歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリギリの部隊運用による、タイトな勝利!〜「BLUE&GRAY」(CMJ)CEMETERY HILL

<<   作成日時 : 2009/12/04 22:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

この日、もう一つの南北戦争アイテムは、最近、プレイを始めた「BLUE&GRAY」(CMJ)です。スタックできるNAWシステムの会戦級で、基本ルールはこれまたシンプル。が、シナリオによって、兵力設定や戦場配置が大きく異なるので、それなりのコツをつかむことが必要です。

画像

今回は、TOMMYさんの要望で、南軍最後の北部侵攻−CEMETERY HILLをプレイします。増援が来れば圧倒的な戦力を持つ北軍をTOMMYさんが、中盤以降の部隊運用が死命を分ける南軍をmitsuが担当します。

画像

序盤、初期兵力で優位に立つ南軍は、不用意に突出した北軍を包囲殲滅しながら、ゲティバーグに向かって進撃します。北軍が前進防御を選んだため、ペースは落ちましたが、一日目の夜を迎える頃には、市街地の一角に取り付くことに成功します。

画像


画像

翌2日目(第4ターン)、北軍は早くも逆襲をかけてきます。戦力の高い増援を正面からぶつけ、一時的に市街地を完全に奪還します。が、砲兵が到着していないため、犠牲攻撃ができず、一部の部隊が突出したままに・・・。

画像

苦しい南軍が、これを見逃すはずがありません。砲兵のソークオフを多用して、兵力を抽出すると、包囲した北軍に全力をぶつけます。地形効果もあり2:1攻撃が精一杯でしたが、果敢な攻撃精神が実を結び、敵の高戦力師団を複数、除去することに成功します。

画像

第5ターン、兵力バランスを崩した北軍に対し、南軍は主力を南方に迂回させ、増援展開路のキーポイント−CEMETERY HILL南方の丘を攻略します。

画像

第6ターン、北軍も必死に増援を展開し、ゲティスバーグへの道を開こうとしますが、正面攻撃のため、ペースは上がらず。この間に、北東部に分断された北軍に対し、南軍が全力を攻撃をしかけ、敵を駆逐。ゲティスバーグ市街地を完全に占拠します。

画像

第7ターン、北軍主力が、市街地西方で平押しの突進をかけ、ジリジリと前進。南軍もありとあらゆる戦術を駆使して、突出した先鋒を叩き、なんとか、そのまま、夜間へ。

画像

明けて3日目、強力無比な増援を整えた北軍は、戦力に物を言わせた猛攻を開始します。南軍の2倍近くに及ぶ高戦力師団を正面からぶつけ、市街地に肉薄。南軍も粘りますが、圧倒的な戦力差に押され、第10ターンには後衛を残して、ついにゲティスバーグ市街地から撤退をします。

画像


画像

南軍が最後に籠もったが、マップ北西部の丘陵地帯でした。これまで消耗を避けてきた主力を街道を抑える丘陵にスタック配置。後方には反撃のための予備師団と砲兵群を集結し、北軍を待ち受けます。

いよいよ、時間がなくなった北軍は、第11ターンにこの「大堡塁」に攻撃を掛けましたが、損害により損耗した兵力では2:1攻撃もできず。この要塞線を抜くことは難しい(南軍の殲滅はほぼ無理)ということで、終了となりました。

画像

最終的なVPは
北軍…144点(部隊の除去)
南軍…286点(部隊の除去266点と騎兵突破20点)
南軍の実質的勝利に(決定的勝利まで、わずかに2点足らず!)。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちはら会のもっともマイナーな戦線?!〜アメリカ南北戦争アラカルト
白状しますと、自分がもっとも関心が薄かったのが、古代戦とアメリカ南北戦争でした。そりゃ、アメリカでは、独立戦争以来でもっとも重要な出来事でしょうが、日本人にとっては、見知らぬ異国での内戦でしかありません。 ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2009/12/28 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギリギリの部隊運用による、タイトな勝利!〜「BLUE&GRAY」(CMJ)CEMETERY HILL 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる