歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS わかっちゃいるけど、止められない!血の抗争!〜Family Business(Mayfair)

<<   作成日時 : 2009/12/18 22:59   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「北斗の拳」が終わったところで、カード続きで、同じメンツで「Family Business」(Mayfair)に移ります。今年、もっともプレイしたカードゲームの一つで、ギャングの抗争というシュールな背景とさくさく進むテンポの良さが魅力です。

sawadaさん…黒の「殺人結社」
kawaさん…赤の「ニューヨーク・ギャング」
mitsu…青の「カポネ一家」

画像

序盤、初プレイのkawaさんが過激な抗争を仕掛けます。ヒットリストに3人が並んだところで、いきなり2人ずつライバルを消していく「復讐」! 「殺人結社」と「カポネ一家」が2名ずつを失いましたが、このままでは終わらないと、「ニューヨーク・ギャング」への殺人契約が続き、結局、全員が2名ずつの手下を失う展開に・・・。

画像

高い死傷率に怯むかと思いきや、第二の抗争も「ニューヨーク・ギャング」が仕掛けます。自分を含め、5人が並んだところで、最悪の「聖ヴァレンタインの大虐殺」!味方もろとも、一瞬にして、全ての「候補者」が命を落とします。なんてこった!2回の抗争で、早くも11人が鬼籍に入ります。

画像

[残りのモッブスター数]
黒の「殺人結社」(sawadaさん)…4人
赤の「ニューヨーク・ギャング」(kawaさん)…6人
青の「カポネ一家」(mitsu)…6人

さすがに、息が切れたのか、各ギャングとも慎重になります。殺人計画を立てるより、逃走や安全確保が頻発し、しばし、抗争は止まります。

再び、抗争が激化したのは、黒の「殺人結社」が放った一発の銃弾からでした。一番、追い詰められていたsawada家が、ヒットマンで「カポネ一家」の1名を狙撃!おいおい、恨みを晴らすなら、「ニューヨーク・ギャング」だろう!(笑い)

こうなると、軍拡ならぬ殺人契約が乱発し、気がつけば6人が壁際に追い詰められて、抗争開始!もっとも優勢な赤の「ニューヨーク・ギャング」が真っ先に狙われて、4名が死亡!続いて、黒の「殺人結社」も3名が殺され、もはや虫の息。唯一、被害が少なかったのが、うまく逃走に成功した青の「カポネ一家」で、1名が死亡・・・。

画像

[残りのモッブスター数]
黒の「殺人結社」(sawadaさん)…1人
赤の「ニューヨーク・ギャング」(kawaさん)…2人
青の「カポネ一家」(mitsu)…5人

終盤、「やっぱりトップを叩かないと・・・」と抗争に明け暮れていた「殺人結社」と「ニューヨーク・ギャング」が結託し、青の「カポネ一家」を攻めます。徐々に人数が減っていき、生き残りが6人となったところで、最終抗争が始まってしまいます。全ギャングとも、1〜2名を残すだけ。あとは、カードの巡り合わせ次第でしたが・・・。

画像

始めに壊滅したのが、赤の「ニューヨーク・ギャング」。黒の「殺人結社」が、「変装」(!)で「実は生きていた(死んでいた)」宣言!身代わりになった「ニューヨーク・ギャング」が全滅します。

これで、残りは「殺人結社」と「カポネ一家」が各1名だけ。先に仕掛けたのは、勢いに乗る黒の「殺人結社」でした。残った一人に対し、「殺人計画」!通常でしたら、これで勝負有りでしたが・・・青の「カポネ一家」がおもむろに出したカウンターは、最強の返し技−「Mob Power」!!「死ぬのはおまえだ!」

画像

「殺人結社」最後の一人が返り討ちに遭い、「カポネ一家」が「勝利」しました。でも、生き残りはたった一人だけ(26人が死亡!)。たぶん、本当の勝者は、3ギャングを崩壊させた連邦捜査局でしょうね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わかっちゃいるけど、止められない!血の抗争!〜Family Business(Mayfair) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる