22:47   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

この日、もっとも「ふつー」のSLGが、GJ誌の最新作「西南戦争1877」です。ゲームについての詳細は、以前のソロ記事をご覧ください。
http://chiharakai2005.at.webry.info/201003/article_1.html

「維新なら、わかります」というsawadaさんを誘って、対戦をしました。イニシアチブを握る薩摩軍をsawadaさんが、慣れが必要な政府軍をmitsuが担当です。

序盤は、薩摩軍の行軍drが振るわず、政府軍が優位に立ちます。第1ターン、わずか、2の行軍ポイントを消費して、薩摩軍が久留里まで進出したものの、後続が続かず。逆に6を連発する政府軍は、すぐに反撃態勢を整えて、久留里に押し出します。ここでは、支えきれずと、薩軍は田原坂を越えて、熊本に退却します。

画像

直後に政府軍のチャンスがやってきます。田原坂北方で機会を窺っていた政府軍のdrは「6」!すかさず、6個旅団が峠に殺到し、ほぼ同数の薩摩軍と戦闘に入ります。戦術的優位を持つ薩摩軍でしたが、1ステップしかない不平士族が多かったので、苦戦を強いられます。

画像

数次に及ぶ突撃の応酬で、お互いに疲弊した両軍でしたが、最後は政府軍の物量が押し切り、ついに熊本を占領します。消耗した薩軍は反撃を行うことができず、熊本城に政府軍の増援が到着し、これで官軍の敗北はほぼなくなります。

画像

それでも諦めない薩軍は、八代に主力を集結すると、隙を見て長崎を奇襲します。ここで不平士族を統合し、北上を目論みます。

画像

ところが、薩軍はまたもや低drが連続し、主力が足止めを受けます。この隙に、政府軍は八代を占領し、敵の退路を遮断します。これはまずいと、薩摩の3個大隊が舞い戻りますが、これが思わぬ敗北となり、長崎の主力は完全に袋のネズミに・・・。

万全の準備を整えた政府軍は、逃げ場を失った薩摩軍を長崎で圧殺し、ここに薩摩軍主力は崩壊します。

画像

二度の大敗で、もはや後がなくなった薩摩軍でしたが、ここからが真骨頂でした。座して死を待つよりは、と鹿児島を出立した西郷一行は、drに恵まれ、可愛岳経由で大分に到着します。と、ここで、主力の半数を再建し、かつ、北部の不平士族と合流。瞬く間に、一大兵力を再編します。慌てた政府軍は海路で小倉と博多を増強しますが、久留里を抑えた薩軍別働隊によって、長崎の主力は転進が遅れます。

画像

チャンスは、今しかない!西郷どん直率の薩摩軍が北上を開始します。兵力的にはほぼ互角でしたが、今回は気迫が違いました。「ちぇすとー!」の叫び声とともに突進した薩軍は、強力なdrを連発し、政府軍を圧倒!2度の会戦を勝ち抜き、ついに小倉を占領します。

画像

残るは、政府軍の最大の拠点−博多。これを落とせば、サドンデスです。ここには海輸で到着した官軍7ユニットが集結。相次ぐ激戦で兵力が2/3に減った薩摩軍でしたが、栄光の勝利を信じて、最後の突撃を敢行します。が、しかし・・・。

画像

これが、薩摩軍の攻勢限界点でした。博多に迫った薩軍に対し、満を持して政府軍が鉄砲を撃ちかけます。気力で前進を続けるものの、損害は耐え難いレベルに達し、ついに戦列が崩壊。3個旅団を道連れに、薩摩軍は全滅します。

反行を開始した政府軍に、小倉で包囲された西郷隆盛は、決死の逃避行−特別ルールを行い、鹿児島に帰還します。2個大隊を再編しましたが、刻すでに遅し。

画像

完全なる包囲陣を引いた政府軍が12個旅団で城山に殺到し、激烈な奮闘の後、薩摩軍は壊滅。腹部に銃弾を受けた西郷隆盛は自刃し、ついに西南の役は集結しました。

画像

sawadaさんは初プレイでしたが、「面白いですね」とのことでした。兵力的には劣勢な薩摩軍ですが、戦術的優位を生かして、かなり縦横に暴れることができます。一方の政府軍も数は多いものの、敵の機動に気を遣うことが多く、慣れないうちは結構、サドンデスを喰らうことも・・・。逆に、ある程度の経験を積めば、無尽蔵の増援で叛乱士族を圧殺できるので、慣れた側が政府軍を受け持つといいようです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薩軍の気迫の突進!博多は見えたか?!〜西南戦争1877(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる