歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラインドこそ、ドイツ海軍の生命線!〜Sink the Bismarck!(CMJハガキ)

<<   作成日時 : 2009/07/09 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3人組がファンタジーに没頭している間に、「空いた時間で軽く行きましょうか」とmitsuと断鉄さんがプレイしたのが、「Sink the Bismarck!」(CMJハガキ) 。通称ハガキのビスマルクです。追い立てるRoyal Navyをmitsuが、ブラインドの巨竜Bismarckを断鉄さんが担当しました。

序盤、Bismarckは出たり、戻ったりとトリッキーな機動で、RNを翻弄します。ダミーも総動員した索敵網にも敵がかからないため、やむを得ず、航路防衛にせざるを得ません。

中盤になっても、なかなか姿を現さないBismarck。と、突然、通商破壊の宣言!これが成功し、姿を隠したまま、1VPを獲得します。これが南航路なら、もはや捕捉は不可能でしたが・・・。

画像

運命の第10ターン、ビスマルクが不用意に無線を使用したために、位置が判明します。場所は、アメリカ大陸近くの太平洋航路!そんなところにいたとは!

が、敵はブレストから遠く離れており、十分に捕捉のチャンスはあります。これまでの様子からきっと北か東に逃げると予測したRNは、空母を含む全艦隊を広範囲に分散させ、索敵を仕掛けます。

第11ターンに、ダミー(巡洋艦隊)がついにBismarckを捕らえます。しかも、ドイツ軍は2/3の追い払いに失敗し、追尾を受ける羽目に!

画像

こうなれば、Bismarckに逃げ道はありません。戦艦3隻と空母を投入した追撃戦で、ビスマルクに2ヒットを与え、速力を低下させることに成功します。そして、最後は新鋭戦艦2隻の攻撃により爆沈し、RNの勝利となりました。

画像

この間、わずかに15分。これだけシンプルながら、ビスマルク追撃戦の雰囲気が良く出ているんですよね。希望者には、いつでもインストしますよ〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラインドこそ、ドイツ海軍の生命線!〜Sink the Bismarck!(CMJハガキ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる