歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 洗練された古典的HG戦略級〜「第三帝国」(AH)

<<   作成日時 : 2009/01/20 01:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

第三戦は、再び、doraさんとの対戦になりました。ASL以外で連戦をしていただくのは、はじめてです。アイテムは、この日に二つ目のHG級−「第三帝国」(AH)です!

冬に時代を生き延びた古参兵には、知らぬ人のいない、最高難易度の欧州戦略級ゲームです。ルールブックは優に30ページを越し、陸海空及び生産を含む、洗練された総合システムになっています。カードドリブンのなかった時代に、全てをルールで網羅し、かつ高いプレイアビリティを誇る傑作アイテムでしょう。

オークションで手に入れたものの、とてもすぐにはプレイできず、押し入れアイテムでしたが、難解ゲームを愛するdoraさんが聞きつけ、「インストしてやるよ」と、対戦できることになりました。おお、久しぶりの「doraの穴」です!

今回は、生産を除く、基本システムを覚えるべく、1944シナリオを選択。ノルマンディ上陸から始まる、大陸反攻シナリオです。本当は、東部戦線も入るのですが、とてもついて行けそうになかったので、西部戦線だけに絞ってのお試しインストにしてもらいました。doraさんがドイツ軍、mitsuが連合軍です。

第1ターン、物量を誇る連合軍は、フランスとイタリアの両戦線で攻勢に出ます。まず、イタリアでは、全RAFをつぎ込んだ航空優勢を生かして、イギリス軍歩兵がグスタフラインを突破!ローマに向けて北上します。続いて、メインイベントの大陸反攻。ちょっとLWの威力が未知数だったので、ノルマンディではなく、安全牌のブルターニュへ侵攻。こちらも圧倒的な空軍と海軍の力で、上陸に成功します。ものはついでと、地中海のイギリス軍を使って、マルセイエーズ近郊にもドラグーン作戦を実施します。

画像

これに対し、ドイツ軍国防軍は「やるしかねーだろう!」と腹をくくると、装甲軍団を投入した反撃を行います。戦闘比は1:1でしたが、Remesの機甲スタックに逆襲をかけ、これを殲滅します。また、LWを使用して、航空作戦圏内でうろうろしていたアメリカ空軍に航空戦を挑み、これを撃滅します。

画像

早くも、第二のダンケルクの危機に陥った連合軍は、第2ターンに増援を送り込もうとしますが、この輸送船団に対し、ドイツ海軍が出撃します。あせった連合軍は、片端から空軍を投入して、高海艦隊の動きを止めようとしますが、被害を出しながらも船団海域に到着。護衛艦隊と砲撃戦に入ります。結果は、痛み分けでしたが、損害を受けた輸送船団は、帰還してしまいます。やむなく、別の港から出港した歩兵軍団がフランスに到着し、橋頭堡を強化するに止まります。一方、イタリア戦線では、圧倒的な空軍力を持って、じわじわと戦線を押し上げます。ドイツ軍は、このターンは、戦線整理をして、おしまい。

画像

第3ターン、やっとゲームになれてきた連合軍は、「doraの穴」の指導を生かしながら、橋頭堡からの突進を試みます。大陸に機甲と歩兵を送ると、生き残った部隊と合同で、敵の機甲に対し、1:1攻撃を2カ所でかけます。かなりのギャンブルでしたが、「6出せばOK」システムだったので(笑い)、見事に成功します。一方、イタリアでは、突破戦闘のルールを教えてもらって、イギリス軍が攻撃をかけ、ローマを手に入れます。

画像

「機甲を削られたのは、苦しいな・・・」と言いながらも、冷静に戦力を計算したドイツ軍は、突破直前の連合軍に逆襲をかけます。温存していたLWを解き放つと、8戦力スタックに2:1攻撃!Dでこれを除去!さらに、後方に待機していた装甲をつぎ込み、戦線背後にいた空挺部隊に、突破攻撃。これも見事に決まって、大陸派遣軍は補給切れで残されました。

画像

と、システムがそこそこ見えたことで、今回はここで終了となりました。次ターンは、再び、連合軍が盛り返すでしょうが、季節ははや冬となり、44年中にパリを落とすのは、無理でしょう。ドイツ軍の判定勝ちは、確実といったところ。

はじめての「第三帝国」でしたが、噂に聞くとおりの洗練されたシステムを、十分に感じることができました。ほんのさわりだけですが、こりゃ、面白い!陸海空の要素がこれほどシンプルかつ有機的に表現されているとは、さすが名作です。いろいろと習熟すべきテクニックはありそうですが、対戦とソロ研究でかなり楽しめそうです。ともあれ、しばらくは、44年シナリオのマスターを目標にします。また、「doraの穴」をよろしくです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さよなら、2009年!〜もっとも愛された「ちはら会ブログ」記事は?!
まもなく、2009年が終わり、新年を迎えようとしています。年末恒例の三部作の最後を飾る「ちはら会ブログを振り返って」をやってみたいと思います。 ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2009/12/31 11:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洗練された古典的HG戦略級〜「第三帝国」(AH) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる