歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに、実現!恐怖の3人プレイ〜「ベルリン陥落」(SPI/Tac誌)

<<   作成日時 : 2008/07/12 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の例会の目的の一つが、「ベルリン陥落」(SPI/Tac誌)3人プレイでした。お昼に到着したワークスゼロのリンクスさんとイッコさんを相手に、あまりにも悲惨な末期のドイツ軍を担当しました。

画像

第1ターン、強力無比なソ連軍を担当したイッコさんの猛攻が、東部戦線に巻き起こります。高比率戦闘で2個軍団を排除し、各地でドイツ軍を圧倒し、ヴィスラ川を渡河します。これに対し、防御戦維持のために反撃をしますが、1:1戦闘であろうことか、Ar(1/6の確率)!先行きが思いやられます。続いて、気を取り直して、西部戦線で行ったバルジ大作戦も、包囲した米軍相手に、Ex!逆に、イタリア戦線でリンクスさんが行った1:2攻撃は、見事にDrとなり、頼みのボローニャ山岳要塞が一撃で陥落します。やはり、この二人を相手にしたのが、間違いなのか?!ただでさえ、補充の苦しいドイツ軍の前途に、暗雲が立ちこめます。

画像


画像


画像

戦力も運も味方にした連合軍を相手に、ドイツ軍は地形を駆使した防衛戦に精力を注ぎます。赤と緑の暴風に対し、反撃も行わずに、貝のように必死に陣地にしがみつき防御。とにかく損害を押さえようと、細かい部隊移動と効率的な戦線構築で、対抗します。お二人がゲームに精通していないことに助けられ、中盤までどうにかドイツ軍戦線を維持します。

画像

ゲームが動いたのは、第5ターンでした。平地での平押しを進めるソ連軍が、Exを連発!あろうことか、北ドイツ平原に大穴が開いてしまいます。このチャンスを逃す手はない!と、東部ドイツ軍は全力を挙げた反撃に出ます。突出した3個スタックに対し、なけなしの装甲部隊を集めて、1:1〜2:1の包囲戦闘をしかけ、全てdrで除去します。

画像

1個方面軍を含むかなりの兵力を壊滅させし、これで一息つけるかと思いきや、イッコさんは違いました。再編成した兵力と南部からの兵力をかき集めると、ドイツ軍に再反撃をかけたのです!一歩、間違えれば、突破の危機もあったのですが、恐るべきdrでドイツ軍を排除し、Exの道連れを合わせて、7個軍団を除去します。

画像

消耗戦になると不利なドイツ軍はやむなく戦線を下げますが、イッコさんはこれにすがりつき、さらにExを連発!自軍の損害が鰻登りにも関わらず「いけ〜!」「死ね〜!」「やったあ〜!」と、まるで、自爆テロのような大消耗戦!確率を無視したExのやりたい放題って、絶対、drがおかしいぞ!

画像


画像

ドイツ軍はまともな戦線構築もままならず、比較的に落ち着いている西部戦線から、次々と部隊を転用しますが、終盤に入る頃には、両軍とも虫の息に・・・。ああ、気がつけば、あの広い東ドイツ平原に、わずか4ユニットずつ!!という異常事態。あと、数ターンあれば、ドイツ軍は、「そして誰もいなくなった」ところでしたが、ここでタイムアップ。遅滞戦術でベルリンを守りきったドイツ軍の「一応の」勝利となりました。

画像


画像

本当は、お二人に作戦指南でもしなくてはならかったのですが、全然、ゆとりがなく、ガチンコの対戦になってしまいました。特に西部戦線での陣地戦に苦しんでいたリンクスさんに、大人げない反撃をしたのは・・・私です。だって、イッコさんの常軌を逸した攻撃が怖かったですもの!次は、リンクスさんに東部戦線をゆだねますので、どうぞ、お許しを・・・(笑い)。

画像

この対戦の様子は、リンクスさん・イッコさんのブログにも掲載されていますので、ご覧ください。
http://nikukyu3go.blog107.fc2.com/blog-entry-165.html
http://naritahigasi.blog122.fc2.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに、実現!恐怖の3人プレイ〜「ベルリン陥落」(SPI/Tac誌) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる