歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS ビッグEを沈めるも、ビルマで大苦戦〜Empire of the Sun (GMT)1942年シナリオ

<<   作成日時 : 2008/02/02 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

お昼過ぎに来場したTOMMYさんといのさんが、対戦予定を立てていた「Empire of the Sun」(GMT)をプレイしました。シナリオは、もっとも両軍のバランスがとれていた1942年です。いのさんが連合軍を、TOMMYさんが日本軍を担当しました。

画像

結果としては、帝国海軍がイニシアチブを握り続け、奇襲を受けるも間一髪、「ミッドウェイの悲劇」を回避。逆襲で、太平洋艦隊の4隻の空母を撃沈し、しばらく太平洋は「我らが海」になります。

が、太平洋戦域に入れ込みすぎたおかげで、史実のビルマ侵攻はまったくできず、マレーシアが、英連邦軍の反撃を受ける始末。結局、大陸方面のバランスが崩れ、連合軍の勝利となりました。

史実を知っていると、太平洋戦域に力を入れたくなるんですが、勝利のためには、きっちり、ビルマ・インド戦域を抑える必要があります。でも敵空母がうろちょろするのを見ると、つい、行っちゃうんですよね〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
勝利条件では連合軍戦術的勝利ですが、史実の通り空母が南太平洋から
消えました(笑)。あのままキャンペーンに突入したいたら・・・。
数ターン後にはサドンデス負けですね。たぶんアメリカの政治的動向がゼロっ、つまり講和です。
今回はC3Iの選択ルールを若干使用しました。
TOMMYさん、次回は1943年シナリオでもどないですぅぅ?
いのさん
2008/02/03 00:30
楽しくプレイさせていただき、いのさんどうもありがとうございました。初めてのプレイでしたが以外にシンプルなシステムで、パシフィックシアターを指揮しているという感じが得られるゲームですね。ぜひキャンペーンをプレイしてみたいものです。(負け惜しみ)
42年シナリオの勝利条件で帝国はビルマ重視の戦略に縛られる感があります。またターン数が短いとカードの偏りによるバランスの崩れが大きくなるように感じました。
ではまた再戦よろしくお願いします。
Tommy
2008/02/03 23:08
>奇襲を受けるも間一髪、「ミッドウェイの悲劇」を回避

世間ではそう言われているかも知れんが、あれは奇襲でも奇跡でもない。わしが山本長官の夢枕に立ち、米軍トラック島襲撃を知らせたのだ。
長官はポートモレスビー作戦に見せかけてインド洋から空母機動部隊をトラック島に待ち伏せさせ、見事返り討ちにしたのだ。

ニミッツには少々ファラガットの加護が足りなかったようだ。
東郷平三郎の霊
2008/02/03 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビッグEを沈めるも、ビルマで大苦戦〜Empire of the Sun (GMT)1942年シナリオ 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる