歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 新人さんは、続くよ・・・その二〜信長包囲戦(GJ)

<<   作成日時 : 2008/08/14 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「夏は、出会いの季節」とばかりに、この日、三人目の新人さんは、神奈川在住の松澤さんです(でも、みなさん、同性!笑い)。暑い、遠い、知り合い少ないの三重苦(?)を乗り越えて、参戦していただきました。アイテムは、傑作戦国CDSの「信長包囲戦」(GJ)。陣営は、織田軍(松澤さん)対反織田軍(mitsu)です。

画像

松澤さんは、最近、織田軍を研究中ということもあって、序盤から織田軍のパワーが炸裂します。作戦・カード引き・drとも素晴らしく、あれよあれよと、反織田勢を圧殺していきます。

第1ターンに、攻撃−兵站の確保−突撃の連続コンボで、浅井・朝倉を殲滅(う〜ん、朝倉の能登遷都に失敗)。第2ターンには、返す刀で北摂津の三好三人衆を屠って、三好は無力化。ついでに本願寺も撃破(顕如は北へ逃避)。

画像

第4ターンには、長島の一向一揆を討ち滅ぼし、カード差は8:4の4枚差!厳しー!!

画像

こりゃ、負けかもと思っていましたが、流れが変わったのは、第5ターンでした。前ターンの最後にかろうじて武田が参戦したおかげで、カード差は9:6になり、手薄の徳川を攻めて、差を縮めます。

すると、織田方は全力を持って、武田攻めにいきます。drによっては、あっという間に滅亡しかねなかったのですが、ここにきて戦闘drが不発。兵站の確保も、突撃もあったのに、甲斐の国を落とすのに、3ターンもかかる泥沼に。しかも、ぼろぼろになりながらも、武田は未だ滅亡せず。

画像

このチャンスを逃す手はないと、西からは吉川元春が、北からは一向衆と我らが謙信が、外線から攻め上がります。露払いの宇喜多が美濃に侵入すると、織田勢はやむなく畿内・濃尾に舞い戻り、機動防御!カード差は、ほとんどなく、お互いの弱いところをたたき合う消耗戦に・・・。

勝負を決めたのは、第9ターンの北近江・北陸決戦でした。越前に陣取る佐久間信盛勢に対し、上杉謙信が突撃をかけ、9ロールのうち、8発を当てて、これを虐殺!佐久間信盛は討ち死!織田勢は上杉の畿内突入を防ぐためにも、突撃命令を使って、先に北近江まで進出してきた吉川勢を攻撃!しかし、痛恨の確率割れで撃滅できず・・・かろうじて兵站の確保で再戦し、毛利勢を押し戻しますが、この隙に山縣昌景と一向衆が美濃に侵入し、四面楚歌。

最終ターンに、逆に3枚差をつけられた織田勢は、意地の謙信討ち取りに成功するものの、最後は、安土・山城に突入され、崩壊しました。

画像

かろうじて、最後に逆転できましたが、もとより反織田勢が有利との評判ですので、織田方もかなりいい戦いだったと思います。忘れかけていた日本史ものの楽しさを、堪能することができました。また、ぜひ、次回に再戦したいものです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
大変遅くなりましたが、ご対戦ありがとうございます。きっちりご指導頂いて、とても良い経験になりました。
(千葉会でお会いした方以外)知り合いはいないと思っていたのですが、モノケロス以来の友人Rotensteinさんがいらっしゃったのは驚きでした。
この日はサイの目の振れ幅が大きく、序盤は快調でしたが中終盤がさっぱりでした。ちなみに顕如殿は紀伊で討ち死にでしたが、その後の本願寺は大活躍でした。生きていたらもっと差が開いていました。
武田攻略時(反転して毛利攻め)3連続で打ち漏らしになったのは確かに痛くて、そこで負けが決まったようです。3以下3発で0命中、2以下5発で0命中など。このゲーム打ち漏らすとその次の攻撃で全員参加するしかないので丸ごと1手番遅れます。
初級者で駒の捌き方が良く判っていませんが、浅井朝倉の後は能登か武田に行くべきなのかもしれません。
もっと作戦研究して少しは向上したところで、再戦を希望します。
よろしくお願いします。
松澤
2008/09/12 23:22
こちらこそ、遠路はるばるの参加と対戦をありがとうございました。

やはり、信長側は、バランス的に厳しいようで、一手番の不運やミスで、勝敗が決まってしまうことも、しばしば・・・。反信長側は、まだ、2〜3回のミスは、取り戻せる可能性があるかと思います。

そこで・・・
千葉会のミヤポンスキーさんとの対戦で導入したバランスルールが、いいようです。再戦時には、こちらも試してみてはいかがでしょうか。
mitsu
2008/09/14 21:45
お勧めありがとうございます。
あの後元のルールでVASSALでソロプレイしてみた所、信長が2連勝しました。
今の所、勝率5割にこだわらない事もあって、特にバランス調整のオプションを入れなくても良いかなと思っています。
もちろん対戦の際には相手の方のご意向も含めて相談します。
松澤
2008/09/14 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
新人さんは、続くよ・・・その二〜信長包囲戦(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる