歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS インストはつらいよ・・砂漠編〜ロンメルアフリカ軍団(GJ)

<<   作成日時 : 2008/06/10 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いのさんとともに、熱心に「Empire of the Sun」(GMT) の普及に取り組んでいる補給切れさんがちはら会に初参戦し、インストに取り組んでいました。わざわざ、県境から来ていただき、感謝です。

途中、擲弾兵さんが合流し、奇数になったところで、インスト役に徹する奥ゆかしさ。心意気に感謝して、せっかくなら一戦どうでしょうと、インストの合間にお誘いを。「これなら20年くらい前にやったことがあります」と「ロンメルアフリカ軍団」(GJ) を選択し、対戦することにしました。こちらは、自分がインスト役で連合軍を、補給切れさんが枢軸軍を担当しました。

画像

序盤、簡単に戦術指南をしながら、プレイに入ります。すると、飲み込みの早い枢軸軍は、第1ターンに早速、DAKの協同攻撃を決め、1個戦車旅団を覆滅します。さすが、ベテランゲーマー、とても20年ぶりと思えないプレイ感です。

画像

連合軍も、うかうかしていられないと、前進するTOMMY戦術を踏襲して、海岸要塞地帯を攻撃します。「前進するイギリス軍」戦術については、以下をどうぞ。
http://chiharakai2005.at.webry.info/200606/article_10.html
http://chiharakai2005.at.webry.info/200607/article_11.html

中盤、枢軸軍は突破を、連合軍はVP地点の確保と、それぞれの思惑を持ちながら、機動戦に入ります。ドイツ軍は、DAKを集中し、海岸道路沿いに西進し、途中から砂漠地帯に。この間に連合軍は、ハルファイア峠を落とし、トブルクからも部隊を突出させて、あわよくば逆突破を狙います。DAKが砂漠に走り込んだところで、枢軸軍の作戦拠点を占領し、突破ができないようにします。

画像


画像

後半、このままでは勝利は難しいと判断した枢軸軍は、1個装甲師団を戻して、拠点を再奪取し、サドンデスの突破にかけます。連合軍もトブルク方面で必死の圧力をかけますが、逆突破にはもう1ターンはかかる様子。そこで、国境地帯にフルスタック(2個歩兵旅団+半個機甲旅団)を配備し、第15装甲師団を待ち受けます。敵には、ロンメル効果があるもの、兵力数ではこちらが上。勝てないまでも、敵を3戦力未満にできれば、勝機はあります。

画像

第5ターンの終盤に、DAK関連チットが連続し、第15装甲師団が、数で勝る連合軍に突進をかけます。こちらも乾坤一擲の戦いを挑む・・・はずでしたが、ああ、ロンメルは凄かった!なんと、指揮効果とハイロールで、5drで5ヒット(全弾命中!)兵力半減しながらも、健気に戦う連合軍ですが、2ヒットを与えるのがやっと。全ユニットが裏になり、やむを得ず、突破ヘクスに退却。そして、引かれた最後のチットは・・・またもDAK!この瞬間、国境線を突破した枢軸軍のサドンデス勝利となりました。

画像


画像

ああ、またもインスト負け・・・とほほほ。20年ぶりといいながら、実に的確な作戦でサドンデスをもぎ取った補給切れさんでした。しばらくは、誰にもインストしないゾ!(うそ、笑い)

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
mitsuさん、土曜は有難う御座いました。
最後のDAK突破は、mitsuさんから「ロンメル機動もありだよ」と
指摘を頂いたおかげです。今度はアステロイドでも如何でしょうか?

ちなみに、私は都民ではありませんよ。同じ千葉県民ですので今後とも
宜しくお願い致します。
補給切れ
2008/06/11 12:23
ありゃりゃ、すっかり、都民とばかり、思い込んでいました。早速、訂正しました。

でも、浦安は、ほとんど東京だものな〜。千葉にあるのに「東京ディズニーランド」とは、これ、いかに?
mitsu
2008/06/11 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
インストはつらいよ・・砂漠編〜ロンメルアフリカ軍団(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる