歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 平日オフ会で、ついに対戦!〜KING ARTHUR(T誌)

<<   作成日時 : 2008/08/31 09:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

有給休消化のための休日を利用して、先日、ちはら会平日オフ会を開きました。九十九里のサーフ帰りの擲弾兵さんとシフトで休みになったいのさんが来宅し、二戦を楽しみました。

画像

KING ARTHUR(T誌) ○アーサー王軍(擲弾兵)対モードレッド軍(mitsu)●
アステロイド(RPGamer) ○人類側(mitsu・擲弾兵)対コンピューター側(いの)●

まず、第一戦は、ブログ記事の掲載以来、思いの外(?)、注目を浴びている「KING ARTHUR」(T誌)です。いつの日にか対戦を、と夢見て、プレイエイドを制作したり、ソロ演習を載せたりしていたのですが、こんなに早く実現するとは!擲弾兵さんに感謝です。正義のブリトン人−アーサー王軍を擲弾兵さんが、悪のブリトン人−モードレッド軍をmitsuを担当したインストプレイです。

第1ターン、アーサー王軍は、騎虎の勢いで、騎兵による突撃を行います。最右翼を弓兵で固め、左翼から中央右翼寄りまでのほぼ全線で、甲冑を身に纏った騎兵の大軍が突進します。迎え撃つモードレッド軍は、中央にサクソン盾壁+スコットランド弓兵の堅陣を配し、左右にはピクト毒弓隊とアイルランド投石兵が陣取ります。激しい射撃と白兵戦が全面で展開され、多くのユニットがMCを行いましたが、結果は対照的なものに。アーサー王軍がほぼMCに成功する中、モラルの低いモードレッド軍は、左右で混乱状態に陥ります。

画像

第2ターン、崩れかけた両翼を立て直すべく、モードレッド軍は、虎の子のブリトン人騎兵で逆突撃をかけます。特に、左翼では戦線の隙間から背後に回り込んだピクト毒弓隊とモードレッド率いる騎兵隊が、アーサー王軍の騎兵の挟み撃ちに成功します。飛び交う毒矢と正面からの突進で、うまくすれば除去できる可能性があったのですが・・・ああ、ことごとくdrが裏目!大量に放たれた毒矢は、明後日の方向に行き(射撃失敗)、やっと成功した突撃も、アーサー王軍の完璧なMCに阻まれ、効果なし!逆に、混乱状態だったサクソン盾壁の2ユニットがさらなる打撃を受け、潰走不能で壊滅してしまいます。

画像

機を見て敏なるアーサー王軍は、騎兵と弓兵をこの間隙から浸透させると、モードレッド直率の騎兵隊に、3ユニットによる弓攻撃と2騎兵による包囲突撃をかけます。叛主モードレッドの檄で、なんとか踏みとどまるもの、騎兵隊は1混乱になります。また、包囲された騎兵を救うべく、背後を遮断するピクト毒弓隊に外側から逆包囲をかけ、2ユニットを混乱状態にします。

画像

また、中央の守りが堅いと見たアーサー王軍は、動きの遅いサクソン盾壁を放置して、右翼に騎兵を送り、ブリトン人同士でがっぷり四つの戦闘に入ります。

画像

第3ターン、左翼が大きく崩れたモードレッド軍は、兵力を下げ、中央のサクソン盾壁を軸に防御態勢を引きます。例外は、包囲環から脱出したモードレッドで、弓兵と協同で中央の騎兵を攻め、除去直前まで追い詰めます。同時に、モードレッドは初の一騎打ちを仕掛け、回復のために派遣されていたYvainを、見事に討ち取ります。また、左翼で潰走した騎兵に、ピクト毒弓隊の2ユニットがとどめを刺すべく、背後から毒矢を浴びせますが、MCで踏みとどまり、壊滅を逃れます。

画像


画像

これだけ挑発すれば、騎士を先頭にモードレッド主力に反撃するだろうと思いきや、アーサー王軍は、なんと主力を避け、弱小の弓兵だけ(!)に攻撃を集中します。かつ、円卓の騎士たちは、モードレッドを恐れて、アーサー王のもとに撤退。

画像

「ひ、卑怯者!正々堂々と一騎打ちに応じろ!」と、モードレッド。
「いやいや、別にルールで禁止させれていませんから。私は負ける喧嘩はしない主義で・・・」と、アーサー王軍。
?!ありゃりゃ、これじゃ、台詞が逆です(笑い)。どっちが「悪いブリトン人」だか、わかりません(大笑い)。

ともあれ、サクソン盾壁が動けないことをいいことに、アーサー王軍は弓兵狩りで、多くのユニットを混乱させます。

画像

第4ターン、弱兵ばかりを付け狙う卑怯な(?)アーサー王軍に対し、モードレッド軍は主力の騎兵を転進させます。弓兵狩りに夢中になっている騎兵隊の背後を突き、これを混乱状態に。さらに、逃げ損ねたGuivetに一騎打ちを仕掛け、これまた、討ち取ります。また、中央部では、敵が来ないなら、こちらからとサクソン盾壁を前進させ、Cherlicで一騎打ちを仕掛け、正々堂々と(?)Caradocを討ち取ります。「どうだ、見たか!」

画像


画像

が、ユニットが少ないモードレッド軍は、このために右翼をフリーせざるを得ませんでした。敵の弱点に気がついたアーサー王軍が、これを見逃すはずがありません。すかさず、大量の弓兵を迂回させると、スクリーンを張る敵騎兵の背後から、射撃。さらに、脚のある騎兵隊は、主力を無視して、逃げ遅れたスコットランド弓兵と潰走中(!)のアイルランド投石兵を急襲します。

画像

って、またも、弱兵狩りっすか!(笑い)堅く守りを固めるサクソン人たちは、またも放置プレイに。そりゃ、ルールでは間違いじゃないけど、「正義のブリトン人」とは思えない所行じゃあないですか、と問い詰めると・・・
「いえいえ、まずは雑魚を片付けて・・・その後、ゆっくりと主力を討ち取りますよ・・・へへへ」
ああ、やっぱり!擲弾兵さんは、「正義のブリトン人」の皮を被った、腹黒の「極悪ブリトン人」だったんだァ−!(大笑い)

画像

第5ターン、このままでは、ジリ貧になりかねないモードレッド軍は、背後で弱兵狩りに興ずる敵の騎兵を、主力の騎兵で包囲攻撃し、2ユニットを混乱で除去します。そして、唯一、優勢な一騎打ちに、逆転の活路を見い出そうとします。混乱回復のために、のこのこ前進してきたLucan(3-3)に、これまで2人を突き殺しているModred(4-1)が、一騎打ちを仕掛けます。敵は騎士道精神に溢れた(一騎打ちに不利)老執事で、こちらは脂ののった叛主(武勇で優勢)だったのですが・・・。

画像

第1ラウンドにLucanの槍を叩き折り、優位に立ったはずの第2ラウンドに、Modredがまさかの負傷!両者とも、粘りに粘って、5ラウンドまで死闘が続きますが、最後はModredが右脇腹をえぐられ、死亡してしまいます!アーサー王ならまだしも、格下の老執事Lucanにやられるとは!

叛主を失ったモードレッド軍は意気消沈し、優勢な兵力で攻撃をかけるアーサー王軍の前に、苦戦を余儀なくされます。遠くから取り囲んだアーサー王軍弓兵による集中射撃で、中央のサクソン盾壁はなすすべなく、混乱し、除去!指揮官不足で回復できず、潰走する部隊には、「良いブリトン人」騎兵の執拗な追撃!

画像

それでも、第6ターンに、騎兵2ユニットとピクト毒弓隊が、一発逆転を夢見て、アーサー王直率の円卓の騎士団に突撃をかけますが、高いモラル(A)に阻まれ、敵は全くの無傷・・・。逆襲で背後からの攻撃に遭い、頼みの騎兵も除去されます。

画像

第7ターン、もはや態勢は覆しがたく、生き残ったモードレッド軍は、中央付近に集結し、最後の刻を待ちます。圧倒的優位に立ったアーサー王軍は、これを取り囲み、殲滅戦に・・・。

画像

乱戦の中で姿を現したアーサー王(5-4)に対し、サクソン人のCherlic(4-0)が一騎打ちを挑みます。勝利を確信しているArthurは、正々堂々とこれを受けます。武勇に優れたArthurと、劣勢ながらどんな手でも使えるCherlicの戦いは、延々と7ラウンドに及びましたが・・・最後は、落馬し負傷したArthur王を、Cherlicの凶刃が襲い、これを討ち取りました!

画像

と、勝敗が見えたところで、今回は終了。モードレッド軍は、アーサー王を討ち取ってなんとか形にはしたものの、この時点でもVPは圧倒的にアーサー王軍に有利(139点:100点)で、円卓の騎士たちの勝利となりました。このまま、続けていれば、モードレッド軍は全滅し、さらに差は広がっていたことでしょう。

画像

ソロ演習と同様、バランス的には、アーサー王軍に有利なアイテムですが、一騎打ちの演出や出たこと勝負のMCなど、対戦でも十分に盛り上がりました。今回、擲弾兵さんが取った「弓兵狩り」作戦と円卓の騎士の後方待機戦術は、かなり有効な手です。システムが中世の戦術戦闘を忠実に再現しているだけに、実戦でもそうだったのでしょう。それ故、「アーサー王伝説」らしからぬ展開になるのは、やむなしなんですが、できればハウスルールでなんとかしたいものです。

ちょっと考えてみたのは、以下の2つです。
【円卓の騎士の後方待機戦術の禁止】
・アーサー王軍の騎兵には、基本的に、指揮官がスタックしていなければならない。
【弓兵狩りの緩和】
・第1ターンに、アーサー王軍は(可能ならば)全てのサクソン人ユニットに突撃をしなければならない。また、その後も(可能ならば)毎ターン、全てのサクソン人ユニットに白兵戦を仕掛けなければならない。

これだけで、かなり「伝説」ぽい展開になるかと思いますが・・・。もっとよい改善ルールを知っている方がいたら、教えてくださいませ。誰か、ともに検証(対戦)してくれる同志を、募集中です!(もう、いないだろうな〜笑い)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ちはら会の暗黒時代〜中世・近世ヨーロッパ史アイテム
「アメリカ南北戦争は、ちはら会のマイナー戦線」という記事を載せましたが、それ以上に厳しいのが、中世・近代ヨーロッパ史です。史実でも中世と呼ばれた暗黒時代にあたり、文明的にも経済的にも、ビザンチン帝国やイスラム国家に大きく後れを取った時代でした。自分が知っているのも、なかば伝説と化したアーサー王やジャンヌ・ダルクくらい・・・。 ...続きを見る
歴史・戦史研究「ちはら会」
2010/01/24 09:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
検証のお手伝いしますよ〜
円卓の騎士を騎兵にスタックさせるのはリアルでよいと思います。
擲弾兵
2008/08/31 17:16
ふふふ、円卓の騎士さえ討ち取れれば、こちらのもの・・・(?本当か)。次こそ、モードレッドがブリテンを手に入れて見せましょう!

弱兵狙いの擲弾兵さんに対抗して、ちょっと試してみたい陣形あり。これとハウスルール使用で、少しはましかな〜。それにしてもアーサー側は、強力です。
mitsu
2008/08/31 20:58
いずれにしろ、サクソン歩兵をどう生かすか?
そこがポイントになると思うのです。今のままでは死兵化しちゃうし。騎士と騎兵のスタックは当然そうあるべきだと思います。
あとは、どうやってアーサーがサクソン歩兵に突撃するシチュエーションを作るか?ですね。
擲弾兵
2008/08/31 21:23
あれ・・・小太りの川平慈英が・・・すごく痩せたんじゃないですか?
四度寝
2008/08/31 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
平日オフ会で、ついに対戦!〜KING ARTHUR(T誌) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる