歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS どうした!「正義」の味方よ?!〜「モスラ対ゴジラ」(バンダイ)PartV

<<   作成日時 : 2008/05/10 09:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

前回の「深夜のオフ会」に引き続き、GW後半に第2回の自宅オフ会を行いました。TOMMYさんとの「夜討ちの部」です。短時間ながら、以下の対戦ができました。

戦車戦(HJ)シナリオ9「春の目覚め」
モスラ対ゴジラ(バンダイ)PartV
ロンメルアフリカ軍団(GJ)

戦車戦については、TOMMYさんからAARが届く予定ですので、しばしお待ちを・・・。それ以外の2戦について、アップします。

戦車戦が瞬殺に終わったので、mitsuの勧めで、「モスラ対ゴジラ」(バンダイ)をプレイすることにしました。「B級アイテムを救え!」でも取り上げた、簡単怪獣決戦アイテムです。以前、東京を舞台にしたPartUを対戦していますが、今回は純粋に怪獣同士で殴り合うPartVです。

まずは、シナリオA「ゴジラ対メカゴジラ」。岩場あり、砂地あり、沼地ありの絶海の孤島で、二大怪獣が殴り合います。基本的な体力は若干、ゴジラが上で、体力を1消費することで3ダメージの可能性のある火炎放射を使えます。一方、メカゴジラは、ほぼゴジラと同数(−2)の耐久力と、無条件で発射できるミサイルを搭載してます。地球を守るゴジラをmistuが、侵略を企む宇宙人の尖兵メカゴジラをTOMMYさんが担当します。

画像

序盤、距離を詰めて格闘戦に持ち込むべく、ゴジラが突進します。これをメカゴジラがうまくかわし、近距離からミサイルを浴びせます。これがdrよく、2発が命中し(11%の確率)、先制します。

画像

怒れるゴジラは咆哮をあげながら、白兵戦を挑みますが、これがことごとく裏をかかれ、スカ!で、近距離からミサイル連打を浴び、あっという間に体力を消耗します(3ターンで5発の命中!)どうなってるんじゃい!

画像

第7ターンにやっとドツキに成功しますが、メカゴジラの損害は1ヒットのみで 、逆にまたもやミサイルを受けて、サンドババッグ状態。その後も全く白兵戦に持ち込めないまま、ミサイルに叩かれ続け、最後は恥も外聞もなく、逃げ出したところで、ジ・エンド。体力が10に墜ち、半死状態のゴジラに対し、メカゴジラはわずか1ヒットと、完敗です・・・とほほほ。

画像


画像

まあ、史実(映画)でもはじめは負けるものさと、うそぶいて、シナリオB「モスラ対ゴジラ」に移ります。こちらは同名邦画の最後の戦いをイメージしたもので、体力を消耗しているゴジラ(体力30)に対し、モスラの幼虫二匹が戦いを挑みます。今回もゴジラをmitsuが、モスラをTOMMYさんが担当します。

まず、二カ所に分散するモスラの幼虫を各個撃破せんと、ゴジラがダッシュで岩山地帯に突入します。岩山では、モスラの幼虫は隠蔽(敵の攻撃力−1)が使えるのですが、ゴジラの肉弾戦の能力(攻撃力5)を信じて、攻撃をかけます。果たして、第2ターンにドツキがヒットし、幼虫2に2ダメージを与えます。これはたまらじと、逃走をはかる幼虫2と追いかけるゴジラ。さらに相棒を救えと、合流をはかる幼虫1。

画像

まさかの事態が生じたのは、第4ターンでした。逃げ回っていた幼虫と合流した幼虫がゴジラに共同を攻撃をかけます。単体同士なら、負けるはずのない戦いでしたが、結果は(ゴジラに最悪の)側面からの挟み撃ち!隠蔽効果と相まって、+4の白兵戦で、なんとゴジラに6ヒット!さらに後退ができず、+1ダメージ!

画像

怒り心頭のゴジラは、今度は幼虫1の側面を取って+1の肉弾戦を仕掛けますが、こちらは返り討ちでA2!さらに逆襲の逆襲のモスラ共同攻撃で、3ヒット!一体、どうなってるんじゃい!(この日、二度目の嘆き節!)

画像

足場の悪さに閉口したゴジラは、体勢を立て直すべく、平地へ一時後退に入ります。が、移動力が同じになっているため(ともに4移動力)、十分な距離が置けず、得意の火炎放射を放つ機会がありません(前を向けない)。途中、尻尾による反撃で敵を怯ませる場面はあったものの、勢いに乗るモスラの幼虫コンビは、左右に展開しながら、ゴジラを追い詰めていきます。

画像

気がつけば、島の反対側まで追い立てられる始末・・・う〜ん、全然、いいところがないゾ。さらに、第12ターンにモスラの糸攻撃が命中し、もう一撃を食らうと、捕捉されるのは明らかです。こうなったら、もはや、打つ手はなし・・・岩場地帯に敵を追い込んだモスラの双子が見たものは、太平洋を泳いで逃げていくゴジラの姿でした。

画像


画像


画像

一応、シナリオ上はゴジラの勝利でしたが、実質上の敗北でしょう。モスラを操ったTOMMYさんも「まるで映画通りだな」と、実に満足気でした。宝田明扮する新聞記者がいたら「モスラの勇気がゴジラをやっつけたんだ!」とか、宣っていたことでしょうね。

簡単なルールですが、ブラフの要素もたっぷりのこのアイテム。登場するのがタフな怪獣だけに、すぐに決着がつかないことはありますが、十分に、古き良き東宝映画のテイストを醸し出しています。ぜひ、ちはら会で怪獣総出演のシナリオ(D.怪獣大戦争)を、マルチプレイでも、したいものです。

怪獣好きなオジさんたちよ!心置きなく、火炎放射や反重力光線を放ってみないかい?!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
リンクスも怪獣好きですよ。やってみたいですよ。

まあ、リンクスが好きなのは平成版なのですが……。
リンクス
2008/05/10 21:44
怪獣好きは頼もしいです、が・・・平成版・・・か。釈由美子がメカゴジラに乗ったり、長澤まさみがモスラを呼び寄せたりするんですよね・・・。

うう、モスラの小美人は、ザ・ピーナッツしか見たことがありません。「モスラの卵を返してください!」って、台詞でハモってるのもすごいです。

ちはら会にも持ち込みますので、バトルロワイヤルも楽しいかと。
mitsu
2008/05/11 01:03
攻撃側の移動を予測して、防御側はリアクション移動(前進とか方向転換とか)をカードプロットするのがこのゲームのミソなのですが、ことごとくゴジラの動きが水色のオーラで読めてしまいました。
ゴジラの前世はエアフォース&同時プロット嫌いゲーマーだったです。
最後は得意な潜水艦を求めて海に帰ってゆきました。
yb-tommy
2008/05/12 04:58
信じられないくらい攻撃をかわされて、あのていたらく・・・ううう。あれほど、動きを読まれたのは、久しぶりです。やっぱり、プロットはいかんよ!プロットは!みな、ダミーか、ブラインドにしましょうよ!
ブラインド普及委員会のmitsu
2008/05/12 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうした!「正義」の味方よ?!〜「モスラ対ゴジラ」(バンダイ)PartV 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる