歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS お手軽故の連戦で、第○次西南戦争?!〜西南戦争1877(GJ)

<<   作成日時 : 2010/03/28 10:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 8

最後にプレイしたのが、幕末維新ものの末期戦−「西南戦争1877」(GJ)です。正確には、帝国陸軍ものになるんでしょうが、やはり内戦の締めくくりという意味で、こちらにしています。お手軽系の好きなTOMMYさんも、乗り気です。

とりあえず、陣営は政府軍をmitsuが、薩摩軍をTOMMYさんが担当します。このゲームは、政府軍が厳しいので、慣れるまでは経験者が受け持った方がいいようです。

序盤、薩摩軍は定石通り、久留米まで兵を進め、博多・小倉のサドンデスを狙います。政府軍のdrがかなり厳しかったですが(ほとんどの行軍drが1か2)、薩摩軍も出遅れたため、とりあえずの危機を脱します。

画像

ある程度、兵力が整った段階で、久留米へ押し出し、これを奪還。薩摩軍は、熊本へと逃げていきます。

画像


画像

政府軍は、久留米を増強し、時々、熊本へ消耗戦を仕掛けながら、あとは数を生かした迂回攻撃で敵本営を追い詰めていく作戦でしたが・・・第6ターンに、とりあえずと、薩摩軍が行った熊本城強襲が、なんと1回で成功!あっという間のサドンデス負けでした。

画像

成功率は20%弱で、平均で5回はかかるはずなのに!どうなってるんじゃい!

まあ、運がなかったということで、すぐに第二戦に突入。さくさくと連戦がきくのが、このアイテムのよいところです。ところが・・・。

画像

「熊本城、行くね〜」前回とほぼ同様の展開で田原坂を挟んで対峙後、薩摩軍がおもむろに第一次攻撃をかけたところ、またもや悪夢の全弾命中!!そんな馬鹿な?!敵は間違っている?!20分もたたずに、2敗とは。

画像

「も、もう、1回!」このままでは引けない政府軍は、第三戦に突入します。今回は官軍の展開が早かったので久留米が落ちず、ここにハイスタックの拠点を作ります。そこから、別働隊を組織し、長崎経由で八代を攻略。数回に及ぶ攻防戦がありましたが、薩摩軍はここで不平士族隊を消耗し、敗北。熊本の敵主力と西郷本営が分断されます。

画像

政府軍は、さらに宮崎経由でもう一つの別働隊を南下させ、西郷本陣を追い立てます。早く熊本城攻めをしたい西郷軍ですが、どうしても行軍6が出ず。そうこうするうちに、西郷どんが遂に鹿児島に追い詰められます。

画像

迎えた終盤に、先手を取ったのは、政府軍でした。鹿児島に籠もる西郷本陣に対し、退路を遮断した上で、倍する兵力を叩きつけます。結果は・・・ついに巨星、墜つ。西郷の戦死により、やっと政府軍の勝利となりました。

画像

TOMMYさんいわく、「これ、面白いね」。今度は逆ということで、政府軍をTOMMYさんに、薩摩軍をmitsuに陣営を入れ替えて、第4戦に入ります。

画像

薩摩軍が取った策は、カウンターアタック作戦。最前線に薩摩軍のハイスタックを作り上げ、敵の攻撃を戦術的優位で凌いだ直後に、反攻するものです。これを成功させるには、敵が攻めざるを得ない位置を、先取する必要があります。ポイントは、交通の要衝の久留米です。

序盤、そこそこのdrに恵まれた薩摩軍は、熊本街道と長崎街道に先駆隊を急速派遣し、不平士族を統合して、久留米に一大スタックを作り上げます。政府軍が有利な体勢を待って兵力を温存している内に、次々と増援を久留米に流し込み、10スタックを完成。

画像

政府軍が行軍6で満を持して突入してきましたが・・・「チェスト!」薩摩軍のdrが冴えにさえ、政府軍を圧倒!損害は全て薩摩本軍で吸収し、全く除去なく、敵を殲滅します。

すかさず、博多に突入した薩摩軍は、この地の不平士族も統合し、かえって増加することに。

なんとか、これを排除したい政府軍は、別働隊で退路を遮断した上で、小倉から10ユニットの強襲をかけましたが・・・これが、再生を見るかのような展開に。薩摩軍の戦術的優位を覆せず、政府軍の戦意が崩壊。一部の部隊が退却を宣言しますが、薩摩軍が巧妙に久留米へと誘導します。結果、小倉には少数の守備隊だけが残る状況に。

画像

9ユニットが籠もる小倉に、10ユニットの薩摩軍が突入したのは、2ターン後でした。政府軍の死に物狂いの抵抗に、3ユニットが消滅しますが、白兵戦に持ち込んだ薩摩軍主力が敵本陣を蹂躙し、殲滅。拠点を失った政府軍は本土へと撤退し、西郷軍が(ゲーム上の)勝利を獲得しました。

画像

このギャンビットは填ると強力で、政府軍は多少粘ったものの、次の第五戦もほぼ同じ決着になりました。

画像

10枚スタックを作られると、政府軍には簡単には手は出せません。かといって、別働隊を組織しようにも、正面兵力を引く抜くわけにはいかず、使えて5〜6ユニットがいいところ。このくらいならば、薩摩軍の後方予備で十分に対処できます。もし、確実に防ぐならば、早期に久留米を奪還するしか、なさそうです。う〜ん、簡単だけど、思ったより奥は深いな・・・。

というわけで、ちょっと軽く、と始めたつもりが、気がつけば、5戦もプレイしてしまいました。まだ、見ぬ政府軍の必勝法(というより対処法)を捜して、しばらく九州遠征は続きそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さわやかな風、鮮やかな新緑・・・〜五月晴れの千葉会へ行ってきました
実に過ごしやすい五月晴れの土曜日に、松戸の千葉会に行ってきました。1月の参加以来、業務多忙だったため、4ヶ月ぶりです。会場が小さいと利用者が多い、ジンクス通りに(?)多数のみなさんが来場でした。 ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2010/05/20 22:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
MITSU様 私のデザインした西南戦争を何度もプレイしていただきありがとうございます。このゲームのおもしろさを十二分に引き出していただいているmitsu様に、西郷軍Hardバージョンをお知らせしておきます。「勝利条件の変更」西郷軍は熊本城を落としても勝利できません。「ルールの変更」@熊本城を陥落させた場合、直ちに政府軍の存在しないボックスにいるすべての不平士族が西郷軍ユニットになります。陥落した熊本城ボックスは以後両軍とも使用できません。A政府軍が鹿児島を占領している毎ターン、盤上の任意の西郷軍1ユニットを政府軍プレイヤーの選択で取り去り、補充ボックスに置きます。B西郷軍が防御側で戦闘になった場合、(最初に選んだ)最大6ユニットしか戦闘に参加できません。以上です。 現行のeasyバージョンでは西郷軍有利ですが、上級者同士の対戦では、Hardバージョンでのプレイをお勧めします。ゲームはよりエキサイティングになると思います。なお、このルールはGJ次号に発表しようと思っています。ご参考までに・・・
ソンシー浅野
2010/03/29 23:39
おお!(1)良いですね。(3)は何を表してるんでしょうかね。
mtj
2010/03/30 12:40
浅野さん、こんばんは。デザイナーさん、自らのコメントをいただけて、地方例会として、励みになります。「ローマン・トライアンフ」や「大艦巨砲主義」など、手軽で盛り上がるゲームも、よく楽しませてもらいました。

西南戦争の改定案、ありがとうございます。今度、試して見たいと思います。
(2)の制限は、鹿児島の重要性がクローズアップされて、よくわかります。(3)の参加ユニット制限は、過度のカウンターアタックを防ぐには、効果的でしょう。6ユニットというと、政府軍の飽和攻撃を受けると、薩摩軍はきついでしょうね。不確定要素を出す上でも、2d6のユニット数なども、試してみたいです。

最後に・・・
(1)の熊本城陥落が勝利条件に影響しないのは、個人的には寂しい気がします。勝利条件になんらかの関連があると、うれしいですが・・・(陥落後、10ターン以内に西郷を討ち取らないと、政府軍の負けとか)。

年度末で時期は未定ですが、プレイしたらアップしますので、今後もよろしくお願いします。
mitsu
2010/03/31 00:30
mitsuさんのご意見を伺い、もう一つの西郷軍Hardバージョンを考えてみました。「勝利条件」変更無し。「ルールの変更」@熊本城篭城軍の防御射撃は1hitで2ユニット除去とする。A政府軍が鹿児島を占領している毎ターン、盤上の西郷軍1ユニットを政府軍プレイヤーの選択で取り去り、補充ボックスに移す。以上 う〜ん。こっちの方が美しいですね。 
ソンシー浅野
2010/04/01 22:34
地方ゲーマーの独り言に耳を傾けていただき、恐縮です。

>もう一つの西郷軍Hardバージョンを考えてみました。「勝利条件」変更無し。・・・・以下、略。
 
確かに、こちらの案の方が「それらしい」かも?!

「@熊本城篭城軍の防御射撃は1hitで2ユニット除去とする。」
これは強烈ですね!!史実の大激戦が目に浮かぶよう。ハイリスクですが、追い詰められた薩摩軍には、ぴったりです。

近く、オフ会を予定しているので、プレイできたら、結果をお知らせします。
mitsu
2010/04/01 23:53
随分時間が経ってしまいましたが、コメントします。
mitsuさんの活発な活動がデザイナーさんの改善案につながっていますね。とても素晴らしいことだと思います。
これらの改善案も私なりに解析しようと計画しています。
デザイナーさんはもうここを見ていないかもしれませんが、一言。改善案があるのであれば、公式ページにも暫定案でも構わないので載せるべきと考えます。
私のブログにも関連事項を書きましたので、よろしければどうぞ。> 皆さん。

業務連絡:相互リンクもありがとうございます。ところでMAでメッセージを返信しましたが、届いているでしょうか?

松澤
2010/04/23 02:24
松澤さま、コメントをありがとうございます。改善案は、今のところ、効果よしです。また、ソロでユニットがすり切れ始めました(笑い)。あの「硫黄島」以来かも?!

詳細な研究をたのしみにしています。

>ところでMAでメッセージを返信しましたが、届いているでしょうか?

すみません、ご返信が遅れました。実は、以前のコメントがなくなっていて、送れませんでした。また、機会を見て、送らせていただきます。
mitsu
2010/04/23 21:43
早速のコメントとエール、ありがとうございます。
ユニットが擦り切れそうとは、コンポーネントたちも本懐だと思います。
私のは最近Vassalしかできていないこともあって、ややかわいそう。

業務連絡もありがとうございます。何かありましたらお気軽にご指摘ください。
松澤
2010/04/25 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
お手軽故の連戦で、第○次西南戦争?!〜西南戦争1877(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる