歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 大ベルリンの桜は散ったか?〜ベルリン市街戦(CMJ)

<<   作成日時 : 2008/04/08 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

到着後、美しいサクラを見ながら、会場をセッティング。で、駆けつけ一杯とばかりに、ミヤポンスキーさんと対戦したのが、硫黄島システムの新作「ベルリン市街戦」(CMJ)です。ベルリン陥落が4月末ですから、まさに旬のアイテムです。ソ連軍をミヤポンスキーさん、ドイツ軍をmitsuが、担当しました。

画像

実は、前回も同じ組み合わせでしたが、屈辱の「ヒトラー逮捕」(!)を許し、大負けをしています。西部のマップ端エリア西部のマップ端エリをほったらかしにしたところを、電撃的につかれた恰好でした。さすがに今回は、サドンデスだけは防ごうと、ベルリン中心部(チタデレ地区)はそれなりに厚くします。で、順当ならば、西部のマップ端エリアも強化するところですが、まさか、同じ手では来ないだろうと、裏を欠いて最低限の足止めだけにして、周辺エリアを強化します。

画像

ところが、ところが・・・ミヤポンスキーさんが選んだのは、またも西部のマップ端エリアからの浸透でした!ありゃ、裏の裏をかかれたっす!足止め部隊のおかげで、第2ターンのチタデレ地区陥落は、避けられたものの、ソ連軍戦車の突進によって、10VPを献上してしまいます。おまけに、得意の「6」を出してしまったばっかりに、頼りの第11装甲大隊もやってこないし!(おいおい、またかよ!)

画像

こうなれば、アレキサンダー広場とドイツ劇場に立て籠もった部隊で、敵に出血を与えようと手ぐすねを引いて、待っていましたが、ソ連軍はまるで第五列から情報を得たかのように、ここをスルー!南部に兵力を集中すると、カチューシャを撃ちまくって、ベルリン中心部を占領してしまいます。ヒトラーが自殺していたために、逮捕だけは免れましたが、ソ連軍36VP:ドイツ軍15VPで、あえなく敗北です。

画像


その後、エンジョウさんが来たので、3人で他のアイテムに流れましたが、夕方すぎに、再び、ミヤポンスキーさんと対戦。陣営を入れ替えてのプレイでしたが、こちらはドイツ軍にしっかりと、中心部突入をブロックされ、第4ターンのVP勝負で敗北しました(ソ連軍22VP:ドイツ軍34VP)。

画像

う〜ん、これで対ミヤポンスキー戦で、3連敗です、とほほほ・・・。作戦の肝は、中心街にいかに突入させないか(あるいは逆)にかかっているようなので、ちょっとドイツ軍の配置を研究してみようと思います。ターン数の長い硫黄島ほどではないですが、この自由度の高さは「ベルリン市街戦」の魅力でしょう。まだ、しばらく、ベルリンで楽しめそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大ベルリンの桜は散ったか?〜ベルリン市街戦(CMJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる