歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS カードの駆け引きが、生命線〜Lightning Midway(DG)

<<   作成日時 : 2009/08/16 17:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

終戦記念日の土曜日に、TOMMYさんといのさんで、自宅オフ会を開きました。冷房が効きにくいので、地元の「少数精鋭」で行ったのですが、冷夏の影響か、涼しくプレイすることができました。

まず、前回のちはら会で楽しんでいた「Lightning Midway」(DG) を、TOMMYさんが持ち込み、早速、インストプレイをすることにしました。帝国海軍をmitsuが、スプールアンス艦隊をTOMMYさんが担当です。

画像

序盤、先手を取ったのは、南雲艦隊でした。ミッドウェイ島からの高々度爆撃(B17) を退けると、全軍を持って、Yorktownに殺到!高い攻撃力で、これを沈めます。これに対し、米軍は蒼龍を狙います。攻撃力は9とさほど高くありませんでしたが、経験豊富なTOMMYさんが巧みなカードプレイで、防御網を打ち破り、撃沈!すかさず、日本軍が第二次攻撃隊で、宿敵エンタープライズを狙いますが、丁々発止のカードプレイで惜しくも同点となり、攻撃失敗。

画像

これで、残りは、3隻と2隻+1島になります。両者とも兵力(カード)を磨り減らしたので、しばらく補充に専念。3手番後、再び、両軍が航空攻撃を再開します。

今度は、先に動いたのは米軍でした。ドーントレスを主力にした攻撃隊が、加賀を襲います。ゼロ戦が必死の防戦をしますが、徐々に効果を高める攻撃カードに打ちのめされ、加賀が撃沈されます。

手札を消耗したのは同じなので、お返しとばかりに、日本軍は乾坤一擲の攻撃隊(12攻撃力)を送り出しますが、アメリカ軍はここで「ノーターゲット(艦隊の行き先不明)」を使用。発生した積乱雲の下に潜り込み、難を逃れます。

小休止の後、再び、アメリカ軍が来襲し、今度は飛龍をターゲットにします。折り悪く、防御系のカードがなく、あっという間に3隻も沈められ、これで戦力比は、1:3の劣勢に。使い方がよくわからずに、攻撃系のカードばかりを集めたのが、失敗でした。

それでも、たった一隻生き残った赤城は、護衛機なしの攻撃隊を発艦させ、意地でビッグEを狙います。あとわずかで投下点に迫った日本軍が目にしたものは、またもや「ノーターゲット」!偵察機は何をしていた!史実では、そんなに天候は悪くないゾ!

戦闘機も失い、もはや裸になった赤城でしたが、ここからが孤軍奮闘でした。ミッドウェイと空母からの戦爆連合に対し、猛烈な防御行動を展開!栗田健雄(?)がゼロ戦隊を呼び寄せ、やっと覚えたカードプレイの要領で、敵の攻撃カードを封殺し、第一次攻撃を凌ぎます。

画像

細々ながら戦力を蓄え(遅まきながら)手に入った「ノックアウト・ブロー(同時攻撃)」を仕掛けんとした矢先、敵の大編隊が現れます。圧倒的な戦力差でしたが、またも栗田の奮闘などでしのぎ、最後は山本五十六(!)の直率で、どうにか同点までこぎ着けましたが・・・最後は、アメリカ軍の「急降下戦術」に突破され、全空母が撃沈されました。

画像

なかなかコツがつかめず、史実通り(損害数1:4)の結果になりましたが、後半にやっと戦えるようになりました。カードの読み合いと駆け引きが大きく、それを楽しむゲームですね。

それにしても、痛いのは「ノーターゲット」!史実の二の舞を踏むまいと、兵力を集中したのですが、アメリカ軍には「ノーターゲット」が1枚、多くあるため、ある程度の兵力で五月雨式にを賭けた方がいいかも・・・。後から聞くと「そうなんですよ、波状攻撃が効果的なんです」とTOMMYさん。インストなんだから、先に言ってよ!(笑い)

画像

ともあれ、このシステムでヨーロッパ戦線の陸戦までプレイできるというのですから、驚きです。誰か「Lightning Poland」を買わないかな〜(笑い)。これでポーランド戦役ができるなんて、一体、どうなってるんだろう?!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めましてこんにちは。
突然の書き込みご容赦下さい。
「ライトニングミッドウェイ」について質問したい事があります。
先日ようやく「ライトニングミッドウェイ」を購入して、
友人とプレイする機会がありました。
最初はお互い手さぐりでのプレイでしたが、
それなりに赤城、飛龍、ヨークタウン、
ホーネット、が撃沈される中々いい勝負でした。
問題になったのはこの後で、
米軍側の飛行機0機(総攻撃の直後)状態での出来事です。
@日本軍側の飛行機97式艦攻で攻撃宣言、目標エンタープライズ。
A米軍側「目標喪失」をプレイ。
B日本側「索敵」をプレイし「目標喪失」を無効化。
C米軍側更に手札からもう1枚「目標喪失」をプレイ。
ここで、日本側から「目標喪失」は2度使えるの?と質問。
米軍側は出来る、日本側は出来無いと主張。
この場合はどう判断したらよいと思いますか?
宜しかったらご意見をお聞かせ下さい。
お手数をお掛けしますが宜しくお願いします。
eiji
2010/04/23 22:02
eijiさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。

「ライトニングミッドウェイ」については、所有していないので、正確ではないかも知れませんが、対戦での経験から参考程度に。自分たちも、基本的に二度目の「目標喪失」もありとして、プレイしていました。

ゲームの性質上、カードのやりとりが肝になるので、両軍とも目の前に戦いにどこまで、入れ込むのかが重要になります。はじめると譲れないので、お互い、行くところまで行くしかないのですが、そういった意味では返し技の応酬は盛り上がるので、よしとなった次第です。もちろん、ルールで禁止されていない、ということが前提でしたが・・・。

ちなみに、日本軍の「索敵」に対し、アメリカ軍の「目標喪失」の方が1枚多くなっています。これは、史実でのアメリカ軍の優位を表したモノなんでしょうね。個人的には、特別ルールなしではなく、システムとしてこれが表現できたことを評価しています。

というのも、「目標喪失」でかなり痛い目に遭いまして(笑い)。乾坤一擲で送り出した攻撃隊が、一瞬で無効にされて、愕然とした覚えがあります。日本軍としては、不利を承知で、小規模攻撃を連打することになり、気がつけば、史実通りの五月雨式の展開じゃないですか!

というわけで、ちはら会では「目標喪失」の連発はOKです。
mitsu
2010/04/25 23:06
早速の返答ありがとうございます。
>乾坤一擲で送り出した攻撃隊が・・・
まったく同じことが起こりました(笑)

実際の海戦でも目標を喪失したが、索敵機の連絡により、
敵の位置が判った。しかしそれは輸送船団であって、
機動部隊ではなかった。という事もあったと思います。
そういった意味合いから、相談の結果「目標喪失」の連発も、
OKにしようという流れになりそうです。
ただし、時間的余裕が無い場合は事前に「今夜は連発無しね」
といった感じにするつもりです。

ご意見どうもありがとうございました。
eiji
2010/04/26 16:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
カードの駆け引きが、生命線〜Lightning Midway(DG)  歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる