歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 噂に違わぬ、カードデッキゲームの大傑作!〜DOMINION(HJ)フルセット4戦

<<   作成日時 : 2010/02/16 21:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は午前中の出足がゆっくりだったので、開始時に来ていたたちばなさんが持ち込んだ「DOMINION」(HJ)をプレイしました。いわゆるドイツ系のカードデッキゲームなんですが、これが最高に面白い!ドイツ系ゲームの各賞を総なめにしたのも、頷けます。

画像

テーマは、中世ヨーロッパをモチーフにした勢力拡大です。屋敷(領土)3枚+銅貨7枚のデッキから、ゲームをスタートします。基本となるのはお金で、これを運用・拡充しながら、領土の拡大(購入)を図ります。面白いのは、領土カードはVP以外には(一部のアクションを除き)役に立たないこと。つまり、闇雲に領土を増やしても、手札の金銭が少なくなり、効率が悪くなります。

これを解消するのがアクションカードで、一時的に手札を増やしたり、金銭補助をしたり、効率よい運営ができるようになります。場合によっては、屋敷(領土)を抵当にして、金銭を増やすアクションなどもあります(笑い)。ランダム引きで不確実な金銭を使い、限りがあるアクションカードを、どの種類でどのくらいデッキに入れるのか、プレイヤーの企画力(と運)が問われます。

まず、第一戦は、たちばなさんとmitsuのサシの勝負。アクションカードがインフレ系が多かったので、自然とパワープレイに。

画像

鉱山を使って金銭価値を高めながら、議会の開催や橋の建築などで手番を増やした結果、次々と属州(VP6))を奪い合うハイレベルの展開に!

丁々発止のプレイの末、最後の属州を獲得したたちばなさんが、1枚差で勝利となりました。

画像

そうこうするうちに、3人が来場したので、みんなで第二戦に。今度はアクションカードが地味目なものや妨害カードが多かったので、やたらと屋敷を奪い合う低調な戦いに。

画像

海賊や民兵の襲撃を避けるために、全員が灯台を造って、守りを固めたり。例に挙げた、貧乏男爵が屋敷(領土)を抵当にして、金銭を増やしたり。

画像

結局、4山目となった屋敷が全て売り払われたところで、ゲームエンド(しわすぎる!笑い)。灯台で妨害を押さえながら、他人からの横取り(?)で効率的に属州を集めた、にしさんの勝利となりました。

画像

その後、いったん、「正しいSLG」をプレイに没頭した後(笑い)、終了前に手空きの4人が集まって、第2ラウンドへ。ここでも、新しいアクションカードが花開き、全く違った雰囲気で2戦が行われました。

2戦とも、冷静沈着な「ぶらりゲーマー」田村さんが勝利していました。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
噂に違わぬ、カードデッキゲームの大傑作!〜DOMINION(HJ)フルセット4戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる