歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 史上もっともシンプルな戦国マルチ〜戦国合戦絵巻(アドテクノス)

<<   作成日時 : 2008/06/11 20:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

例会も終盤になり、小1時間でできそうなものをということで、「戦国合戦絵巻」(アドテクノス)を3人でプレイすることになりました。このゲームは、今はなき、アドテクノスから発売されていた戦国マルチゲームです。特質すべきは、インスト3分という(!)単純明快さで、最高で7人までのプレイができます。デザイナーは、傑作を数多く生み出している高梨俊一氏。

画像

普通、戦国マルチというと、綺羅星のごとき武将の「キャラゲーム」が多いのですが、このゲームでは、一切、登場しません。ユニットは、全て、1戦力の軍団のみ。が、これが不思議なことに、見事な戦国時代になるんです。その心は、地政学を巧みに使ったマップ設定にあります。

例えば、織田は生産力の高い中央部を押さえていて強力ですが、全ての敵を押しのけるほど強大ではありません。史実のように、二者までとは単独で戦えますが、三者が絡むと劣勢に。生産力の高い近畿(三好)・北陸(朝倉)を侵略(または保持)しようとすると、低生産地で獲っても守りにくい甲斐(武田)とは、一時同盟を結んだ方が得になります。

一方、武田としては、関東(北条)とは緩衝地帯があるので、侵略にも防御にもお互い時間がかかりますが、北の川中島に高い生産性(デザイナーの仕掛け)があるので、自然と竜虎(武田対上杉)の対決になります。上杉としては、北陸沿いに上洛を目指す手もあるのですが、本拠に隣接する川中島の支配は死活問題ですので、武田が来れば放っておけず、史実通りに戦うことになります。

辺境の北条と毛利は、侵略される心配はないものの、低生産のため、リスクを冒して中央部に進出するか、地道に領土を広げるか、史実のような選択肢が用意されています。

今回は、3人プレイのため、規定により、それぞれ、位置の離れた二大名を担当することになりました。織田・上杉連合をkawaさんが、朝倉・武田同盟をmitsuが、三好・北条組合をTOMMYさんが担当です。毛利は、ランダムでプレイヤーが代わる半中立です。

序盤、各大名は、着々と勢力を拡大します。中央を押さえた織田(kawa)が近畿の生産力を生かして、山城・近江・美濃・伊勢を席巻します。朝倉(mitsu)は、はじめに北近江を獲られたため、越前に籠もって、兵力の増強に努めます。武田(mitsu)と上杉(kawa)は、デザイナーの陰謀(?)通り、川中島で小競り合いをはじめ、北条(TOMMY)は黙々と関八州の占拠に。三好(TOMMY)は毛利の中立をいいことに、中国方面に触手を伸ばします。

画像

中盤、やはり、織田(kawa)が突出し、朝倉(mitsu)を全滅させる勢いで北上します。もとから動員には有利な織田ですが(他の大名の2〜3倍)、三好(TOMMY)が畿内の対決を避けたことに原因があります。朝倉と同盟を組む武田(mitsu)も、一時、川中島を中立にして、三河方面で圧力をかけますが、織田の高生産力の前には、焼け石に水。

画像

このまま、史実通り、朝倉が滅亡か、と思われた刹那、イベントで恐怖の「一向一揆」が起こります。このカードは、ゲーム中最大の影響を与えるもので、畿内のほとんどの兵力が1/2で壊滅するという、まさに恐怖の大王!弱り目に祟り目で、各大名が酷いdrを連発し、のべで12軍団が消滅するという、非常事態に!一向門徒と犬猿の仲の織田(kawa)がことごとくdrに失敗して、1/3の支配を失い、戦力は半分以下に。また、三好(TOMMY)も少なからずの兵力を失い、しばらくは攻勢どころではありません。

画像

ここで、滅亡寸前だった朝倉(mitsu)が、織田(kawa)に提案し、停戦条約を結ぶことに。本当は、逆襲をかけたかったのですが、弱ったりとはいえ、織田の戦力が馬鹿にならないことと、一緒に織田を攻めるはずの三好(TOMMY)が、頼りにならない(畿内を攻めず、自領の展開しか考えていない!完全なモンロー主義、笑い)ので、断念です。同時に、同盟の武田(mitsu)と上杉(kawa)も停戦し、両者で北条(TOMMY)を攻めることにします。

終盤、勝利に向けて、各勢力がひた走ります。山城・近江の安定を取り戻した織田(kawa)は、畿内の敵を一掃せんと、摂津の三好(TOMMY)を攻め、高いdrで次々と拠点を奪っていきます。三好もガチンコ勝負を挑むかと思いきや、よりによって、中立の毛利を襲って、逃げる算段(笑い)。関東では、厩橋の支配を巡って、武田(mitsu)と北条(TOMMY)が消耗戦を繰り返し、上杉(kawa)が太平洋岸から浸透しますが、こちらはことごとくdrが悪く、押し切れません。

画像

と、ここで、イベントカード「新将軍の宣下」が来て、ゲーム終了。同盟国と併せて、最大の版図と兵力を持つ、織田・上杉連合(kawa)が勝利しました。

kawaさん、TOMMYさんともに、はじめてのプレイだったそうですが、手順を覚えれば、実にさくさくと進むアイテムでした。以前、mitsuが素人さん相手に7人プレイをしたときも、とても盛り上がりました。信長も、謙信も、家康もいないけど、なぜか史実の大名になった気になるマルチです。さすが、高梨作品!これも2in1で、リバイバルしないかな・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
史上もっともシンプルな戦国マルチ〜戦国合戦絵巻(アドテクノス) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる