歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS これは・・・夢か?幻か?〜ナイトメアハンター・カードゲーム(翔企画)

<<   作成日時 : 2009/10/29 21:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

例会の中盤になり、手すきの方が出たところで、mitsu持ち込みの「ナイトメアハンター」(翔企画)に誘ってみました。

画像

このアイテムは、同名のRPGを題材にした怪物退治型のカードゲームです。プレイヤーは、それぞれ、3人のキャラを操り、事件発生のイベントとともに、現場に向かいます。未解決事件の場合、自分が場に出した怪物以外は、なにが隠れているかは不明で、時には3つ解決の荒稼ぎになったり、反対に強力な夢魔との戦いで、キャラを失ったりします。

戦闘自体は、極めて簡単で、キャラの戦闘値分のdr(修整あり)をして、怪物の戦闘力以上になれば、勝利です(失敗で、キャラ死亡)。

面白いのは、キャラと怪物ともに、夢と現実の2種類の戦闘値があることです。これによって、夢ならめっぽう強いけど現実だとへたれだったり、逆だったり、中にはいずれでも強い怪物などもいます。現場の状態(夢か現実か)は、「世界の反転」カードや戦闘後に逆転することもできるので、チームの特性を考えて、戦闘を挑むことが大切です。

それ以外にも、解決した事件を失う「夢嵐」とか、他人に望まぬ戦闘を強要する「サイコトリップ」、両方をチャラにする「夢オチ」、戦闘のアイテムカード、追加のキャラなどがいて、思わぬハプニングが起こります。

画像

序盤は、現実に強いmitsuチームが走ります。「演奏者のいないピアノ」と「モドキ」を退治したのを皮切りに、第2ラウンドでは、3枚ゲットの荒稼ぎ!7枚と大差を付けます。

画像


画像

反対に苦しんだのが、moritaチームとたちばなチームで、やたらとdrが悪かったり、不慣れな現場で苦しんだり、となかなか枚数が伸びません。

画像

が、中盤になると、moritaチームが、3枚ゲットの荒技で追撃に入ります。「世界の反転」など、特殊カードを有効に使い、次々に怪物を斃し、8ラウンド目にはmitsuチームと並びます。

たちばなチームも、強力な「古の種族」(夢では、4D !)に三度の敗退と苦しめられますが、最後は意地で撃破して、1枚差まで詰め寄ります。

画像


画像


いよいよ、終盤、各プレイヤーの思惑が絡み、場所の選定が激しい駆け引きとなります。ここまで来ると、不利とわかって、勝負をかけることも・・・。

moritaチームが、あえて「夢嵐」の渦中に飛び込み、「夢オチ」で無効にして、残った怪物をゲットしたり。「サイコトリップ」で押しつけられた場所で、「反転」を使って、たちばなチームが逆転勝利したり・・・。

画像


画像

最後は、たちばなチームが2枚を根性で下し、トップの11枚に!が、ここでmoritaチームも、猛チャージで1枚を奪い取り、やはり同点の11枚!ここで、カードが尽きたため、2人が同点優勝となりました。

画像

ルールは簡単で、イラストの雰囲気もよく、さくさく進むホラー・カードゲーム。次回の例会にも、持ち込みますので、プレイの合間に、いかがでしょうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これは・・・夢か?幻か?〜ナイトメアハンター・カードゲーム(翔企画) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる