歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 種族の切り替えが、生き残りの生命線!〜SMALL WORLD(DAYS OF WONDER)2戦

<<   作成日時 : 2009/07/09 23:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

続いて、moritaさん持ち込みの傑作ファンタジーマルチ「SMALL WORLD」(DAYS OF WONDER)がkawaさん、TOMMYさんの3人でプレイされていました。絶妙な種族と能力設定、いやがおうにも盛り上がるスピーディな展開で、千葉会・ちはら会で十八番になりつつあります。朝鮮の役に没頭していて、気がつけば、2戦が終わっていました。

画像

第1回戦は、システムを熟知したmorita族の勝利。第2回戦は、反morita族同盟が形成され、連合軍のkawaさんの勝ち。2から5人まで、プレイヤー数を選ばない自由度も、魅力ですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 はい、山崎美鶴です。

 千葉会でも盛り上がってましたね「スモール・ワールド」
何しろ、あのヤーボ君が気合の籠ったプレイしてまして
(ひょっとしてアレがデビュー戦…?)随分と思い切りの
良い、欲得よりも勢い重視のプレイスタイルを通していて
見てて爽やかな感じがしたものです。

 で、ちはら台でも盛り上がりましたか。良かった。
傑作ですよね〜〜。当方は「マルチから脱落した男」
「転落者」だったりしますので、実戦参加は・・・・・・、
ですが、「良い物は良い。」それだけは賛同。

 こういう記事は有難いです♪
山崎美鶴
2009/07/10 01:22
マルチって、人生にちょっとだけ似ていて、ゲーム上の「勝利者」は1名だけなんですよね。そりゃ、どんなゲームでも、勝つのはうれしいけど、マルチで勝利を味わうのは、至難の業・・・。

では、なんで、マルチをするんでしょうね。たぶん、一つは、みんなと一緒に楽しくプレイできるからでしょう。ゲームは楽しんだものが勝ちという基準からすれば、「勝ったからよし」ではなくて「自分なりによし」で十分、行けます。

SWは、勝利をめざす過程が、とびきり面白くできているんです。しかも、ルールは、小学生でも行けるくらい簡単に。初戦から「自分なりによし」が楽しめた希有なアイテムだと、思っています。次あたりで、ちょっと、やってみませんか?(と釣り伏せ戦法?)
mitsu
2009/07/10 23:38
ちなみに・・・

万人に勧めるなら、こういったゲームでしょうね。WGではないから買わなかったけど、GEKISHIN KO!もそうでした。この感覚のアイテムを、こよなく愛するmoritaさんの柔軟さは、両会でもピカイチでしょう。
mitsu
2009/07/10 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
種族の切り替えが、生き残りの生命線!〜SMALL WORLD(DAYS OF WONDER)2戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる