歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 敗戦記念日のASL「敗戦」?!〜ちはら会オフ会&カラオケ会

<<   作成日時 : 2008/08/16 05:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑さたけなわの敗戦記念日に、第二回となる、ちはら会オフ会&カラオケ会を開催しました。お盆休みのkawaさん、へぼへぼさん、TOMMYさんが参加し、軽く一戦と、熱いカラオケを楽しみました(TOMMYさんは、時間の都合でゲーム会だけの参加でした)。

昨日、プレイされたアイテムは、以下の通りです。
ASL SK S1「Retaking Vierville」二戦
 ○アメリカ軍(へぼへぼ)対ドイツ軍(kawa)●
 ○アメリカ軍(TOMMY)対ドイツ軍(mitsu)●

ASL SK S1「Retaking Vierville」アメリカ軍(TOMMY)対ドイツ軍(mitsu)

短時間で終わるものを、ということで、久しぶりにASLを引っ張り出して、二卓でプレイしました。ルールに疎くても、すぐに思い出せるS1を選択しました。アメリカ軍(TOMMY)対ドイツ軍(mitsu)です。

画像

第1ターン、ドイツ軍は定石の2カ所の進行をします。東端登場の1線級小隊は、中央の村の中へ、西端から登場の2線級小隊は、M4を狙う位置へと浸透します。途中、幾度か、臨機射撃を受けるものの、地形効果により、損害なし。

画像

対するアメリカ軍は、セットアップの兵力は、勝利ヘクスに籠もったものの、増援の空挺小隊が、なぜかyagi走りで、村に向かってきます(早すぎで、危険すぎ)。開豁地を通常移動という状態なので、防御射撃でしっかり「教育」し、Brokenにします。

画像

第2ターン、ドイツ軍はさらに増援をつぎ込んで、村の中央部へ圧力をかけます。次ターンには、突入予定です。

画像

一方、アメリカ軍は先のyagi走りに懲りたか、U6にキラースタックを作り、次ターンの増援投入の足場を固めます。また、M4を巡る戦闘では、防御射撃がうまく命中し、2線級の2個分隊を一時的に無力化することに成功します。

画像

第3ターン、ドイツ軍の降下猟兵の増援は、満を持して、村への突入を図ります。ところが・・・3個分隊が次々に煙幕展張を試みますが、ことごとく失敗!(結局、この日は1度も成功せず)。やむなく、突撃期に道路に飛び出し、圧力をかけます。

画像

これに対し、アメリカ軍は火力で対抗しようとしますが、開豁地の2個分隊を潰走させるのと引き替えに、建物内にいた1個分隊が、至近距離からの防御射撃を喰らって、Broken!M5とN6は、かなり危険な状態になります。やむを得ず、北端からの増援が平地を走って突入することに・・・またも、開豁地を通常移動という状態で、ドイツ軍は「再教育」をしようとしますが、臨機射撃がことごとくスカ!4FP(-2drm)がどうしても当たらず、Q列への接近を許します(なぜ、当たらない?!)。

画像

第4ターン、このターンが勝負と見たドイツ軍は、全力を挙げて、N6・M6への突入を図ります。L7から必死に煙幕を試みますが、これまた、連続して失敗!(6回振って、一度も2以下が出ず)ならば、危険を承知で、開豁地への警戒移動を実施。激しい防御射撃で1個分隊が潰走するものの、指揮官付の1個分隊がM6に取り付き、混戦に持ち込みます。続く、突撃で残りの降下猟兵分隊も街路に飛び出し、N6・M6まで後一歩です。また、Q列付近のドイツ軍分隊は必死のスカルキングを行い、戦力を温存し、次のアメリカ軍の突撃を待ち受けます。

画像

この危機に、アメリカ軍もギャンブルに出ます。一切の準備射撃を行わず、増援が雪崩を打って、開豁地を突進してきます。3度目の平地突撃に、飛んで火に入る夏の虫とばかりに、ドイツ軍は組織的な臨機射撃を見舞いますが・・・ああ、またもdrが走らず。全て、マイナス修整なのに、K以下はたったの一度だけ。それでも残留火力の壁を作って、MCを強要しますが、アメリカ軍のすさまじいdrで、釘付けにするのがやっと(一体、どうなってるんじゃい!)。しかも最強の9−2指揮官スタックは、数度の臨機射撃を危なげなくくぐり抜けて、M6の混戦に突入してしまいます。もちろん、白兵戦でドイツ軍を一発排除し、村の中心部をがっちり固めてしまいました。

画像

第5ターン、かなり厳しくなったドイツ軍ですが、最後までなにがあるかがわからないのがASLなので、持てる力をフルに発揮して、抵抗します。まず、M6に隣接した2個分隊が9−2指揮官スタックに、決死の準備射撃!20FP(+3drm)でしたが、これが見事にヒットして、3MC!これは大きいと思っていましたが、なんとアメリカ軍は、これを、釘付けにもならずに、全てスルー!(drは「2」「4」「2」!やっぱり、おかしいって!)

画像

それでも、ドイツ軍は陽動で敵の火力を引きつけ、N6とM4に隣接します。と、ここで放った前進射撃が、L3の建物内のアメリカ軍にヒット!さすがにこれは凌げず、L3とM4からアメリカ軍が叩き出されます。すかさず、ドイツ軍が突撃し、N6・M4・L3を確保します。

画像

逆に、苦しくなったのは、アメリカ軍でした。ここに来て、N6・M4・L3から統制状態のドイツ軍を排除しなければ、負けになります。考えに考えた末、まず、M6のキラースタックでN6を射撃!24FP+1drmが炸裂し、3MCで、空挺3個分隊をBrokenしました。

残りは、M4・L3の奪還または混戦への持ち込みです。残された2個分隊+4個HS+2個指揮官が、この日、4度目の開豁地の突進を開始します。3個分隊のみになったドイツ軍は、計画的な防御射撃でM4・L3の周辺に残留火力の花を咲かせ、さらに空挺による2度の根性撃ちをかまして、ほとんどの敵をBrokenにします。突撃可能で残ったのは、CX状態の1個空挺分隊と8−0指揮官だけ・・・。

画像

未だ、2ヘクスを確保しているドイツ軍に、TOMMYさんが最後の前進射撃を行います。8FP(+4drm)なので、1/6の確率だったんですが・・・なんと、ここでNMC!しかも、ドイツ軍の2線級分隊は、これに耐えられず、Broken!ここに来て、またもや形勢が逆転!

当然のごとく、アメリカ軍はM4の降下猟兵1個分隊(根性撃ちの影響で釘付け状態に)白兵戦を仕掛けます。アメリカ軍は、敵を除去しなくても、このまま、混戦を維持すれば、勝利できます。反対にドイツ軍は、米軍を除去すれば、勝利です。待ち伏せはなかったので、諸処の修整を入れて、「4」以下が出れば、行けたんですが・・・枢軸軍に栄光はありませんでした。

画像

ああ、久しぶりのASLで、敗戦記念日に惜敗・・・どうにも腑に落ちない競り負けでした。小さいミスはあるでしょうが、臨機射撃が普通に当たっていれば、とか、あの尋常でないMCがなければ、とか、煙幕が一度でも張れていれば、とか、Brokenの分隊が順当に回復していれば、とか、恨み節ばかり・・・。ASLを運のせいにはできないので、やっぱりブランクかなと、反省です(きっと、感覚は鈍っているでしょうから)。

ちなみに、隣の対戦も、連合軍(へぼへぼさん)がドイツ軍(kawa)さんを寄り切っていたようです。

画像

あと、AARはありませんが、「KING ARTHUR」(T誌)の一騎打ちだけ(!)をインストしたり、最近、マイブームのSFアイテムの話をまったりとしたりしました。

画像

カラオケ会では、奇しくもカラオケ「KING ARTHUR」(!)に行って、昔の歌を歌いまくるはずでしたが・・・2時間も持たず、最後はみな、へとへとでした(笑い)。出だしはよかったのですが、もう、歳ですね・・・。あっ、「精霊流し」を入れるのを忘れた?!(大笑い)

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
敗戦記念日のASL「敗戦」?!〜ちはら会オフ会&カラオケ会 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる