歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンタジー種族の熱い興亡!〜SMALL WORLD(DAYS OF WONDER)

<<   作成日時 : 2009/06/17 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

例会も後半になり、moritaさんが持ち込んだ「SMALL WORLD」(DAYS OF WONDER)を2人でプレイしました。ご覧の通り、実に魅力的なコンポーネントのファンタジー・陣取りゲームです。

画像

各種族は、盤外から順に侵攻してきて、1エリアにユニットを残しながら、領地を獲得します。他のユニットがいると、その分の軍勢を消費しなければならないので、平和裡に無人の野を獲得するか、あるいは敢えて戦闘をして敵の領地を削るか、選べます。

展開を流動的にしているが、VPが毎ターンの蓄積型になっている点です。よって、先を見越してじっと待つ、という悠長なことはできず、序盤から取ったり取られたりの展開に。これに、各種族の特殊能力が加わります(しかも特殊能力は毎ゲームごとにランダム変化!)。

画像

ゲームは、mitsuの先攻でスタート。まず、手っ取り早くVPが欲しかったので、持参金(7VP)を持つトリトン族を選び、海から中央に侵攻し、一大帝国を築きます。moritaさんは防御に優れたトロール族で北から侵攻し、巣を掘ってがっちり領土を固めます。

画像

領土数では、まだ、トリトン族が有利なので、mitsuはそのまま、領国を保持。すると、moritaさんは早くも一手番を消費して、戦闘に長けたスケルトン族で一気にトリトン領に侵攻!領土数を逆転します。

衰退したトリトン族に変わって、mitsuも種族をウィザード族に切り替えます。この種族の特殊能力は「平和外交」。そう、自分から攻めない限り、敵が手を出すことができないんです。

画像

電撃的侵攻で中央部を取り戻すと、すかさず、和平を締結し、VPの蓄積に努めます。moritaさんも新たな種族のオークを遣い、ドラゴンを従えて(すごい!)周辺エリアを抑え、少しでも差を縮めようとします。

画像

いよいよ、終盤。このままでも、VP的にはいけそうでしたが、せっかくだから、新たな種族ドワーフを使って、オーク領に殴り込みます。海から侵攻したドワーフ族は海岸部を確保すると、秘密の坑道を使って(!)、一気に中央部に侵攻。衰退したスケルトン領も手に入れます。

画像

広く浅く分布したmitsu領には、ドラゴンは効果が薄いので、moritaさんもヒューマン(人類)に種族を変え、最後の攻勢に出ます。その特殊能力は「飛行」!農具を担いだ開拓民が、ピンポイントで農地に空挺降下(?!)し、農村を設立します。

画像

と、ここでゲームエンド。最後の空挺降下で多少のVPを稼いだものの、これまでの累積が物を言って、mitsuの勝利となりました。

初プレイでしたが、このゲームは面白い!多種多様な種族と特殊能力、タイトなマップ、自然と領土争いになるシークエンス、適度なプレイ時間と、人気があるはずです。ファンタジィー好きには、たまらないでしょうね。特殊能力を覚えて、再戦したいアイテムです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファンタジー種族の熱い興亡!〜SMALL WORLD(DAYS OF WONDER) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる