歴史・戦史研究「ちはら会」

アクセスカウンタ

zoom RSS デロイヤ7は、どこまで行くんでしょうか?〜ダグラム・シミュレーションマニュアル(DM)

<<   作成日時 : 2007/12/04 00:13   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

何気なくブログに載せたところ、思わぬ隠れファンの存在で盛り上がった「ダグラム・シミュレーションマニュアル」(DM)です。最大でも30分というお手軽さが受けているようで、今回も入れ替わり立ち替わり、のべ4戦(!)という盛況ぶりでした。

まず、第1戦は、朝一番で来場のエンジョウさんとmitsuとの対戦です。シナリオは、TVシリーズの全シナリオ化(!)という妄想計画に沿って、最近、ロールアウトしたばかりの第18話「蜃気楼の街」です。連邦軍の奇襲を受けたデロイヤ7が、戦闘ヘリとソルティックの迎撃を振り切って、発電所(盤外)に逃げ込めるか、というものです。

追われる側の解放軍は、トレーラーに乗ったダグラムと、ジープに乗ったデロイヤ7という兵力です。縦長のマップを縦断して盤外に突破するか、追跡軍の過半数を撃破すれば、勝ち。

一方の連邦軍は、デューイヘリ5機とマーベリックに乗ったソルテッィク3機という、過去最大の兵力数を投入しています。当然、ダグラムを破壊すれば、勝ち。両者が、勝利条件を満たせなければ(ダグラムを破壊できなかったが、突破もさせなかった等)、引き分けになります。

今回は、解放軍をエンジョウさんが、連邦軍をmitsuが担当しました。

序盤、解放軍は一目散に逃げるかと思いきや、大胆な作戦に出ます。なんと盤端のセットアップヘクスで、ダグラムとデロイヤ7が地上に降り立ち、万全の迎撃態勢を取ります。端から突破勝利を捨て、狙いは「敵過半数(6機)の撃破」のようです。

画像

これを見た連邦軍は、序盤の兵力の各個投入を止め、お互いに火線の届かない距離で、主力のソルティック隊を待ちます。3機のソルティックが攻撃位置に揃った第5ターンに、8機のヘリと3機のCAで、一斉に解放軍に襲いかかります。

まず、デューイ戦闘ヘリが2機の損失と引き替えに、デロイヤ7を撃破。次にソルティック隊がダグラムに一斉射撃を行い、一発の命中弾を与えますが、これは厚い装甲に阻まれ、効果なし。続く、解放軍ターンに、ダグラムが左翼のソルティックの側面に回り込み、1一機を移動不能にし、事実上の無力化をします。

ここが勝負と見た連邦軍は、生き残った全ユニットを敵のいるヘクスに突入させ、乾坤一擲の飽和攻撃を行います。ダグラムの防御射撃で、さらにソルティック1機が射撃不能になりましたが、至近距離からの7ユニットの猛攻で、ダグラムに命中弾が続出し、そのうちの一発が装甲を撃ち抜き、連邦軍の勝利となりました。

「う〜ん、やっぱり、解放軍は突破を図った方がよさそうですね〜」

第2戦は、陣営を入れ替え、解放軍をmitsuが、連邦軍をエンジョウさんが担当して、再戦です。

序盤、解放軍は、トレーラーを全速力で直進移動させ、中央付近にたどり着きます。これに対して、連邦軍は戦闘へリで執拗に攻撃をかけ、トレーラーの足を止めようとしますが、drが冴えず、未だ、トレーラーは健在。逆にダグラムと太陽の牙の防御射撃で、3機のデューイが破壊されます。

画像

ならば、主力のソルティック隊で足を止めんと、連邦軍は中央付近で、マーベリックからCAを降下させます。と、これを見た解放軍は、左に急ハンドルを切ると、マップの縁伝いに突破を図ります。あわてて、ソルティック隊が駆け寄りますが、距離があったため、トレーラーに命中弾を出すことができず、CAの警戒網を破られます。

画像

突破まで後1ターンの距離まで来た解放軍に対し、最後の戦闘ヘリが攻撃をかけます。これがうまくいけば、もう1ターンを稼ぐことができましたが・・・またもdrに祟られ無傷。そのまま、トレーラーに乗ったダグラムが突破をして、解放軍の勝利となりました。

画像

第3戦は、ちはら会初参加のリンクス女史とエンジョウさんの対戦です。シナリオは、第5話「戦時特例法205」。リンクス女史が担当する反乱軍は、旧式ながら重装甲のクラブガンナー5機。対するエンジョウさんの正規軍は、機動性に富むソルティック5機と歩兵4個小隊。

画像

たくさんのCAが激しい撃ち合いをするシナリオで、ワークス・ゼロでも評判とのことですが、いかんせん、クラブガンナーの装甲(5)が厚すぎます。原版では対ダグラム戦のみを想定していたようで、純粋に殴り合いとなる本システムでは、装甲(3)の薄いソルティックでは、パイロット修整を差し引いても、荷が重いです。

そこで、今回は、装甲(4)に改良した、ちはら会オリジナルのクラブガンナーを使用してみました。結果は、反乱軍(リンクス女史)の勝利となりましたが、ソルティック隊も以前よりは健闘したようです。詳しくは、お二人からどうぞ。

最後の第4戦は、もとに戻って第18話「蜃気楼の街」を、六万寺さんと再々プレイしました。例会終盤にちょっと半端な時間ができたので、「こういうときは・・・いつものやつを行きますか?」すっかり「困ったときはDSM」になっています。解放軍を六万寺さんが、連邦軍をmitsuが担当しました。

序盤、解放軍はセオリーの正面突破を図り、全速で前進を開始します。連邦軍もセオリーの戦闘ヘリ投入でトレーラーの足を止めようとしますが、太陽の牙の防御射撃が冴えにさえ、致命傷を与えられません。

ならば、主力のCA隊でと、左・正面・右と散開したマーベリックからソルティックが降下します。また、損害を無視して、戦闘ヘリで執拗にトレーラーを攻撃をします。結果、2機のデューイを失いながらも、トレーラーの破壊に成功し、早期の突破を阻止。あとはダグラムとの戦闘次第となります。

終盤、右にシフトしながら、敵を振り切ろうとする解放軍に対し、徐々に間を詰めた連邦軍が、2機のソルティックで攻撃をかけます。一発の命中弾を出しますが、装甲に弾かれ、効果なし。反撃で、1機が炎上します。

右翼のソルティックは、距離の関係で、もはや阻止をすることはできず。ならば、不利を承知で、中央のソルティックで一騎打ちをかけようとしましたが・・・ところが。全力で逃げるダグラムに後一歩まで来たときに、どこからともなく、汎用ジープが追撃のソルティックに駆け寄ります。そこには、ビッグEガンを構えたデロイヤ7の姿!

画像

必殺の気合いとともに、振られたdrは見事に命中!当然、ソルティックの装甲を貫通し、連邦軍の損害過多でゲームエンドとなりました。生身のレジスタンスなのに、ヘリ2機とCA2機を屠る大活躍!デロイヤ7は、果たして、どこまで行くんでしょうか?(笑い)

画像

ついつい、ルール追加をしたくなるくらい、単純明快のDSMですが、おかげでTVシリーズの全シナリオ化(!)も順調に進んでいます(現在、第20話まで到達)。ソロのバランス調整を入れても、1シナリオあたり、30分から1時間で作れるのがいいです。一番、時間がかかっているのは、DVDチェックだったりして・・・(笑い)。

全てのSLGを愛する「B級アイテム同好会」のみなさん!(って、勝手に命名!)あなたも、DSMの世界をいかがですか?現在、ちはら会では、シナリオのテストプレイヤーを、募っています。いのさん、ワークス・ゼロのみなさま、いかがでしょう?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに、ソロプレイの伝道活動が身を結んできてますね。
自分も時間作らないと…
国民擲弾兵
2007/12/04 09:32
忘れられたゲームの発掘という作業は、mitsuさんのように恐ろしい量のコレクションを所有してしまった人間にとっては、もはや責務と言ってもいいんじゃないでしょうか?
今後もmitsuさんの手で、死蔵されている名作ゲームが発掘・再評価されテイクのを期待しております。
でも、その前に『ダグラム』TVシナリオのコンプリートをよろしくお願いしますね♪
六万寺
2007/12/04 21:27
なんだか遺跡を発掘する考古学者みたいですね!
mitsuさん!!責務ですよ〜
国民擲弾兵
2007/12/04 22:28
>今後もmitsuさんの手で、死蔵されている名作ゲームが発掘・再評価されテイクのを期待しております。

これじゃ、まるでDSMが名作ゲームみたいじゃないですか!(半分、本気だったりして・・・笑い)

冗談はさておき、SLGのよいところは、気軽にセルフの改良ができることかと思います。同じ出版物でも、書籍じゃこうはいきませんから・・・(それじゃ、無断改竄でしょう)。

最近のCMJ誌の記事で、「自分のスタンスを明示せよ」という檄がありましたが、いろいろ考えた末、自分が出した答えは「全ての(所有)ゲームを愛すること」。ゲーム宣伝に踊らされたり、ヤフオクで熱くなって手に入れてしまったり、人からいただいたり、と何らかの理由で、自分の手元に来てくれたのですから、せめて、一度はプレイしてあげたいと、思っています。本当は、ただの「もったいないお化け」だったりするんですけど・・・。
mitsu
2007/12/04 23:02
せっかくなので、SLG好きに対する自己分析ってやつを。

本質的には、自分はヒストリカルな保守派ですから、ゲーム自体がおもしろくなくても、展開やモデルが史実通りなら楽しめる、というのがお得かな。決して人には勧められませんが、地味でケレンミのかけらもない「突撃!レニングラード」や「赤軍大反攻」でも、外角ぎりぎりのストライクだったりします。その時の審判(気分)によって、違いますが・・・。

逆に、ゲーム的には派手でも、史実モデルと違うとちょっと・・・ベーシック3のバルジは、どうやっても「改良」できませんでした。どうやっても、序盤にサドンデスにしかならないんです。無理矢理、条件を変えて、後半戦まで展開を見ましたが、CTRが破綻しているので、両軍とも数ユニットしか残らないですよ。こりゃ、どうやってもボークでしょう!本当に、誰かテストしたんかい!ダニガン(SPIの責任者)を出せ!(笑い)
もしかして、修行僧かしらと疑うmitsu
2007/12/04 23:12
同様にParatroopのクレタも、CTRが・・・・以下、同文。

クレタ好きなのに、このゲームだけは、アップできないんです。プレイ前は、とってドキドキしたのに・・・。

やっぱり、ダニガン(これはデザイナー)を出せ!(笑い)
だんだん、思い出して、頭に来たmitsu
2007/12/04 23:18
ちはら会ブログ新語流行語大賞

飽和攻撃
drに見離され
カァーン(あるいはカキーン)
詳しくは、お二人からどうぞ


その3
2007/12/05 03:45
>誰かテストしたんかい!

ダニガン氏は「テストプレイは必要が無いのでしない」と公言していたらしいと、れっど氏から聞いたことがあります(汗)。
六万寺
2007/12/05 06:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
デロイヤ7は、どこまで行くんでしょうか?〜ダグラム・シミュレーションマニュアル(DM) 歴史・戦史研究「ちはら会」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる