歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 初プレイでも、ブラフ駆使でも、達人の勢いは止まらず・・・張儀(GJ)

<<   作成日時 : 2008/03/05 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「信長包囲戦」で、なぜか「モンゴル軍の恐ろしさ」を体験したリンクスさんでしたが、続いて「張儀」(GJ)でミヤポンスキーさんと対戦していました。このゲームは、自分がどの國かを隠して、密かに勢力を広げていく、ブラフ中国史です。前回もリンクスさんのインストで、子yagiさんが対戦していました。

初プレイだったにもかかわらず、ここでも「ゲームの達人」ミヤポンスキーさんのテクニックが爆発し、勝敗は最終局面に。「根拠のない絶大な直感」を駆使するリンクスさん相手に丁々発止を繰り広げ、土俵際でうっちゃったようです。またも「秦か・・やはり、秦だったのか!」という嘆きが聞こえていました。う〜む、おそるべき「ゲームの達人」!

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ミヤさんは初めてじゃなかったんですよ〜。以前にやったことあるって言ってました。
しかし、すっかり騙されましたです。
mitsuさんもいつかやりましょう。きっと得意ですよ。
 
そうそう、晋じゃなくて秦です。
リンクス
2008/03/06 23:47
>しかし、すっかり騙されましたです。
>mitsuさんもいつかやりましょう。きっと得意ですよ。
ぷぷぷ・・・
mitsuさん、すっかり見透かされてますなぁ^m^
うおP
2008/03/07 02:07
>そうそう、晋じゃなくて秦です。

ありゃりゃ、こりゃ、失礼しました。早速、訂正しておきます。

>mitsuさんもいつかやりましょう。きっと得意ですよ。

ありがとうございます。いっそ、「ダミー&ブラインド例会」なんて、やってみたいものです(!半分、本気だったりして・・・笑い)。

ダミー&ブラインドは、どんなにいいゲームであっても、なかなか評価をいただけないことがありました。自分もそうでしたが、もっぱらソロ環境しかない「孤高の人」が多かったのも事実でしょう(出版されるアイテムを見ていると、いまだにこの傾向があるかと思います)。

ここ数年、硫黄島シリーズや張儀、ブタペストシステムなど、手軽でスピーディなダミー&ブラインドものが増え、プレイ率に多少なりとも影響しているかと思います。少なくとも、ちはら会・千葉会では、それなりの市民権を得ているかと・・・。

一人ではできないダミー&ブラインドだからこそ、対戦の機会を大切にしたいものです。そろそろ、「第8軍」(CMJ)に再チャレンジしたくなりました。
mitsu
2008/03/07 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
初プレイでも、ブラフ駆使でも、達人の勢いは止まらず・・・張儀(GJ) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる