歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり立ちました、硫黄島の日章旗!〜激闘!硫黄島(GJ)4戦

<<   作成日時 : 2008/02/02 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

千葉会ですっかり硫黄島フリークぶりが定着したTRIGUN-ミヤポンスキー・コンビが来場し、今回も「激闘!硫黄島」(GJ)で複数の卓が立ちました。まず、午後一番でT-Mネットワークが、陣営を入れ替えて2連戦。ありとあらゆる戦術に精通した名人戦は、想定通りに日本軍が勝利しました。

画像

で、次にTRIGUNさんのお誘いを受けて、mitsuが参戦。TRIGUNさんが海兵隊を希望したので、mitsuの陣営は、やっぱり日本軍!ならば、相手に不足はなし!洞窟陣地で、アレクニド(?)の恐怖を味わってもらうことにします。

まず、セットアップですが、久しぶりの対戦でTRIGUNさんはギャンブル(早期上陸)はしない、と判断。見せ餌の海軍砲と足止め部隊だけを南部に配置し、残りは中部から北部の山地に引き上げます。これで裏をかかれると(第1〜2ターン上陸)、かなり苦しいですが、そこは賭で、南部を思い切って放棄します。

画像

果たして、TRIGUNさんの作戦は、慎重策でした。第1〜2ターンに千鳥飛行場と船見台を猛爆撃し、南部の要衝を平らにしてから、第3ターンに上陸をしてきます。南部には(摺鉢山を除き)ほとんど部隊はいないので、当然、上陸は成功し、千鳥飛行場と船見台が陥落します。ここまでは想定通りの展開の海兵隊ですが、日本軍も見せ餌以外はほとんど生き残っているので、いかに米軍を誘い込むか、はったり(小芝居?)に力を入れます(笑い)。

画像

この努力は、意外と早く報われました。第4ターンに正攻法で元山を爆撃しますが、陣地さえ吹き飛ばせない、全くのスカ!「こりゃ、進まないな〜」とTRIGUNさん。実は、ここには、1ユニットしかいなかったのですが、そんなことは夢にも思えない海兵隊は、海岸線からの迂回を試みます。

まず、1個歩兵連隊が西集落に進出しますが、日本軍はじっと地下に潜んでスルー。さらに、もう1個歩兵連隊がここを通過しますが、素知らぬ顔を続けます。そして、ついにシャーマンがやってきたところで、速射砲が発砲!奇襲効果でこれを撃破します!!殊勲の速射砲は、続く近接戦闘で最大スタックの白兵戦で壊滅しますが、心理的な揺さぶり(とVP獲得)で、十分に義務を果たしました。敵戦車を屠って意気上がる日本軍と対照的にモラルダウンの米軍。「う〜、なんて我慢強い日本軍だ・・・」まさに、アレクニドの本領発揮っす。

画像

それでも物量にまさる海兵隊は、気を取り直して、大阪山への攻撃に移ります。事前の砲爆撃後がそこそこ当たった(6ヒット)ので、1個歩兵連隊が気楽に前進してきますが、ここには機関砲2ユニットを含む最強の兵力が配備してありました。のそのそと斜面を登ってくる海兵隊に、至近距離から機関砲が発砲し(7d6!)、3ヒットを与えて撃退します。「一体、どれだけ、隠れているんだア〜」臨機射撃ができるのは、あとは半減した機関砲だけだったのですが、自信満々のブラフに、疑心暗鬼のTRIGUNさんは突入を控えます。

第6ターン、海兵隊は、飛行場に矛先を変えて、VP獲得に動きます。まず、一度、スカった元山飛行場を、再度、砲爆撃し、ここを無力化。移動フェイズに、一気に北飛行場まで突入し、これを奪取します。途中で、日本軍の砲撃に妨害されながらも、飛行場稼働のVPを蓄積していきます。残りの課題は、いかにして占領地を広げるか(日本軍から奪い取るか)?

画像

終盤は、1エリア1エリアを争う、酸鼻な白兵戦に。時間がなくなってきた海兵隊は、集中した砲爆撃で、大阪山を奪取。さらに海岸沿いに浸透した歩兵部隊が、天山に決死の攻撃を仕掛け、これを制圧します。一方の日本軍は、ひたすら防御射撃と妨害砲撃に徹し、敵に出血を強要します。勢いに乗って前進してきたM4戦車を、高千穂渓谷で西戦車連隊が待ち伏せて、殲滅。砲撃の隙をぬって巧みに後退した迫撃砲部隊が、drにも恵まれ、敵部隊に損害を与えます。

そして、最終ターン。最後まであきらめない海兵隊は、敵の三つの拠点(東山と玉名山、摺鉢山)を厳重に封鎖し、玉名山に投入しますが、これは頑強な抵抗に遭い、断念。VP勝負に移ります。結果は・・・最後まで三拠点を保持し、司令部を存続させた日本軍が勝利しました(海兵隊40VP:日本軍59VP)。

画像

その後、この戦いを観戦していたTOMMYさんがインスパイアされ、「日本軍をやりたい!」と宣言。もうひとりの厳窟王−ミヤポンスキーさんがお相手をして、4戦目に突入していました。こちらも発売から2年以上経ちますが、まだまだ、対戦は続きそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうやらアメリカでも発売されたようです。
外人さんが硫黄島でトーナメントしてる。
http://plaza.rakuten.co.jp/satotaku13/diary/200801270003/
日本でもトーナメントしたいですね。
TRIGUN
2008/02/03 00:37
本当だ!異人さんがあの「硫黄島」をやっている!優秀なゲームは、国境を越えるんですね!ワークスゼロさん「いい仕事、してますね〜」。

>日本でもトーナメントしたいですね。
今なら、ちはら会・千葉会でできそうですね。対戦は1組につき、陣営を入れ替えて2戦。日本軍・海兵隊でそれぞれ、獲得したVPの合計が多い方が勝ち。サドンデスの場合は、40点:0点とする。

希望者が4人以上いるようなら、ちはら会でワンディトーナメントでも行きますか?
mitsu
2008/02/03 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり立ちました、硫黄島の日章旗!〜激闘!硫黄島(GJ)4戦 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる