歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中東アイテムも、まさかの第3弾!〜ブノット・ヤコブ橋(T誌)2戦

<<   作成日時 : 2009/05/10 21:18   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

スモレンスク戦の休憩後、何か軽いものを、とmitsuが取り出したのが、「ブノット・ヤコブ橋」(T誌)です。ルールは極めてシンプルなので、中東戦争になじみのないsawadaさんも、取り組みやすかったようです。数の力でイケイケのシリア軍をが、運用で意外と頭を使うIDFをmitsuが担当しました。

序盤、シリア軍はラフィドの1個大隊は逃したものの、そこそこのdrを決め、IDFを押しまくります。IDFはなんとかBラインで押しとどめられないかと、前進防御を試みますが、3ターンには6ユニットに突入され、阻止ボーナスはなくなります。

画像

sawadaさんは初プレイとは思えない駒さばきで側面攻撃を連続し、一時はマップ端に追い詰められた1個大隊が危機に陥ります。が、3ターンに増援を得たところで、反撃開始!

画像

(VPを献上しても)SAMを空軍で制圧し、単独攻撃の連続で、Bラインに進入した敵をほぼ殲滅します。第4ターンには、北上してラフィドを奪還し、クネイトラ陣地回復まで後一歩に迫ります。

画像

最終ターンの開始時で、VPはシリア軍6点対IDF4点。これ以上のVPは与えるわけには行かないので、空軍の投入を見合わせ、兵力を集中した地上戦で勝負に出ましたが・・・・まさかのローロール!87%の確率をものにできず、IDFの敗北になりました(決まっていれば、引き分けだったのに!)。

画像


画像

最後の最後までもつれた展開でしたが、ここまでかかった時間は、40分ほど。「思った以上に、頭を使いますよ〜」とsawadaさんの評価も上々です。すぐに陣営を入れ替えて、2戦目に入りました。

今度は、序盤からシリア軍のdrが爆発し、IDFの1個大隊を屠り、そのまま、西進を始めます。ユニットの少ないIDFは、無駄な反撃を控え、Bゾーンに戦線を引きます。そのまま、シリア軍はBゾーンに突入し、敵のボーナスを阻止。あわよくば突破を狙いましたが・・・この後退は、実は罠でした。

画像


画像

南部から登場したIDF増援は、第5師団の脇腹に突っ込むと側面攻撃で、1ユニットを除去!また、西部の部隊も反撃をはじめ、シリア軍の1個旅団を損耗状態に陥れます。第3ターンも攻撃は続き、drにも助けられ、側面攻撃でもう1ユニットを除去!第4ターンには、退路を遮断された歩兵がDr2*で壊滅し、戦線はずたずたに・・・。

画像

この危機を救ったのが、シリア軍予備機甲部隊でした。東北端から投入された戦車3個旅団は、戦略移動で南進すると、DMZ付近で防御戦闘に入ります。また、クネイトラ西部では、第7師団が地形を利用して、抵抗をします。

画像

IDFがこれを突き破るには、空軍の投入が不可欠でしたが、VPが厳しいsawadaさんは、投入を控えます。シリア軍はdr修整を獲得し、後退はするものの、戦線を維持します。

画像

シリア軍5点に対し、IDFは4点。もう1ユニットを除去できれば、同点でしたが、慎重なsawadaさんはSAMの犠牲(敵VP)にするのが忍びなく、空軍を温存します。なんとか地上部隊だけで敵の除去を狙いましたが・・・±2のハンディではさすがに無理。戦線が膠着したまま、ゲームエンドとなり、僅差でシリア軍の勝利になりました。

画像

見開き1ページのルールとチャート、B5版でおつりの来るマップとユニットと、これ以上ないくらいのシンプルさですが、IDF増援の投入箇所や側面攻撃のための駒さばき、空軍の投入宣言など、実にバランスのいい秀作です。

画像

ここで「どの雑誌についているんですか?」と質問があったので、懐かしき隔月間タクテクス誌を掘り出したところ、sawadaさんが突然、哄笑・・・「自分が3歳の時の雑誌です!」だって! 自分たちは中・高学生でしたが、ちはら会きっての若手ですから、そうなるんですね〜。

画像

ん??ということは「アラブ・イスラエル戦争」だと、生まれる前ってこと?!ああ、なんて息の長い商品たちでしょう!(笑い)30年近くしても、まだ、役に立つなんて、古文書か、稀少金属みたいです。(大笑い)

ともあれ、sawadaさんは複製のため、タクテクス誌を喜んで持ち帰っていました、とさ。次のちはら会で、あなたも「古典」に挑戦してみませんか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あああ、それって部下の父親が自分と同い年と知ったときのショックと通じますね(実話)。おもしろそうですし勿論持ってますので、私も自作してみようかな。
takoba39714
2009/05/10 23:10
平成生まれの同僚がいる時代ですから、しようがないですよね。もっともこんな電脳全盛期にかたくなに非電源をプレイし続けている時点で、頑固な昭和モノでしょうけど・・・(笑い)。

「ブノット・ヤコブ橋」は十分に自作に値する一品かと思います。たぶん、翔鶴の1/20くらいの手間で行けるかも?!プレイレポートを期待しています(と強引にソロプレイのすすめ、笑い)。
mitsu
2009/05/11 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
中東アイテムも、まさかの第3弾!〜ブノット・ヤコブ橋(T誌)2戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる