歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 緒戦は、極東アジアの旧未来戦〜シーレーン防衛戦(翔企画)

<<   作成日時 : 2008/06/08 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

例会の緒戦は、今月のソロでプレイ意欲の高まっていた「シーレーン防衛戦」(翔企画)です。海軍提督kawaさんと、早速、極東日本の「制海権争奪戦」に入ります。我らが海を守る海上自衛隊と第7艦隊をkawaさんが、増強著しい(著しかった?)ソ連太平洋艦隊をmitsuが担当します。

画像

序盤は、ソ連軍の猛攻で幕を開けます。第1ターンに、ウラジオストック艦隊が、舞鶴の護衛艦隊を包囲撃滅。そのままの勢いで、対馬海峡に突入し、高得点を上げます。極めつけは第3ターンで、対馬海峡の打撃戦に敗れた2個護衛艦隊を、潜水艦と迂回のピケット艦で包囲し、9隻を一気に葬り去ります。ミッドウェイ空母機動部隊の空襲で、2ステップほど損害を受けますが、それを補ってあまりある戦果です。海上自衛隊は、個艦性能が低いことから、戦力をスタックしていたのが仇になり、先攻のソ連軍に捕捉・撃滅された結果になりました。

画像


画像

一方、太平洋岸では、ピケットラインが構築できたため、ペトロパブロフスク艦隊は浸透ができず、第7艦隊の救援到着とともに、膠着状態になります。毎ターン、軽戦は起こるものの、お互いのピケット艦を押したり引いたりの展開です。

画像

中盤は、第7艦隊の大量増援到着により、パワーバランスが逆転するので、東シナ海側では前進防御のための部分攻勢を、ソ連軍は心がけます。海自の護衛艦隊が壊滅したため、カムラン湾から出撃した潜水艦と巡洋艦も合流を果たし、シーレーンに向けて積極前進をします。敵空母部隊をピケット艦で拘束し、その間に複数艦が浸透をし、シーレーン遮断のVPを重ねます。

画像

後半に充分に得点を稼いだところで、決定的な勝利を目指して、ミッドウェイ空母機動部隊にミサイル巡洋艦隊を突入させます。正規空母+イージス艦は、空襲能力と対空力は圧倒的ですが、潜水艦などで退路を遮断しているので、撤退はできず、ガチンコの殴り合いに。ソ連軍も、分散と消耗でギリギリの打撃戦力しか投入できず、あとはイニシアチブ次第に。激烈な空襲と短距離対艦ミサイルの応酬で、次々と沈没艦が増加し、12ラウンドに及ぶ激闘の最後に生き残ったのは、空母ミッドウェイ一隻でした。

画像

一方、太平洋側では遅滞戦術のピケットライン防衛に移ります。小笠原諸島沖で集結を終えた第7艦隊が、巨大な戦力を北上させます。真っ当にぶつかったら瞬殺になりかねないので、ピケット網を張り巡らし、時間稼ぎをします。なかなか、主力を捕捉できない第7艦隊は、原潜を背後に浸透させますが、これを予測していたソ連軍は、潜水艦で足止めをし、10火力以上の対潜艦を投入し、2隻を撃滅します。

画像

そして、終盤。あとは、ただひたすら堪え忍ぶだけのソ連軍は、全域でピケット防御に移行します。太平洋側は、隙をついて、第7艦隊の原潜が背後の空母を狙いますが、drがさえず、スルー。最終ターンに前進したソ連軍「空母機動部隊」が、油断して敵の2隻の正規空母により、5ヒットの損傷(!)を受けたものの、三海峡の維持に成功。最終VPは、ソ連軍71点:西側連合軍33点のダブルスコアで、太平洋艦隊が勝利となりました。序盤の海自主力艦隊の壊滅とピケット戦術の遅れが、響いたようです。

画像


画像

対戦後、ソロで疑問だった「同艦種による強ZOC」を話題にしてみましたが、我らが「海軍提督」にしても「やっぱり、よくわからん」とのこと。現実で最大の脅威と考えられている潜水艦(特に原潜)の強ZOCなら、理解できるんですが、対潜専門のクリバック級で、アイオワ級や空母機動部隊を止められると思えないしな〜。きっとこうでもしないと、第7艦隊が強力すぎてゲームにならないのでしょう、という結論になりました(笑い)。なにぶん、現代海戦には疎いので、誰かわかりやすい解釈があれば、ご支援を・・・。

ともあれ、1時間ちょっとで、現代海戦(仮想海戦)ができる「シーレーン防衛戦」ですので、ちはら会ではいつでもプレイしますよ。今度は、「北海道侵攻」とコラボしてみようかしら・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結局、ZOC無し、同一ヘックス戦闘のNAWシステムだった
ということですかね?

序盤はそれが全然わかっていなくて、
海自をあっさり包囲殲滅されてしまい、
戦線を維持するユニットに不足をきたしたのが
最大の敗因でしょうか。

しかし、艦隊を分散させて海上に数千キロの戦線を張るのが
正しい海戦シミュレーションとは、とても思えないですね。
kawa
2008/06/11 22:38
>結局、ZOC無し、同一ヘックス戦闘のNAWシステムだったということですかね?

おお、まさにその通り!これに「大筒」(トマホークや空襲?)が入ったと思えば、OK。でも・・・やっぱり、現代海戦システムじゃないよな〜(笑い)。

イニシアチブのルールは、それっぽくていいんですが、根幹のシークエンスがね〜。海戦好きの方々、なんとかなりませんかね〜。


mitsu
2008/06/11 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
緒戦は、極東アジアの旧未来戦〜シーレーン防衛戦(翔企画) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる