歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷雨にも負けず、寒さにも負けず〜ちはら会ゲーム&カラオケオフ会

<<   作成日時 : 2008/01/14 17:42   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

どんよりと冷え込んだ3連休でしたが、初日にちはら会初のゲーム&カラオケオフ会を開きました。氷雨の降る悪天候の中でしたが、お笑い軍団のTOMMYさんとうおPさん、ヤーボ君付きのルセロさん、東京組の六万寺さんと、6人の参加となりました。もっとも、大半の参加者はカラオケからの参戦となり、対戦は2つだけでしたが・・・(笑い)。

この日は念のため、午前中からスタンバッていたのですが、待ち人来たらず。ならば、六万寺さんからご要望のあった「銀河大戦記」(HJ)のルールを付け焼き刃で解読。と、そこに到着予定のTELあり。てっきり、うおPさんかと思ったら、もっとも遠い六万寺さんでした。いつも遠方から、ありがとうございます。ちなみに、最寄りのうおPさんは会場にも姿を現さず(!)カラオケ直行という、大技でした(笑い)。

ちょうどお昼から、六万寺さんと「銀河大戦記」(HJ)を対戦しました。本来は、6人までできるマルチゲームですが、インストもかねて2人対戦です。自分も初プレイ(ソロも含めて)だったので、インストというより、流れの確認といった感じでしたが・・・。

画像

このゲームのベーシックは、実にシンプルです。プレイヤーは辺境の1勢力となり、艦隊を派遣して、星系を制圧し、勢力を広げていきます。原則としては、1手番に、いずれか1エリアの艦隊が、隣接エリアに移動するだけ。そこに敵がいれば、ファイヤーパワーのよる戦闘になり、残った方が星系の制圧を試みます。星系制圧は、艦隊の戦力にかかわらず、1d6してその星系の生産力越えになれば、成功。プレイ順は、ランダムチットで決定し、全てのプレイヤーが作戦を終えれば、国力を使った生産フェイズに移ります。艦隊を増強したり、ハイテク開発を行ったりして、次ターンに備えます。

うまくできているが、マップと勝利条件の設定です。マップは、銀河の中心から円周状に星系が配置されています。プレイヤーは、外縁部の星系からスタートするのですが、中心に近い星系ほど、生産力が高いので、亜空間航路に沿って、自然と中央部へ進出するようになります。勝利条件は、自分の母星(HS)を中心星系に移転すれば、勝ち。これによって、自然と中央星系の争奪戦になるように誘導されます。序盤は小艦隊(1〜2戦力)を増産して、中央に向かって占領地を拡大。ある程度の国力になったところで、他のプレイヤーと接触が起こり、戦争になります。

ゲームに彩りを添えるのが、ハイテクの開発です。1生産ポイントを消費すると1/3の確率で、ハイテク・チットが手に入ります。その中身は、千差万別で、25種類から無作為に決まります。生産技術の向上(HSの生産力上昇)や遊星爆弾(星系制圧に威力を発揮)、スーパーコンピューターなどの生産系のもの、星間通信ネットワーク(複数スタックの移動)や超空間遷移航法(ワープ航法)などの機動系のもの、火器管制システムの発達(先制攻撃)や戦術の躍進(攻撃艦艇数の増加)、新型バリアーなどの戦闘系のもの、などなど。

画像

このチットの開発により、国力にものをいわせた全面攻勢や敵本国を奇襲する電撃作戦などが可能になります。通常艦隊による地味な拡張から始まって、超兵器飛び交う大帝国同士の宇宙戦争へ。まさに、スペースオペラの世界!今回は、mitsuが赤陣営、六万寺さんが黄色陣営で、お互いにもっとも離れた外周部から、生産力の高い中心部(地球圏)をめざします。

序盤、六万寺さん(黄色)が、順調に星系を制圧し、艦隊の増強をしていきます。一方のmitsuは、得意なはずのハイロールに失敗し、伸び悩み。中盤までに、生産力で1.5倍の開きが出ます(第4ターン終了時で、mitsu3.5生産力:六万寺8.5戦力)。もっともハイテク開発では、六万寺さんが生産向上系(HSの生産力向上、研究所の増設)だったのに対し、mitsuは機動系の技術(星間通信NWや亜空間航法の改良)が来ていたので、すぐ開戦になっても、短期ならばどうにか対抗できそうな状況です。

画像


画像

事態が動いたのは、中盤でした。六万寺さん(黄色)が引いたバーサーカーが、mitsuの星系を2ターンにわたって襲撃!数少ない艦隊と高生産力の星系を無力化され、またも国力に差をつけられます。制圧星系数では六万寺さんの方が多いのだから、ちゃんと製造者責任を取りなさいよ!!(笑い)

画像

しかし、天はこの非道(ランダムに名を借りて?!のバーサーカー襲撃)を許しませんでした。第11ターンに、ついにバーサーカーが、六万寺星系を襲います。それもよりによって、最高生産力の地球圏へ!不幸なことに、六万寺さんは、ここに主力艦隊を集結させていました。兵力差でなんとかバーサーカーを撃退しますが、極悪非道の攻撃(5火力dr+1の先制攻撃!)で、ほとんどの艦艇を失ってしまいます。

画像

この不幸な出来事で、一時的にmitsuが現有戦力で優位に立ちます。国力では、すでに2倍近い開き。よし、開戦するのは、今しかない!(なんか、史実の日本軍みたい・・・笑い)。

前線に展開していたmitsu艦隊が、一斉に全面攻勢に出ます。まず、ポイントになる地球圏に牽制部隊が突入し、生き残った六万寺主力艦隊と消耗戦を繰り広げます。その隙に複数の別働隊が、周辺の星系を次々と制圧。これで、国力は一気に逆転します(mitsu20生産力:六万寺17戦力)。ちなみに、この大攻勢を支えたが、ハイテク開発でした(優れた指揮系統・星間通信ネットワーク・亜空間航法の改良のトリオ)。

画像

防戦に立った六万寺さんは、主力艦隊を再建すると、新たな亜空間航路を使って(亜空間制御技術)地球圏に送り込み、この奪還を目論みます。当然、mitsuも艦隊を増派して、果てしなく続く、消耗戦に。

画像

が、実は、こちらはおとりで、mitsuの主力は別働隊でした。地球圏を除く、銀河系中心部を席巻した別働隊は、機動力にものをいわせ、複数の亜空間航路沿いに、六万寺帝国を浸食します。機動ハイテクをトリオで駆使して、次々に六万寺星系を制圧していきます。第12ターンの時点で、国力は逆に2倍差になります(mitsu25生産力:六万寺13戦力)。六万寺さんは、あわてて兵力を本国にシフトしますが、典型的な各個投入になり、mitsuの進撃を止められません。

そして、迎えた第15ターン。mitsuの別動部隊が、六万寺さんの母星系(HS)に突入!双方とも、4〜5隻ずつの戦闘になりましたが、新型バリアーと戦術の躍進の技術を実用化したmitsu艦隊が圧倒的な攻撃力で、守備隊を粉砕し、六万寺艦隊は事実上、壊滅。生産拠点となる母星も破壊され、もはや挽回は困難ということで、終了となりました。

画像

SLG低迷期の発表ということで、なかなかプレイ機会に恵まれなかった作品ですが、どうして、どうして!誰でも取り組める簡単な基礎ルール、辺境の勃興から帝国間戦争へと自然に向かう巧みな勢力設定、ガジェットいっぱいの夢あふれるハイテクチットなど、正統派のスペースオペラ・アイテムです。しかも、プレイ時間は、2時間前後。次回のちはら会では、ぜひ、マルチプレイを楽しみたいものです。

なお、ソロ演習なしでの当日対戦だったため、ハイテク・チットの使用法などで、いくつかルールミスがありました。次回のプレイでは、ルールの明確化とプレイアビリティ向上のため、オリジナルチャート(またはカード)を用意したいと思います。しばらく、銀河帝国ものが、マイブームになりそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
仕事とはいえ、昨日は大変申し訳ありませんでした。

今月のちはら会は是非頑張りたいと思います。
と言い続けているのですが…
国民擲弾兵
2008/01/14 17:48
>擲弾兵さんへ

月末のちはら会は、ぜひ、よろしく〜。「銀河大戦記」を完全プレイできるように準備しておきますよ。

そういえば、国民擲弾兵さんとプレイしたのは、遠い記憶になってきました(笑い)。自分も千葉会への参加が十分にできないこともあり、対戦はおろか、お会いしたもの定かでなくなってきたようで・・・(大笑い)。

真面目に最後にプレイしたのって、いつでしたっけ??
mitsu
2008/01/14 22:24
>mitsuさん
『銀河大戦記』のインストありがとうございました。
多少のルール間違いはあったようですが、期待通りの面白さで、私自身は大満足です!


>国民擲弾兵さん
お会いでなくで残念です。
でも、仕事ではしょうがないですね。
また、お会いする機会がございましたら、よろしくお願いいたします。
六万寺
2008/01/14 23:19
暖かい言葉をありがとうございます。
mitsuさんとは1年ほど対戦してないのではないでしょうか?今年はなんとかやりくりしますのでヨロシクお願いします。
六万寺さん、ブログで活躍拝見しております。またの機会に是非お話し&大戦&カラオケお願いします。とってもヘボですがヨロシクです。
国民擲弾兵
2008/01/14 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
氷雨にも負けず、寒さにも負けず〜ちはら会ゲーム&カラオケオフ会 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる