歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ラングスドルフ艦長は偉大だった・・・〜Pursuit of the Graf Spee(CMJ)3戦

<<   作成日時 : 2009/05/28 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お昼過ぎに、常連のsawadaさんとkawa さんが到着したところで、組み合わせを変えて、別々のアイテムに向かいます。自分は、sawadaさんと、はがきゲーム三昧に突入です。第一作品は、アドミラル・グラフ・シュペー号の通商破壊戦を描いた「Pursuit of the Graf Spee」(CMJ)です。

第1回戦は、ドイツ軍をsawadaさんが、ロイヤルネイビーをmitsuが担当します。序盤、南アメリカ沿いに南下したSpeeは、第2ターンにストレオンシャルー号を撃沈して、2VPを上げます。すかさず、大西洋とインド洋から、高速の空母と巡洋艦隊が殺到します。

画像

第3ターン、RNは、索敵範囲を広げるために、艦艇をばらしたことで、悲劇が起こります。なんと、補給を受けて長距離航行をしたSpeeが大西洋のど真ん中で、空母と鉢合わせます。まさかと油断していた空母は、一方的に砲撃を浴びて、撃沈!通商破壊と合わせて、8VP を獲得します。

画像

復讐の念に燃えるRNは、追撃ボーナスを採用し(敵に+1VP)、全艦でSpeeを追い求めます。第4ターン、執念の捜索で、巡洋艦が南アフリカ沖で、Speeを発見!敵が砲撃に失敗したため、追尾に成功します。

Speeは必死に逃げようとしますが、今度は巡洋艦2隻に、捕捉されます。砲数ではRNが、砲力ではSpeeが優る戦いとなり、Speeが巨砲の威力で、重巡1隻を撃破!が、反撃で一気に2ステップを喰らい、あえなく、大西洋の藻屑となりました。あまり、行動できなかったので、VPは3点止まりでした。

画像

第2回戦は、陣営を入れ替えて、ドイツ軍をmitsuが、ロイヤルネイビーをsawadaさんが担当します。序盤、得意のブラフを生かして、逃げまくるSpeeは、大西洋の各地で、輸送船を沈めては、姿をくらますことを繰り返し、第6ターンまでに6VPを獲得します。が、第6ターンに、全軍を上げた追撃で、ついに航空索敵に引っかかります。

画像

空母から飛び立ったソードフィシュの雷撃により、速力が落ちます。そこへ周辺から巡洋艦が殺到し、第7ターンについに力尽きて、沈没します。VPは勝利レベルの1/3強の6点でした。

どうも、Speeには厳しそうなので、第3回戦は慎重に進めることにします。序盤は、恒例の南下策で、輸送船を沈め、4VPを獲得。と、第4ターンに、早くも巡洋艦と鉢合わせになります。正確な砲撃でCAを撃沈しますが、なんとここでSpeeが被弾!速力が1になり、かなりの危機です。

こうなれば、急がば回れと、裏をついた迂回行動で、一端、敵を煙に巻くことに成功します。が、まだ、勝利は遙かに遠いので、再び、ジリジリと航路に接近し、第7ターンにD5で通商破壊を行います。これで、9VP。

が、傷ついたポケット戦艦を逃さずと、ここでRNが追撃ボーナスを使用!発見された西アフリカ沖に、大艦隊が集結します。ブラフで、水上艦の手薄なヘクスに進入することに成功しましたが、後方には鬼門の空母が待っていました。再び、飛び立ったソードフィッシュは、動きの鈍くなったSpeeに肉薄すると、魚雷を発射!3戦で最高の8VPと引き替えに、Speeは海の底深くに沈んで行きました。

画像

それにしても、Spee号は厳しいと思いきや、ルールの適用ミスを発見!輸送船のルールを忘れていたじゃないですか!道理で苦しいはずだ。次回は、ぜひ、洋上補給で暴れるゾ!

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラングスドルフ艦長は偉大だった・・・〜Pursuit of the Graf Spee(CMJ)3戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる