歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 記録も取れない(?)激動の世界史!〜History of the World(RAGNAR BRO)

<<   作成日時 : 2010/03/18 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

例会の後半で、参加者が揃ったところで、moritaさん持ち込みの「History of the World」(RAGNAR BROTHERS)を5人でプレイしました。かつて、AHから出版された名作マルチで、文明の発祥から帝国主義の時代までを、わずか6ターンで駆け抜けます。RAGNAR BROTHERS版は、その最新ヴァージョンで、ルールがシェイプ・アップされているそうです。

画像

今回のプレイでは、なぜか時代の主要国が勃興せずに、妙な辺境戦争が多かったです。カルタゴは出てもローマがいなかったり、最強の蛮族−モンゴルが砂漠で寝ていたり、宗が興らず、中国が「千年帝国」になったり。これも、辺境戦線ちはら会の呪いか?!(笑い)

画像

また、プレイは、存分に面白かったのですが、リプレイ制作には困りました。あまりに展開が早すぎて、記録ができない!(笑い)よって、各プレイヤーごとの主要国と概要をまとめてみました。

1位(165点)…TOMMYさん  
[担当国]シュメール−カルタゴ−マケドニア−バイキング−スペイン−フランス
見ての通り、やたらと海運国が多く、世界各地に植民地を作って、VPを稼ぎました。じっと、2位をキープしながら、最後の最後にトップに躍り出て、勝利を獲得です(最終ターンに、トップのmoritaさんが2名の猛攻を受けたのも、効きました)。

2位(156点)…mitsu
[担当国]エジプト−アッシリア−グプタ朝−フン族−ムガール帝国−イギリス
エジプトに始まり、東征してインドまで行き、手堅い経営で2位に。VP増加の新興国より、前時代の帝国を温存することで、地道にVPを重ねました。最後は大英帝国の激烈な植民地争奪戦で荒稼ぎをしましたが、後一歩が届かず。 

3位(142点)…moritaさん
[担当国]アーリア−秦−マウリア王朝−唐−ポルトガル−ドイツ
アジア的専制君主から海運国、大陸軍国まで、まさに世界を股にかけた「世界史」。中盤で、モンゴルと宗が出なかったので(!)、第5時代までは圧倒的なトップでしたが、最終ターンの猛攻で苦杯を呑みました。でも、これぞ、マルチという、楽しいプレイだったことでしょう。

4位(132点)…sawadaさん
[担当国]ミノス文明−ギリシア−ササン朝ペルシア−セルジューク・トルコ−オスマントルコ−ロシア
moritaさんとは、対照的に地中海から中東までしか行かなかったMr.Small World!(笑い)なにも好きこのんで小アジアばかりでなくていいのに、マイナー一徹の国選びは、辺境戦士の真骨頂か?!最終ターンのロシアの東下政策が、首位争いに大きな影響を及ぼしました。

5位(106点)…たちばなさん
[担当国]周−ペルシア帝国−漢−フランク王国−インカ・アステカ文明−清
中国や内陸国家ばかりの陸軍国。巡り合わせが悪く、ちょうど他国の通り道になったため、興廃が激しく、得点が伸びず(インカ帝国だけが、平穏な時代でした)。sawadaさん同様、最終ターンのアジアの猛攻は、見事でした。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
記録も取れない(?)激動の世界史!〜History of the World(RAGNAR BRO) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる